新型コロナウイルスに感染しない・広げないために|内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室

タスクバーのピン留めアプリの配置をずらさない|便利ツール|Windows10

Windows10_タスクバーにピン留めしたアプリの配置をずらさない便利ツールWindows10

今回は、Windows10でタスクバーにピン留めしたアプリの配置をずらさないようにできる無料の便利ツール「7+ Taskbar Tweaker」をご紹介します。

 

タスクバーにピン留めしたアプリ:ツール無しの状態

ピン留めのイメージ画像

★Windows10では、よく使うなと思ったアプリをタスクバー上にピン留めして、すぐに起動できるようにする機能があります。

Win10_アプリをタスクバーにピン留め

 

しかしタスクバーにピン留めしたアプリを起動すると、起動したアプリの幅が広くなりその右側のアプリの配置がズレてしまいます。

Win10_タスクバーのアプリ配置がズレる

 

アプリを複数起動すると右側に配置されているアプリほど、どんどん遠くへ行ってしまいます。

タスクバー内のアプリはどうしても配置で覚えてしまいますので、配置がズレると起動したい特に目的のアプリをなかなか見つけづらくなるデメリットもあります。

このようなプチストレスを無くすために、ツールを導入してタスクバーにピン留めしたアプリをグループ表示しないようにし、アプリの配置がいつも固定されるようにします。

 

Windows10:タスクバーの設定

モニターのイメージ画像

★ツールを導入する前に、Windows10のタスクバーの設定を変更しておく必要があります。

Windows10のタスクバーの管理画面で「タスクバーボタンを結合する」の項目が「常に結合、ラベルを非表示」になっている場合は「結合しない」に変更してください。

詳しい操作手順は別の記事で紹介していますので参照下さい。
関連記事 アプリのアイコンをまとめないタスクバーの設定|Windows10

 

タスクバー設定ツール:[7+ Taskbar Tweaker]の導入

PCメンテナンスのイメージ画像

★「7+ Taskbar Tweaker」はタスクバーの設定を細かくカスタマイズできる無料のツールです。

(1)[7+ Taskbar Tweaker]のダウンロードページにアクセスしてインストーラーをダウンロードして下さい。

>>>7+ Taskbar Tweakerのダウンロードページ

7+ Taskbar Tweakerのダウンロードページ

 

(2)ダウンロードしたインストーラーをダブルクリックで実行して下さい。

7+ Taskbar Tweakerのインストーラーを実行

 

その他の操作方法ブラウザの左下にファイルが表示されている場合はそこをクリックでもOKです。

7+ Taskbar Tweakerのインストーラーをブラウザから実行

 

 

(3)「この不明な発行元からのアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」のメッセージが出たら「はい」をクリックして下さい。

7+ Taskbar Tweakerのデバイス変更の許可

 

(4)「WindowsによってPCが保護されました」という警告メッセージが表示された場合は「詳細情報」をクリックすると「実行」のボタンが出ますのでクリックして下さい。

WindowsによってPCが保護されました

 

(5)[7+ Taskbar Tweaker]のインストーラーが起動します。
言語の選択画面が表示されますので、日本語になっていること確認し「OK」をクリックして下さい。

7+ Taskbar Tweakerのインストール_言語を日本語でOK

 

(6)コンポーネントの選択の画面が表示されますので、そのまま「次へ」をクリックして下さい。

7+ Taskbar Tweakerのインストール_コンポーネントの選択で次へ

 

(7)インストール先の選択の画面が表示されますので、そのまま「インストール」をクリックして下さい。

7+ Taskbar Tweakerのインストール先の選択で次へ

 

(8)セットアップウィザードの完了画面が表示されますので、そのまま「完了」をクリックして下さい。

7+ Taskbar Tweakerのインストールの完了

 

(9)[7+ Taskbar Tweaker]の設定画面が表示されます。

7+ Taskbar Tweakerの設定画面

 

(10)「グループ化及び結合」の「グループ化」の項目で「ピン留めされた項目をグループ化しない」のチェックボックスをクリックして有効にして下さい。

7+ Taskbar Tweakerの設定_グループ化しないを有効にする

 

(11)「ピン留めされた項目をグループ化しない」にチェックが入ったことを確認したら、設定画面の「×」バツボタンをクリックして閉じて下さい。

7+ Taskbar Tweakerの設定画面を閉じる

 

以上で[7+ Taskbar Tweaker]のインストールと設定は完了です。

 

[7+ Taskbar Tweaker]導入後のタスクバーの表示

机上のパソコンのイメージ画像

★7+ Taskbar Tweakerを導入後はPCを再起動する必要は無く、設定がすぐに反映されます。

導入前に起動していたアプリを一旦全て閉じてから、再度タスクバーにあるアプリを起動してみましょう。
7+ Taskbar Tweaker導入後のアプリ起動

 

起動したアプリがピン留めしたアプリ一覧の右側に表示されるようになりました。

7+ Taskbar Tweaker導入後のアプリ起動表示

 

この設定のもう一つのメリットは、起動済のアプリをさらに別ウィンドウで起動したいとき、タスクバーにピン留めした元のアイコンをワンクリックするだけで二つ目、三つ目の同じアプリが素早く起動できることです。
タスクバーにピン留めしたアプリの2つ目の起動方法

 

通常の2つ目のアプリ起動通常だと2つ目のアプリ起動は、右クリック⇒アイコンをクリックと2ステップ必要です。この操作も地味に煩わしいので、この操作が無くなるのも助かります。
タスクバーにピン留めしたアプリの2つ目の起動方法

 

[7+ Taskbar Tweaker]の設定を変更する

ノートパソコンと女性

★[7+ Taskbar Tweaker]の設定を戻したい場合や、もっと別の設定を試してみたいという場合は、タスクトレイにアイコンがありますのでクリックすれば設定画面が起動します。

タスクトレイのアイコンは隠れていますので「∧」アイコンをクリックで出てきます。

7+ Taskbar Tweakerのタスクトレイのアイコン

隠れたタスクトレイのアイコンを表示させる方法は別記事で詳しく紹介していますので良かったら参考にしてみて下さい。
関連記事 タスクトレイの隠れたアプリを表示する|通知領域のインジケーター|Windows10

 

まとめ:タスクバーの作業性を改善して少しでも時短化

今回は、Windows10でタスクバーにピン留めしたアプリの配置をずらさないようにできる無料ツール「7+ Taskbar Tweaker」をご紹介しました。

「7+ Taskbar Tweaker」は今回ご紹介した「アイコンの配置をずらさない」という目的以外にも、もっとタスクバーに関する詳細な設定ができる便利ツールですので、動作を確認しながら色々試してみるのも良いかと思います。

コメント