Amazon【ポイント2倍還元キャンペーン】~12/8まで

Windows11エクスプローラーのリボンを復活|3つの方法まとめ

Windows11のエクスプローラーにリボンを復活させる方法Windows11
この記事は約10分で読めます。
スポンサーリンク
初心者
初心者

Windows11のエクスプローラー、メニューバーのリボンって廃止されちゃったんですか?
メニュー項目が少なくてすごく使いにくいんですけど。
リボンを表示させる方法ってありますか?

Windows11のエクスプローラーは、標準の設定操作ではリボンを表示させる方法はありません。
残念ながら廃止されたようでとても残念です。

初心者
初心者

せめてリボンを使うか・使わないかの選択肢は設定で残しておいてほしかった…。

Windows正規の設定方法ではありませんが対策手段はあるので、今回はWindows11のエクスプローラーでリボンを復活させる方法を3パターンご紹介します。

Win11のエクスプローラーにリボンを復活させる

Win11のエクスプローラーにリボンを復活させる

 

 

 

スポンサーリンク

Win11:エクスプローラーのリボン復活

上記3つのどれかを実施すればOKです。個人的なおすすめは❸ですが、それぞれ解説します。

 

方法❶:ツール・Winaero Tweakerを導入する

Winaero Tweakerを導入する

 

(1)窓の杜の「Winaero Tweaker」ダウンロードページにアクセスし「窓の杜からダウンロード」をクリックします。

winaero_tweakerを窓の杜でダウンロード

winaero_tweakerを窓の杜でダウンロード

 

(2)Zipファイルをドキュメントやダウンロードフォルダに保存します。

ZIPファイルを保存

ZIPファイルを保存

 

(3)保存したZipファイルを解凍(展開)すると「winaerotweaker」というフォルダができるので中身の「WinaeroTweaker-1.33.0.0-setup.exe」(インストーラーファイル)をダブルクリックで実行します。

winaero_tweakerのインストール

winaero_tweakerのインストール

HINT
この不明な発行元からのアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」が表示されたら「はい」をクリックします。
デバイスの変更許可

デバイスの変更許可

アプリ起動のときも出た場合は「はい」をクリックしてください。

 

(4)Winaero Tweakerのインストーラーが起動するので「Next」をクリックします。

WT_SETUP

SETUP

 

(5)「Normal mode」にチェックが入っていることを確認し「Next」をクリック。

nomal_modeでNEXT

nomal_modeでNEXT

 

(6)「I accept the agreement」(利用規約の同意)にチェックを入れて「Next」をクリックします。

I_accept_the_agreementでNEXT

I_accept_the_agreementでNEXT

 

(7)そのまま何度か「Next」で進めます。

NEXTでセットアップを進める

NEXTでセットアップを進める

NEXTでセットアップを進める

NEXTでセットアップを進める

NEXTでセットアップを進める

NEXTでセットアップを進める

 

(8)「Install」をクリックします。

インストール

インストール

 

(9)「Finish」をクリックします。Visit Winaero.com for latest news」にチェックが入っているとアプリの最新情報ページも表示されますが外国のページでよくわからないと思うので閉じて大丈夫です。

インストール完了

インストール完了

 

Winaero Tweakerが起動します。

Winaero Tweakerの画面

Winaero Tweakerの画面

 

(10)Winaero Tweakerの左メニューWindows11の「Enable Ribbon」をクリックします。

WT設定_Enable_Ribbon

Enable_Ribbon

 

(11)右エリアにEnable Ribbonの設定が出るので「Enable the ribbon UI in File Explorer」にチェックを入れ「Restart Explorer」(エクスプローラーの再起動)をクリックします。

Enable_Ribbonの有効化

Enable_Ribbonの有効化

 

エクスプローラーの再起動が実行されるので少し待ったあと、エクスプローラーを開いてリボンが表示されたのを確認して下さい。

Win11でリボンが復活

Win11でリボンが復活

リボンの出し入れ操作や、使い方などはWin10のときと同じです。

HINT
リボン出し入れの操作方法は、タブメニューのどれでもいいのでダブルクリックして下さい。
リボンの出し入れ操作

リボンの出し入れ操作

 

 

 

方法❷:レジストリエディターを編集する

レジストリエディターを編集する

(1)「Win11の右クリックメニューをWin10仕様へ戻す方法」を参照し、レジストリエディタで「HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ Microsoft \ Windows \ CurrentVersion \ ShellExtensions」のフォルダまで移動します。

レジストリエディタのShellExtensions

レジストリエディタのShellExtensions

 

(2)「Shell Extensions」フォルダを右クリックしポップアップメニューの「新規」⇒「キー」をクリック⇒新規フォルダができるので名前を Blocked に変更します。

Blockedフォルダを作成

Blockedフォルダを作成

 

(4)作成したBlockedが選択された状態で、右エリアの何もない場所で右クリック⇒「新規」⇒「文字列値」をクリック⇒新しくできたファイルの名前を {e2bf9676-5f8f-435c-97eb-11607a5bedf7} に変更します。

Blockedで文字列値を作成

Blockedで文字列値を作成

 

これで設定は完了です。レジストリエディタのウィンドウは閉じてOKです。

エクスプローラーを開いてみてリボンが表示されることを確認してください。

もしリボンが表示されない場合はPCを再起動してみて下さい。

 

 

方法❸:Windowsターミナルを使う

Windowsターミナルを使う

Windowsターミナルは、方法❷のレジストリエディターで実施する内容を手っ取り早くできるやり方です。

(1)タスクバーの「スタートメニュー」を右クリックでメニューを開き「Windowsターミナル(管理者)」を起動します。

Windowsターミナル(管理者)を起動

Windowsターミナル(管理者)を起動

 

HINT
このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」のメッセージが出たら「はい」をクリック。
Windowsターミナルの許可

Windowsターミナルの許可

Windowsターミナルが起動します。

Windowsターミナルの起動画面

Windowsターミナルの起動画面

 

(2)カーソルが点滅している位置に下記のコマンドをコピペし⇒キーボードの「Enter」キーで実行してください。

reg add “HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Shell Extensions\Blocked” /v “{e2bf9676-5f8f-435c-97eb-11607a5bedf7}” /t REG_SZ /f
コマンドを実行

コマンドを実行

 

(3)「この操作を正しく終了しました」のメッセージが下に表示されれば完了です。Windowsターミナルの画面は閉じてOKです。

この操作を正しく終了しました

この操作を正しく終了しました

 

エクスプローラーを開いてみてリボンが表示されることを確認してください。

リボンが表示されない場合はPCを再起動。

 

リボンを元の状態に戻したい場合は、同様にWindowsターミナル(管理者)を起動し、下記のコマンドを実行したあとPCを再起動して下さい。

reg delete “HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Shell Extensions\Blocked” /f

 

Windowsターミナルでのこれらの操作は方法❷のレジストリエディターで行うことを命令コマンドで実施しています。(フォルダやファイルを作成したり削除している)

 

スポンサーリンク

まとめ:エクスプローラーはリボンで効率的に

今回は、Windows11のエクスプローラーでリボンを復活させるやり方を3パターンご紹介しました。

やはりWindowsのエクスプローラーはリボンがあったほうが作業効率が良いです。

アプリをインストールして行う方法とWindowsの標準機能で行う方法、どちらでも効果は同じなので自分のパソコンスキルに応じて実行してみてください。

今回のように、裏設定のようなことを実行すればまだWindows11でもリボンが表示される状態ではあるし、非効率でユーザーの評判も良くないと思うので今後のアップデートで標準設定による復活を期待しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました