▶ Amazon 4/19 からの スマイルセール をチェックしよう

ページにプロモーションが含まれる場合があります。

日本語入力のオンオフ(半角/全角)キーの割り当てで効率化|Windows10

パソコンで単語や文章をキーボードで打つとき、日本語と英語の切り替えは通常キーボード左上の【半角/全角】キーで切り替えます。

半角・全角キー

 

日本語と英語を切り替えるたびに、このキーを押すわけですが、

  • キーボード端っこなので押すのが面倒
  • 今が日本語か英語かは、画面のタスクトレイを見ないとわからない

のようなプチストレスを感じている人も居るかと思います。

HINTちなみに、半角/全角を切り替えると画面中央に「あ・A」が出ますが非表示にもできます。
関連 【半角/全角】キーを押す時の[あ・A]を非表示にする|Win10

特にPCで長文執筆する人は、英語が頻繁に出てくると切り替え操作が忙しくなるかと。

 

結論を言うと、

  • 「無変換」キーに「日本語入力・オン」
  • 「変換」キーに「日本語入力・オフ」

をそれぞれ割り当てて使いましょう、という話です。

日本語入力オンオフを各キーに割り当てる

日本語入力オンオフを各キーに割り当てる

「無変換」と「変換」のキーを普段から使ってない(将来的にも使わない)人向けの方法です。

もちろん、元々の「半角/全角」キーは従来どおり使えます。

 

このキー割り当て方法の大きな特徴は、

  • キーがホームポジションに近いので素早く押せる
  • オンとオフが別キーになるので、画面で日本語か英語かの確認をしなくていい。

となり、タイピング速度のスピードアップにつながるメリットがあります。

やり方も、Windowsの設定を変更するだけなのでリスクも低いし、いつでも簡単に戻すこともできます。

 

日本語入力のオン・オフを「変換・無変換」キーに割り当てる方法

(1)タスクトレイ(Windows画面の右下)にあるIMEアイコン(【A】または【】)を右クリック>「設定」を選択します。

IMEの設定へ

IMEの設定へ

HINT

IMEメニューに「設定」が無い場合は使用IMEを切り替える必要があります。

>Windows「設定」を開く。
>画面の上部検索バーに「IME」と入力。
>検索候補の「日本語IME設定」を選択。
>「全般」をクリック。
>「以前のバージョンのMicrosoft IMEを使う」をオフにする。

IMEの旧バージョンをオフにする手順

IMEの旧バージョンをオフにする手順

 

(2)Microsoft IMEの設定ウィンドウが表示されるので「キーとタッチのカスタマイズ」をクリックします。

キーとタッチのカスタマイズへ

キーとタッチのカスタマイズへ

 

(3)キーとタッチのカスタマイズの管理画面になったら「キーの割り当て」の下にある「各キーに好みの機能を割り当てる」のトグルスイッチをオンにします。

キー割り当てをオンにする

キー割り当てをオンにする

 

(4)各キーに割り当てができる状態になるので、

  • 「無変換キー」⇒「IME-オン」
  • 「変換キー」⇒「IME-オフ」

を割り当てます。

変換と無変換キーに割り当てる

変換と無変換キーに割り当てる

 

割り当てできたことを確認したら、設定ウィンドウを閉じてOKです。

これで、

  • 「無変換」は、日本語入力・オン
  • 「変換」は、日本語入力・オフ(英語)

それぞれ専用のキーになりました。

変換と無変換に割り当てるのは逆でもいいです、お好みで。

 

設定を戻すときは、同じ流れで「各キーに好みの機能を割り当てる」のトグルスイッチをオフに戻してください。

 

キーを割り当てても、それまでの習慣で左上の「半角/全角」キーを使ってしまうかもしれません。(私がそうなので)

習慣でオリジナルの変換キーを使ってしまう

習慣でオリジナルの変換キーを使ってしまう

割り当てたキーは意識的に使い、体を慣れさせていくしかないです。

以上です、最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました