▶おすすめモバイルノート Lenovo ThinkPad X1 Carbon SSD カメラ付
Win10ガイドブックおすすめ【3選】【USBメモリ・SDカード】の基本知識

【ネットワーク資格情報の入力】が出る⇒共有パスワード無効化で対策

パスワード保護共有を無効にする方法Windows10
この記事は約2分で読めます。

Windows10の更新を実行したら、それまで普通に開くことができていた他のPCの共有フォルダにアクセスできなくなりました。

ネットワーク資格情報の入力というダイアログが表示され、ユーザー名パスワードを要求される状態になります。

ネットワーク資格情報の入力ダイアログ

 

何も入力せずにOKをクリックしてもユーザー名またはパスワードが正しくありませんとメッセージが出てしまいそれ以上は進めません。

パスワードが正しくありません

 

元々パスワードの設定をした覚えが無い、または設定したかどうかも思い出せないといった状況もあると思います。

今回はこのような状態の一時的な解決方法として、パスワード保護共有を無効にすることでアクセスを可能にする解説となります。

 

スポンサーリンク

パスワード保護共有を無効にする方法

✅操作の流れ
Windowsアイコン設定ネットワークとインターネット状態ネットワークと共有センター共有の詳細設定の変更すべてのネットワークパスワード保護共有を無効にするにチェック変更の保存

 

(1)Windowsアイコン設定(歯車)をクリック。

START-SETTING

 

(2)ネットワークとインターネットをクリック。

設定のネットワークとインターネット

 

(3)状態ネットワークと共有センターをクリック。

ネットワークと共有センター

 

(4)共有の詳細設定の変更をクリック。

共有の詳細設定の変更

 

(5)すべてのネットワークボタンをクリックして展開。

すべてのネットワーク展開前

 

(6)パスワード保護共有を無効にするにチェック⇒変更の保存をクリック。

パスワード保護共有を無効にする

 

これで、目的の共有フォルダに再度アクセスできるようになります。

パスワード保護を無効にするので、元々パスワード保護していた場合は問題がありますが、使用者の判断でパスワードが必要ないということであれば今回の操作でOK。

今後もWindows10の更新(バージョンアップ)時に、再発する可能性もあるので今回の対処方法は覚えておくと良いかもしれません。

よしてっく
よしてっく

以上です、閲覧ありがとうございました。

コメント