▶おすすめモバイルノート Lenovo ThinkPad X1 Carbon SSD カメラ付
Win10ガイドブックおすすめ【3選】【USBメモリ・SDカード】の基本知識

【初心者向け】PCの動作を早く(速く)するメンテと設定|パフォーマンス向上

パソコンの高速化設定Windows10
この記事は約8分で読めます。

今回は私がPCを使うときに必ず行っている、動作を高速仕様(パフォーマンス重視)に設定する手順をご紹介します。

こんな人にオススメ

✅最近PC動作が重く感じるようになった
✅起動や動作を少しでも早く(速く)したい
✅パフォーマンス関連の設定をしたことがない
✅コストはかけたくない
✅PCの設定は苦手

画像を見ながら初心者でも進められるように解説します。

 

スポンサーリンク

PCの事前メンテナンス5つ

PCメンテナンス

Designed by Freepik

まず高速仕様の設定に変更する前にやってほしいメンテナンス事項を5つ挙げます。

  1. Windows Updateの更新
  2. 【temp】ファイルの削除
  3. 【%temp%】ファイルの削除
  4. 【prefetch】ファイルの削除
  5. ゴミ箱の中身を削除

 

これらは必須ではありませんが、今までゴミ箱内の削除もやったことが無い人なら実行するだけで動作がだいぶ軽くなります。

特に❶Windows Updateは影響が大きい項目です。

 

❶Windows Updateの更新

(1)Windowsアイコン⇒設定(歯車)⇒更新とセキュリティをクリック。

START-SETTING

 

設定の更新とセキュリティ

 

(2)Windows Update❶更新プログラムのチェックや、オプションの品質更新プログラム❷ダウンロードしてインストールの項目があればクリックして実行します。

Windows Updateの画面

 

Windows10は基本的にアップデートを自動で更新してくれますが長期間PCを起動せず久しぶりに起動させたときなどタイミングによっては大量に溜まることがあるので、現状の最新版にするために手動で更新します。

よしてっく
よしてっく

ただし、大きなアップデートだと数時間以上かかる場合があるので、PCをすぐに使う予定がないときや寝ている間に実行するのがオススメです。

何度か再起動を繰り返さないと次のバージョンに更新できない場合もあります。

パソコンの動作が重いと感じるときはこのWindowsアップデートが裏で自動更新中の場合が多いので暇なときに手動で済ませておき作業する時間帯にバッティングしないようにするのもPCを快適に使うコツです。

 

❷【temp】ファイルの削除

(1)Windowsアイコンを右クリック⇒ファイル名を指定して実行をクリック。

Windowsアイコンのファイル名を指定して実行

 

(2)【 Temp 】と入力⇒OKをクリック。

tempを開く

 

このフォルダーにアクセスする許可がありませんのメッセージが出たら続行をクリック。

このフォルダーにアクセスする許可がありません

 

(3)Tempファイルの中にあるデータを⇒すべて選択します。

tempファイルの全選択

 

(4)削除をクリックします。

削除をクリック

 

権限の問題やファイル使用中などで警告メッセージが出た場合は、すべての項目にこれを実行するにチェックを入れて⇒スキップをクリック。
全ての項目にこれを実行する

開かれているため操作を完了できません

 

削除できずに残ったファイルがあっても問題ありません。

ファイルが残ってもOK

【temp】ファイルを削除したらウィンドウを閉じます。

 

❸【%temp%】ファイルの削除

先ほどの【temp】の前後に【%】を追加して実行します。

(1)Windowsアイコンを右クリック⇒ファイル名を指定して実行をクリック。

Windowsアイコンのファイル名を指定して実行

 

(2)【 %temp% 】と入力⇒OKをクリック。

パーセントtempを開く

 

ここから先はさっきの❷【temp】ファイルの削除と同様の手順になるので省略します。

【%temp%】ファイルを削除したら、ウィンドウを閉じます。

 

❹【Prefetch】ファイルの削除

(1)Windowsアイコンを右クリック⇒ファイル名を指定して実行をクリック。

Windowsアイコンのファイル名を指定して実行

 

(2)【 prefetch 】(プリフェッチ)と入力⇒OKをクリック。

prefetchを開く

ここからもさっきの❷【temp】ファイルの削除と同様の手順になるので省略します。

【prefetch】ファイルを削除したら、ウィンドウを閉じます。

Windows10のバージョンによってprefetchフォルダーが開かなかったりエラー表示が出ますが、その場合このprefetchの項目はスルーして下さい。

 

❺ゴミ箱の中身を削除

ゴミ箱には先ほど❷~❸で削除した【temp・%temp%・prefetch】のファイルもまだあるので、まとめて完全に削除します。

 

(1)デスクトップ画面にあるゴミ箱アイコンを右クリック⇒ゴミ箱を空にするをクリック。

ゴミ箱の中身を削除する

 

(2)これらのすべての項目を完全に削除しますか?のメッセージが出たらはいをクリック。

はいでゴミ箱の中身を削除する

 

(3)削除が完了したらゴミ箱の中身を確認しましょう。

ゴミ箱の中身が空になった

このフォルダーは空ですになっていればOK。

 

これで設定前に実行してほしいメンテナンスは完了です。

もっとPCの深い部分をメンテする項目もありますが、初心者でもできるレベルとしてここまでにします。

次は本題の、PCのパフォーマンス優先設定に進みます。

 

Win10:PCを高速化にする設定

SOFTWARE

Designed by macrovector / Freepik

 

