▶おすすめモバイルノート Lenovo ThinkPad X1 Carbon SSD カメラ付
Win10ガイドブックおすすめ【3選】【USBメモリ・SDカード】の基本知識

タスクバーのカラーを黒にする|色の個人用設定|Win10

タスクバーを黒にするWindows10
この記事は約2分で読めます。

Windows10のタスクバーの色は初期状態で白になっている場合があります。

しかし白色だとちょっと目にツライという人も居るかもしれません。

よしてっく
よしてっく

これはWindows10の設定で変更できます。

今回は、Windows10パソコンの画面のタスクバーの色を黒に変更する操作手順の解説です。

※スタートメニューの背景色も一緒に変更されるのでご注意下さい。

 

スポンサーリンク

Win10:タスクバーの色を黒に変更する

(1)Windowsアイコン設定(歯車)をクリック。

START-SETTING

 

(2)個人用設定をクリック。

Windowsの設定_個人用設定

 

 

(3)のカテゴリーをクリック。

個人用設定の色

 

(4)色を選択するをカスタム⇒既定のWindowsモードをダーク⇒既定のアプリモードをライトにそれぞれチェックを入れます。

色を選択する

 

以上で設定変更は完了です。タスクバーとスタートメニューの背景色が黒色になります。

 

 

アクセントカラーを選ぶ、の効果

色カテゴリー画面の下の方にアクセントカラーを選ぶという項目もあります。

アクセントカラーはタスクバーの背景色ではなくアイコンパネルの背景色になります。

アクセントカラーを選ぶ

 

また、ユーザー設定の色をクリックでカラーパレットから選ぶこともできるので、自分だけの配色が楽しめます。

カラーパレットで選ぶ

 

個性を出したい人はアクセントカラーの変更も試してみて下さい。

カラーパレットの変更例

 

 

タスクバー文字色が黒で見えない場合

タスクバーの背景色を黒くしたのに、文字色も黒のままで文字が見えなくなってしまう場合があります。

その状態だとアプリのタイトルや時計もろくに見えないのでとても不便です。

タスクバー文字色が黒い

その場合の対処方法をご紹介します。

 

(1)デスクトップ上で右クリックメニュー個人用設定をクリックします。

個人用設定を開く

 

(2)左ペインでテーマの管理画面に切り替え、テーマの変更のカテゴリーに用意されているテーマをどれでも良いのでクリックして下さい。

テーマの変更

 

(3)これでタスクバーの文字が白くなります。

タスクバー文字色が白くなった

タスクバーの文字色を黒や白に変更する方法は他にもあるかもしれませんが、私の場合はこれで解消できました。

Windows10のちょっとしたバグのようなものかもしれません。

 

以上です、最後まで閲覧ありがとうございました。

コメント