▶Amazon【FireTV】

Windows11へアップグレードできる?|チェックツールで確認する方法

Windows11アップグレードチェックツールWindows11
この記事は約12分で読めます。
初心者
PC初心者

自分が今使っているWindows10パソコンがWindows11にアップグレードできるか簡単に確認できる方法を知りたい…

米Microsoftは2021年8月31日、次期の最新OSとなるWindows11(ウィンドウズ・イレブン)10月5日より一般提供を開始すると発表しました。

あれ?
OSはWin10で最後って言われてなかった?

参考記事 「Windows 11」は発売されないのか? もしかしてWindows 10が最後のWindows? – OTONA LIFE

納得できない感じはありますが愚痴を言っても我々は一般ユーザーですから、Microsoftが手のひらを返してWin11を出すと言っても従うしかありません…。

Win11はWin10と比べて何が違うのかを知りたい方は下記サイトが参考になります。
参考ページ Windows11の新機能を早速試してみた!Windows 10との違いをまとめて紹介 – PC Watch

 

info

Windows11のリリース予定が発表された当初は、Microsoftのサイトで互換性をチェックできるアプリを提供するもすぐに準備中になりダウンロードできない状態に…。

Windows11チェックツール準備中

Windows11互換性チェックアプリは準備中がつづいた…

 

現在はチェックアプリが復活しています(2021年10月3日確認)

Windows11チェックアプリ

 

ここでは、最新版の互換性チェックツールで現在のWin10パソコンがWindows11にアップグレードできるか確認する手順をご紹介します。

 

スポンサーリンク

Windows11:システムの最小要件

 

Microsoftが提示しているWindows11に必要なシステムの最小要件は下記になります。

項  目条  件
プロセッサ1 ギガヘルツ (GHz) 以上で 2 コア以上の64 ビット互換プロセッサまたは System on a Chip (SoC)
メモリ4 GB RAM
ストレージ64 GB 以上の記憶装置
システム ファームウェアUEFI、セキュア ブート対応
TPMトラステッド プラットフォーム モジュール (TPM) バージョン 2.0
グラフィックス カードDirectX 12 互換のグラフィックス / WDDM 2.x
ディスプレイ9インチ以上、HD解像度 (720p)
インターネット接続Windows 11 Home Edition のセットアップには Microsoft のアカウントとインターネット接続が必要です

公式サイト システムの最小要件|Microsoft

 

システムの最小要件を見せられても初心者は「なんのこっちゃわからない」という人が多いと思います…。

HINTこれらの項目でプロセッサ・メモリ・ストレージなどの基本的な項目は判断できますが、例えばTPMなど聞き慣れないものがあり自己判断は難しいと思います。

公式サイト TPM(Secure Boot)の要件を満たすようにする方法|Microsoftサポート

 

チェックツールはこれらの要件を満たしているか自動で確認してくれます。

 

Windows11:チェックツールで互換性を確認する方法

Windows11アップグレードチェック

 

Windows10パソコンをWindows11にアップグレードできるか調べる手順は2ステップ。

✔Win11互換性の確認手順
  1. チェックツールのインストール
  2. チェックツールを実行する

 

❶チェックツールのインストール

 

(1)チェックツールをMicrosoft公式ページでダウンロードします。

互角性チェックツールのダウンロード

ファイル名は「WindowsPCHealthCheckSetup.msi」です。

ダウンロードドキュメントフォルダに保存しましょう。

チェックツールファイルの保存

 

(2)ダウンロードしたファイルをクリックしてチェックツールを起動し使用承諾契約書に同意しますにチェックを入れ⇒インストールをクリック。

インストーラーの実行

 

(3)しばらくして「WindowsPC正常性チェックはインストールされています」のダイアログが表示されたらインストールは完了です。

インストール完了

 

 

❷互換性チェックツールを実行する

 

(1)❶でインストールが完了した状態のダイアログでWindowsPC正常性チェックを開くにチェックが入っている状態で完了をクリックします。

チェックツールの起動

 

HINT
ダイアログを閉じた後ならプログラム一覧から起動して下さい。
チェックツールは「PC正常性チェック」というアプリ名なので「P」のカテゴリーにあります。

PC正常性チェックの場所

 

(2)チェックツールが起動したら今すぐチェックをクリックして下さい。

PC正常性チェックを実行

 

(3)Windows11の互換性のチェック結果が表示されます。

詳しい結果内容を見たい場合はすべての結果を表示をクリックします。

チェックツールの結果_OK版

 

(4)チェック結果の詳細が確認できます。

チェック結果の詳細

 

HINT
チェックツールの結果がNGだった場合は下記のように表示されます。

同様にすべての結果を表示で詳細を確認できます。

チェックツールの結果_NG版

 

 

チェックツールの結果がNGでも、PC設定を変更することで合格にできる場合もあるようです。

NGだった項目を改善できるかはネット検索で対処方法があるか調べてみて、実行できそうならチャレンジしてみるのも良いでしょう。

 

HINT
デバイスの仕様をクリックするとMicrosoftのWebページが開きダメ押しのチェック結果が表示されます。
ページの下の方にはWindows11に関するFAQもあるので、もっと詳しく知りたい方はそちらも確認すると良いでしょう。

デバイスの仕様

 
 
 

おまけ:超簡単なWin11アップグレード可否の確認方法

Windows Updateの画面でも、Windows11へアップグレードできるか確認できます。

Windows Updateの開き方

(スタートメニュー)⇒設定更新とセキュリティ

 

✅このPCでWindows 11を実行できます~、というメッセージが出ていればOK。

Windows Updateで確認

とりあえずアップグレードできるかできないかだけサクっと確認したい方は、この方法が一番手っ取り早いです。

 

まとめ:Win11にアップグレードできるPCの目安は?

今回は、次期の最新OSとなるWindows11に現在のWin10パソコンがアップグレードできるかチェックツールで確認する方法をご紹介しました。

ざっくり言うと、2018年後半ごろ以降のPCがWindows11にアップグレードできるボーダーラインのようです。

CPUに注目してみると、
例えばインテルCoreシリーズなら第8世代以降が目安

各社CPUメーカーの対応モデル

つまり、2018年以前の年式のパソコンは基本的にWindows11にアップグレードできないと考えるしかなさそうです。

ただし今後、それを回避してWindows11にアップグレードできる対処方法が出て来るかもしれないので、可能性に期待します。

▶【Lenovo】Windows 11に無料アップグレードできるWindows10搭載のPC
▶ 【Amazon】Win11対応 Microsoft PC

5万円以下、Win11対応 中古ノートPC

コメント

タイトルとURLをコピーしました