視覚効果:パフォーマンス優先

(1)Windowsアイコンを右クリック⇒システムをクリック。

win10システムをクリック

 

(2)詳細情報の画面になるので右側のシステムの詳細設定をクリック。

システムの詳細設定をクリック

 

(3)システムのプロパティ詳細設定ダイアログが出るのでパフォーマンス設定をクリック。

パフォーマンスの設定

 

(4)パフォーマンスを優先するをクリック。

パフォーマンスを優先するをクリック

※下の項目のすべてのチェックが解除されます。

しかし、このままだとWindowsを使用する上で使い勝手が悪いので最低限の項目にはチェックを入れます。

 

(5)下記の3項目にチェックを入れます。

✅アイコンの代わりに縮小版を表示する
✅スクリーンフォントの縁を滑らかにする
✅ドラッグ中にウィンドウの内容を表示する

パフォーマンス優先の3項目にチェックする

 

(6)チェックを入れたら適用OKをクリック。

適用とOK

 

(7)システムのプロパティのダイアログを閉じます。

システムのプロパティを閉じる

 

(8)最初に開いていた詳細情報のウィンドウも閉じます。

 

個人設定の色:透明効果と境界線

(1)Windowsアイコン⇒設定(歯車)をクリック。

START-SETTING

 

(2)個人用設定をクリック。

Windowsの設定_個人用設定

 

(3)左メニューの色をクリック。

個人用設定の色

 

(4)透明効果をオフにします。

透明効果のオフ

関連記事 Windows10の透明効果を解除する|ウィンドウ背景の透過

 

(5)少し下にスクロールしタイトルバーとウィンドウの境界線にチェックを入れます。

タイトルバーとウィンドウの境界線をオン

境界線の有効化は、先ほどの視覚効果の設定でウィンドウが見づらくなったのを補うためです。

 

(6)色の設定ウィンドウを閉じます。

設定ウィンドウを閉じる

 

 

バックグラウンドアプリの停止

(1)Windowsアイコン⇒設定(歯車)をクリック。

START-SETTING

 

(2)プライバシーをクリック。

Win10設定のプライバシー

 

(3)左メニューのバックグラウンドアプリをクリック。

バックグラウンドアプリをクリック

 

(4)バックグラウンド動作するアプリ一覧で自分が不要と思うものをオフにします。

その人によってオフにするアプリは変わりますが、私の場合はWindowsセキュリティ以外はオフにしています。

バックグラウンドアプリのオフ

スカイプやLINE、メールなど相手からの受信を常に監視する必要があるアプリを使っている場合は、それらもオンのままにしておきます。

オフにしてよいか解らない、判断できないと思ったアプリは念のためオンのままにしておきましょう。

※バックグラウンドでの動作を制御する項目なのでオフにしてもアプリが使えなくなるというわけではありません。

 

(5)選択ができたらバックグラウンドアプリのウィンドウを閉じます。

バックグラウンドのウィンドウを閉じる

 

スタートアップアプリの停止

(1)Windowsアイコン⇒設定(歯車)をクリック。

START-SETTING

 

(2)アプリをクリック。

Win10設定のアプリ

 

(3)左メニューのスタートアップをクリック。

アプリのスタートアップをクリック

 

(4)スタートアップ時に動作するアプリの一覧が表示されるので、自分で不要と判断できるものをオフにします。

アプリのスタートアップをオフ

※この項目もバックグラウンドアプリと同様に人によってオフにするアプリは違ってきます。

これもオフにしてよいかよくわからないアプリはオンのままにしておきましょう。

 

(5)選択ができたらスタートアップのウィンドウを閉じます。

アプリのスタートアップを閉じる

 

電源オプション:高パフォーマンス

(1)Windowsアイコンを右クリック⇒電源オプションをクリック。

Win10設定の電源オプション

 

(2)電源とスリープの画面になるので右側の電源の追加設定をクリック。

電源の追加設定

 

(3)電源オプションのウィンドウが表示されるので高パフォーマンスにチェックを入れます。

高パフォーマンスに変更

 

✅高パフォーマンスのプランが無い場合

(1)左メニューの電源プランの作成をクリック。

電源プランの作成

 

(2)高パフォーマンスにチェックを入れプラン名に高パフォーマンスを入力して次ヘをクリック。

高パフォーマンスプランの作成

 

(3)ディスプレイの電源を切るとコンピューターをスリープ状態にする設定画面が出るので、必要なら変更してから作成をクリック。

電源プランの設定

 

(4)作成した高パフォーマンスの設定にチェックが入っていることを確認したらウィンドウを閉じます。

高パフォーマンス電源プラン作成完了

 

これで、すべての作業は完了です。お疲れ様でした。

よしてっく
よしてっく

個体差はありますが、PCの動作が軽くなったはずです。

 

まとめ:PCはメンテと設定で高速化できる

今回は、私がWindows10のPCを使い始める時に必ず行う、高速仕様(パフォーマンス重視)の設定方法をご紹介しました。

今回のメンテや設定方法は初心者でもやりやすい方法だけに厳選しましたが、これ以上の高速化を求めるならSSDへの換装・メモリの増設・Windows10のクリーンインストール、など中級者以上のスキルが必要になります。

よしてっく
よしてっく

その場合、知識不足で行うと大事なデータを失うことになりかねないので、チャレンジするならバックアップなどの保険をかけてから行って下さい。

PCの価格帯は年々リーズナブルになっていますので、買い替えたほうが低コスト・低リスクで手っ取り早いかもしれません。

AmazonでノートPCを見てみる

広い視野で検討しましょう。

コメント