▶日替りお得アイテム Amazon 本日のタイムセール

Windows11へアップグレードできる?|チェックツールで確認する方法

Windows11アップグレードチェックツールWindows11
この記事は約9分で読めます。
初心者
PC初心者

自分が今使っているWindows10パソコンがWindows11にアップグレードできるか簡単に確認できる方法を知りたい…

米Microsoftは2021年8月31日、次期の最新OSとなるWindows11(ウィンドウズ・イレブン)10月5日より一般提供を開始すると発表しました。

あれ?
OSはWin10で最後って言われてなかった?

参考記事 「Windows 11」は発売されないのか? もしかしてWindows 10が最後のWindows? – OTONA LIFE

納得できない感じはありますが愚痴を言っても我々は一般ユーザーですから、Microsoftが手のひらを返してWin11を出すと言っても従うしかありません…。

Win11はWin10と比べて何が違うのかを知りたい方は下記サイトが参考になります。
参考ページ Windows11の新機能を早速試してみた!Windows 10との違いをまとめて紹介 – PC Watch

 

Windows11のリリース予定が発表された当初は、Microsoftのサイトで互換性をチェックできるアプリを提供していましたが、すぐに準備中になりダウンロードできない状態に。(2021年9月現在も準備中のまま)

Windows11チェックツール準備中

Windows11互換性チェックアプリは準備中のまま…

 

そうこうしているうちに2021年8月12日、互換性チェックアプリはMicrosoft Storeから提供されることになりました。

これで簡単にWin11にアップグレードできるか確認できる!

というわけで今回は、最新版の互換性チェックツールで現在のWin10パソコンがWindows11にアップグレードできるか確認する手順をご紹介します。

 

スポンサーリンク

Windows11:システムの最小要件

 

Microsoftが提示しているWindows11に必要なシステムの最小要件は下記になります。

項  目条  件
プロセッサ1 ギガヘルツ (GHz) 以上で 2 コア以上の64 ビット互換プロセッサまたは System on a Chip (SoC)
メモリ4 GB RAM
ストレージ64 GB 以上の記憶装置
システム ファームウェアUEFI、セキュア ブート対応
TPMトラステッド プラットフォーム モジュール (TPM) バージョン 2.0
グラフィックス カードDirectX 12 互換のグラフィックス / WDDM 2.x
ディスプレイ9インチ以上、HD解像度 (720p)
インターネット接続Windows 11 Home Edition のセットアップには Microsoft のアカウントとインターネット接続が必要です

※機能によっては特定のハードウェアが必要になるためシステム要件の詳細を確認。

 

システムの最小要件を見せられても初心者は「なんのこっちゃわからない」という人が多いと思います…。

プロセッサ・メモリ・ストレージなどの基本的な項目は判断できますが、例えばTPMなど聞き慣れないものがあり自己判断は難しいです。

チェックツールはこれらの要件を満たしているか自動で確認してくれます。

 

Windows11:チェックツールで互換性を確認する方法

Windows11アップグレードチェック

 

Windows10パソコンをWindows11にアップグレードできるか調べる手順は2ステップ。

✔Win11互換性の確認手順
  1. チェックツール「ReadySunValley」のインストール
  2. 「ReadySunValley」を実行する

 

❶チェックツール「ReadySunValley」のインストール

 

チェックツール「ReadySunValley」をMicrosoft Storeで入手します。

 

(1)Microsoft Storeアプリを起動します。

Microsoftストア起動

 

(2)Microsoft Storeが起動したら右上の検索をクリック⇒検索ボックスに「ReadySunValley」と入力(コピペ)⇒アプリ候補が出てくるので選択します。

Microsoft Storeの検索をクリック

 

ReadySunValleyを検索

 

(3)入手をクリック⇒インストールが開始されます。

ReadySunValleyを入手

 

(4)しばらくするとインストールが完了します。

ReadySunValleyインストール完了

これで準備完了です。

 

❷「ReadySunValley」を実行する

 

(1)❶でインストールした「ReadySunValley」を起動します。

ReadySunValleyの起動

 

(2)しばらく時間がかかりますが互換性チェックが実行され、結果が表示されます。

ReadySunValleyの結果

 

(3)残念ながらWindows11に非対応だった場合、ツール画面の左側には条件に満たなかった項目にバツマークが付き、画面右側には合否結果と要件に満たなかった項目の件数が表示されます。

ReadySunValleyの結果見方

 

(4)結果が表示されると同時に何かを実行するかどうかを問いかけるダイアログが出た場合ははいをクリックします。

ReadySunValleyのダイアログ

 

(5)はいのクリック後は条件を満たす項目が変化する場合があります。

ReadySunValleyの結果が改善

 

このようにバツマークの項目は、PC設定を変更することで合格にできるものもあります。

 

不合格だった項目を改善できるかネット検索で対処方法があるか調べてみて、実行できそうならチャレンジしてみるのも良いでしょう。

 

まとめ:Win11にアップグレードできるPCの目安は?

今回は、次期の最新OSとなるWindows11に現在のWin10パソコンがアップグレードできるかチェックツールで確認する方法をご紹介しました。

ざっくり言うと、2018年後半ごろ以降のPCがWindows11にアップグレードできるボーダーラインのようです。

CPUに注目してみると、
例えばインテルCoreシリーズなら第8世代以降が目安

各社CPUメーカーの対応モデル

つまり、2018年以前の年式のパソコンは基本的にWindows11にアップグレードできないと考えるしかなさそうです。

ただし今後、それを回避してWindows11にアップグレードできる対処方法が出て来るかもしれないので、可能性に期待します。

▶【Lenovo】Windows 11に無料アップグレードできるWindows10搭載のPC
▶ 【Amazon】Win11対応 Microsoft PC

5万円以下、Win11対応 中古ノートPC

コメント

タイトルとURLをコピーしました