≫ Amazon プライム会員ならXマスプレゼントも即日発送

気になったブログのWordPressテーマを調べる3つの方法

WordPress_気になったブログのテーマを調べる3つの方法WordPress
この記事は約6分で読めます。

今回は、WordPressブログのデザインテンプレートである「テーマ」を調べる方法を3つのパターンでご紹介します。

例えば自分がWordPressブログを運営していて色々な他のブログを見て回った際に、このブログのデザイン参考になる、真似したいなと感じることもあると思います。

しかし、気に入ったデザインのブログと自分ブログのテーマが違う場合、特にブログ歴が浅い人は同じカスタマイズをするのは不可能に近いですので、まずそのブログがどんなWordPressテーマを使っているのかを調べる必要があります。

 

スポンサーリンク

そもそもそのサイトがWordPressかを調べる

調べる・虫眼鏡のイメージ画像

WordPressのテーマを調べる以前に、そのサイトがWordPressを使っているか調べましょう。

サイトがWordPressじゃなかったら、そもそもテーマを調べる以前の問題ですよね。^^;

そこで、サイトがWordPressかどうかを調べられるWebサービスがありますのでそれを使います。(無料)

WordPress確認サービス:isitwp (Is it WordPress?)

(1)下記のリンクから、「isitwp」のサイトに移動して下さい。

>>> isitwp

isitwp_ホームページ

 

(2)画面中央にある検索ボックスに調べたいサイトのURLをコピペして「ANALYZE WEBSITE」のボタンをクリックで調査開始です。

関連記事 【小技】WebページのURLを簡単にコピーする操作方法|Windows10
isitwp_URL入力

 

(3)画面下のほうに調査結果が表示されます。

WordPressのサイトなら下記のような表示になります。

~is using WordPress ⇒ WordPressを使用しています

isitwp_調査結果WordPressの場合

 

WordPressサイトでない場合は下記のような表示になります。

~is not using WordPress ⇒ WordPressを使用していません

isitwp_調査結果WordPressでない場合

 

サイトがWordPressを使用しているかどうか、これで判断することができます。

 

テーマ調査パターン①:「What WordPress Theme Is That?」を使う

テーマ調査①のアイキャッチ

★「What WordPress Theme Is That?」はWordPressサイトのテーマを調べてくれる無料のWebサービスです。

 

(1)下記のリンクから「What WordPress Theme Is That?」のホームページに移動して下さい。

>>> What WordPress Theme Is That?

What WordPress Theme Is Thatのホームページ

 

(2)画面中央にある検索ボックスに調べたいサイトのURLをコピペして右にある虫眼鏡アイコンをクリックで調査開始です。

What WordPress Theme Is ThatのURL入力

 

(3)数秒でサイトの調査結果が表示されます。

What WordPress Theme Is Thatの調査結果

 

(4)テーマの判断は、英文の中を見れば解ります。
試しにCocoonの当ブログで調査した結果の画像ですが「Cocoon」の文字があるのが解ります。

What WordPress Theme Is Thatの調査結果_テーマを見る

 

さらに「What WordPress Theme Is That?」はテーマの他にも使用しているプラグインも表示してくれます。

What WordPress Theme Is Thatの調査結果_プラグインの情報

全てのプラグインは表示されませんが、参考になることもあります。

 

「What WordPress Theme Is That?」の使い方は以上です。

 

テーマ調査パターン②:Chrome拡張機能「WPSNIFFER」を使う

テーマ調査②のアイキャッチ

★Chromeの拡張機能「WPSNIFFER」をインストールするとテーマを調べることができます。

WPSNIFFERのインストール

(1)Google Chromeで下記のリンクからウェブストアにアクセスして下さい。

>>> Chrome ウェブストア

Chromeウェブストア

 

(2)左側の検索ボックスで「WPSNIFFER」と検索し「Chromeに追加」⇒「拡張機能を追加」をクリックして下さい。

Chrome_WPSNIFFERの追加

Chrome_WPSNIFFERの追加

 

Chromeのツールバーに「WPSNIFFER」のアイコンが追加され、準備ができました。

Chrome_WPSNIFFERのアイコン

 

WPSNIFFERの使い方

(1)ChromeでWordPressテーマを調べたいサイトを表示して下さい。

Chrome_サイトの表示

 

(2)Chromeツールバーの「WPSNIFFER」のアイコンをクリックして下さい。

Chrome_WPSNIFFERのアイコンをクリック

(3)サイトのWordPressテーマの情報がポップアップで表示されます。

下記の画像はテーマがCocoonの場合です。クリックすることでそのテーマのGoogle検索もできます。
Chrome_WPSNIFFERのテーマ情報

Chrome_WPSNIFFERのテーマ検索

 

テーマの詳細を調べたりダウンロードがそのままできるので親切です。

 

テーマ調査パターン③:ページのソースを表示する

テーマ調査③のアイキャッチ

★ページのソースというのは解りやすく言うと、そのWebページを構成しているプログラム言語の羅列です。

プログラマーがパソコンでよく打ち込んでいる”呪文のようなアレ”です。
プログラミング・HTMLのイメージ画像

素人がみても何がなんだか解りません(私も解りません)が、テーマを調べるために見るべきポイントを解説します。

(1)Google Chromeでテーマを調べたいサイトを表示した状態で、画面上の何もない場所でマウスの右クリック⇒「ページのソースを表示」をクリック。

Chrome_右クリック_ページのソースを表示

 

(2)プログラム言語の羅列が表示されます。この中にテーマを判別する情報があります。

Chrome_ページのソース

 

(3)Windowsのページ検索機能を使います。

 Ctrl  のショートカットキー操作を行って下さい。

関連記事 PC画面上の文字を見つけるサーチ機能|ページ内検索|Windows10

 

(4)画面上のあたりに出たサーチ用ボックスに「THEMES」と入力して下さい。

Chrome_ページのソースでサーチ検索

 

(5)ページ内の「THEMES」テキストがハイライト表示になります。

Chrome_サーチ検索後のハイライト表示

 

(6)「THEMES」のすぐ右側にあるテキストがテーマの名称です。

Chrome_ハイライト表示の右側がテーマ

 

この方法だと、外部のツールが必要ないのでテーマだけサクっと調べたい場合は便利です。

 

まとめ:テーマを調べてカスタマイズの参考にしよう

今回は、WordPressブログのテーマを調べる3つの方法を解説しました。

私自身、他のブログを徘徊していて「このブログ、自分と同じテーマなのに全然オシャレ!」なんて思うことは多いです。

逆に「同じテーマなら、同じようなカスタマイズができるかも」という基準にもなります。

ブログ運営をして慣れてくると、デザインをいじりたくなると思いますのでそんなときの他ブログの調査に活用下さい。

関連記事 ダウンロードしたテーマを設定する方法|WordPress・ブログ
関連記事 ファビコンをオリジナルの画像にする|サイトアイコンの設定|WordPress

コメント