▶Amazon【SDカード】売れ筋ランキング

Microsoftが勧めてくるWindows11へのアップグレードを回避する|Win10

Windows11を勧める画面で回避するWindows10
この記事は約5分で読めます。

Windows11が最新のOSとなった現在、アップグレードが可能なWindows10のパソコンを起動すると「Microsoftは、お使いのデバイスにWindows11をお勧めします」という画面が自動的に表示されることがあります。

マイクロソフトが勧めるWin11

マイクロソフトが勧めるWin11

 

良くわかっていない人が言われるがままに進めるとWindows11にアップグレードされます。

しかし中にはWin11にすることで不便になるユーザーもいるので、まだWin10のまま使いたい人向けに、この画面が出たときに回避する手順を紹介します。

 

スポンサーリンク

Microsoftが勧めてくるWin11アップグレードの回避

(1)画面左下のアップグレードを拒否するをクリックして下さい。

アップグレードを拒否する

アップグレードを拒否する

アップグレードを拒否する

アップグレードを拒否する_拡大

 

(2)「Windows11に移行するか迷っていますか?」の画面に進むので、また左下にある今は何もしないをクリック。

今は何もしない

今は何もしない

今は何もしない_拡大

今は何もしない_拡大

 

これでいつもどおりのWindows10が起動します。

 

これだけ?、というくらい簡単な手順ですがパソコン初心者の人はこのような見慣れない画面が出ると戸惑って触れない人もいるようなので記事にしました。

 

Win11へのアップグレードを勧めない理由:メリットが薄い

いきなりこのような画面が出てきて「ちょうどWin11にしたかったんだよね!」という人は少ないと思うし、Win11にすることで操作勝手の違いにより作業効率が悪くなったり、使っているアプリの動作に問題が発生することもあります。

そしてもし「勧めてるならWin11にしてみようかな」とアップグレードに進んだ場合、時間もかなりかかってPC作業がしばらくできない時間的ロスが発生するので良いことはありません。

※Win11のファイルは約4キガバイトあるのでHDD(SSD)の空き容量を把握していない人はここにも注意が必要です。

Win11のファイル容量は4GB

Win11のファイル容量は4GB

Windows11は登場して間もないOSなのでまだ色々な不具合や仕様変更が起きる可能性がありメリットはあまり無いと個人的には感じています。

特にパソコン初心者には明確な理由がない限り、安易にWin11にすることはお勧めしないので今回のような画面が出た場合はとりあえず拒否しておきましょう。(Microsoftに怒られそうですが)

 

アップグレードは自分のタイミングでいつでもできます。

関連記事 Win11アップグレード可否の確認方法

Win10は2025年10月14日までMicrosoftのサポートも対応しているので、焦ってWin11にしなくても良いと思います。

Win10のサポート期限
製品のサポート終了_Win10

製品のサポート終了_Win10


Microsoftのサポート期限の最新情報は公式ページでご確認下さい。

Microsoft 公式 ▶ 2025 年にサポートが終了する製品

ただしWin10のサポートもバージョンによって区分けされるので、常に最新状態にするようにして下さいね。

Win10の最新バージョンは21H2です。(2022年4月上旬時点)

HINT
自分のパソコンのWindows10バージョンを調べたい場合は、

(スタートメニュー)⇒設定システム詳細情報の画面で確認できます。

Windows10のバージョン確認

Windows10のバージョン確認

 

起動時のWin11アップグレードを勧める通知を非表示にするには

Windows10の設定で通知とアクションという項目を変更するとWindows11へのアップグレードを勧める画面は出なくなるかもしれません。

充分に検証したわけではないですが、設定してみて損は無いと思います。

Win10の通知の設定手順

(スタートメニュー)⇒設定システム通知とアクションの画面で設定を変更できます。

Windowsへようこその通知の解除

Windowsへようこその通知の解除

詳しくは下記ページも参照下さい。
関連記事 起動時の[Windowsへようこそ]の画面を非表示にする|おすすめ通知の解除|Win10

 

以上、最後まで閲覧ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました