アプリの複数ウィンドウをタスクバーの1か所にまとめない表示方法【Windows10】

Windows10

Windows10で何か1つのアプリケーションを別ウィンドウで複数起動したときに、タスクバー内にアイコンとして表示されますが、

初期の状態ではいくら起動しても1つのアイコンにまとまってしまっていると思います。

 



 

この表示方式ですと、他のウィンドウに切り替えたい時に、目的のウィンドウにダイレクトにアクセスすることができず、ワンテンポ遅くなるので、急いでいる時などはストレスを感じるのではないでしょうか。

 

そこで今回は、アプリの複数のウィンドウが1つのタスクバーアイコンにまとまって表示される状態を解除して別々に表示する設定方法をご紹介します。

 

設定は簡単なのですぐに終わります。

 

タスクバーアイコンの結合を解除する



(1)パソコン画面の下にある、タスクバーの何もない場所の上で「右クリック」「タスクバーの設定」をクリックしてください。




 

(2)タスクバーの管理画面が表示されますので、「タスクバーボタンを結合する」の項目を見つけて下さい。




 

 

(3)「常に結合、ラベルを非表示」になっているのを、「結合しない」に変更してください。




 

 

(4)変更されたのを確認したら、タスクバーの管理画面を閉じて下さい。

 




 

アイコンの結合が解除され、起動中のアプリがウィンドウごとに個別表示に変更されました。




 

 

 

まとめ

 

今回は、タスクバーボタンの結合を解除して、アプリの複数のウィンドウを別々に表示する設定方法をご紹介しました。


ちょっとしたことですが、作業を効率化することができて、ストレスが少しは解消されると思います。

 

 

よしてっく
よしてっく

最後までご覧いただきありがとうございました!

>>> その他の Windows10 関連記事はコチラ

 

 

 

 

コメント