▶おすすめモバイルノート Lenovo ThinkPad X1 Carbon SSD カメラ付
Win10ガイドブックおすすめ【3選】【USBメモリ・SDカード】の基本知識

タスクバーを隠す/出すをワンクリック操作|RunAndHide

タスクバーワンクリックで隠す出すツールWindows10
この記事は約5分で読めます。
初心者
初心者

Windowsのタスクバーって自動的に隠す設定もあるけど表示と非表示を素早く切り替えられる操作ってできないの?

Windowsのタスクバーはアプリショートカットの置き場所や情報の表示に欠かせないウィジェットです。

自動的に隠すという設定でマウスホバーした時だけ現れるようにはできますが、完全に非表示にするような設定はありません。

タスクバーを自動的に隠す

 

しかし、タスクバーに広げたアプリを誰かに見られたくない場合、瞬時に隠したい場面もあるかと思います。

タスクバー上で右クリックタスクバーの設定タスクバーを自動的に隠すという操作は一時的に行うだけと考えるとけっこう面倒な作業で、戻す時にもまた同じ操作をしなければならないのでちょっとストレスを感じます。

よしてっく
よしてっく

実はそんな地味な悩みを解消できる便利ツールがあります!

今回は、Windowsのタスクバーの【隠す・表示する】をワンクリックで操作できるツールRunAndHide(ラン&ハイド)をご紹介します。(無料)

 

スポンサーリンク

タスクバーの出し入れ専用ソフト:RunAndHide

タスクバーワンクリックで隠す出すランアンドハイド

  1. Run&Hideのダウンロード
  2. 圧縮ファイルの解凍
  3. おすすめの使い方

 

❶Run&Hideのダウンロード

(1)RunAndHideのダウンロードページにアクセスしDOWNLOADをクリックします。

RAHダウンロードサイト

 

(2)インストールファイルの保存場所を指定して保存します。
保存場所はドキュメントやダウンロードフォルダにするとファイルが迷子にならないのでおすすめです。

RAH保存

 

❷圧縮ファイルの解凍

(1)ダウンロードしたインストールラーは圧縮(Zip)ファイルなので、解凍またはダブルクリックします。

Lhaplus(ラプラス)などの解凍ソフトを導入している場合は下記のように右クリック解凍ここに解凍で同じフォルダ内に解凍しましょう。

RAHの解凍

解凍されたフォルダがどこにいったかわからない場合は、圧縮ファイルと同じ場所か、ドキュメント・ダウンロード・デスクトップにある可能性が高いです。

 

(2)解凍すると「RunAndHide」という名前のフォルダが作成されます。

RAHフォルダ

 

(3)解凍したRunAndHideフォルダの内容を確認します。
この中のアプリケーションファイル(.exe)を使います。

RAHのEXEファイル

 

❸おすすめの使い方

RunAndHideはインストール不要です。

アプリケーションファイル(.exe)をダブルクリックするたびにタスクバーの表示と非表示が交互に実行されます。

★おすすめの設定

アプリケーションファイルをクリックするためにいちいちフォルダを開くのだと、通常のWindows操作の手間とあまり変わらないのでおすすめの設定をご紹介します。

  • (A)ショートカットをデスクトップに作る
  • (B)スタートメニューにピン留めする
  • (C)タスクバーにピン留めする

 

(A)ショートカットをデスクトップに作る

■操作方法

アプリケーションファイルの上で右クリック送るデスクトップ(ショートカットを作成)です。

RAHデスクトップショートカット作成

デスクトップにできたショートカットアイコンをダブルクリックで操作ができます。

RAHデスクトップのショートカット

ただし使いたい時このアイコンが見えてないとクリックできないのが欠点です。

 

(B)スタートメニューにピン留めする

■操作方法

アプリケーションファイルの上で右クリックスタートメニューにピン留めするです。

RAHスタートメニューにピン留めする

 

スタートメニューに配置したタイルアイコンをクリックで操作ができます。

RAHスタートメニューにピン留め完了

欠点はスタートメニューを開くのに必ずプラスワンの行程(Windowsアイコンクリック)が必要です。
Windowsアイコンをクリック

これは、替わりにキーボードのWindowsキーを押すことで時短になります。
Windowsキーを押す

というかタスクバーが隠れるとWindowsアイコンがクリックできないので必須の操作になります。

 

(C)タスクバーにピン留めする

■操作方法

アプリケーションファイルの上で右クリックタスクバーにピン留めするです。

RAHタスクバーにピン留めする

タスクバーを隠すのが目的なのでタスクバーにショートカットアイコンを置くのは矛盾してますが隠す時だけは最速のワンクリック操作ができます。

RAHタスクバーにピン留め完了

↓タスクバーに設置したRunAndHideのアイコン。デザインは控えめですね。

RAHアイコン

 

タスクバーを再表示するときは前項で解説したWindowsキー押しスタートメニューのタイルアイコンをクリックが必要。

 

A~Cの3パターン紹介しましたが、全パターンできるように設定しておくのがおすすめです。

 

ちなみにRunAndHideの操作で非表示になったタスクバーはマウスホバーしても出てきません。もう一度RunAndHideでの操作をしないとタスクバーは復帰しないのでご注意下さい。
またRunAndHideでタスクバーを非表示にしても、そのエリアはアプリウィンドウを全画面に設定してもそこまで広がりません。(残念)
下のエリアは使えない

 

まとめ:地味だけど素早くタスクバーを隠すには便利

今回は、Windowsのタスクバーの【隠す・表示する】をワンクリックで操作できる無料ツールRunAndHideをご紹介しました。

とても地味なツールですが、タスクバーの出し入れを少しでも素早く行いたい場合は活躍する機能だと思います。

シーンに応じて活用してみて下さい。

よしてっく
よしてっく

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント