▶【3/1~】Amazon新生活セールの対象品をチェック
スポンサーリンク

ページにプロモーションが含まれる場合があります。

Windows Updateの自動更新を停止(無効化)する方法|Win10

スポンサーリンク

Windows10のWindows Update自動更新を無効化して停止させる設定方法をご紹介します。

Windows Updateは「更新を7日間一時停止」や「最長1ヶ月くらいの一時停止」はできますが、今回は無期限で停止させる方法です。

Windows Updateの一時停止

Windows Updateの一時停止

 

Win10は、エディションがHomeかProがありますが、ここではProの場合の解説です。

ちなみに自分のWin10エディションを確認するには、

スタートメニュー右クリック>「システム

で表示されるWindowsの仕様を見て下さい。

Windows10エディションの確認

Windows10エディションの確認

関連 【Windows10】PC型番の調べ方|デバイス名や仕様の確認方法

 

Win10:Windows Update自動更新を無効化する

(1)スタートメニュー右クリック>「ファイル名を指定して実行」を選択します。

Windowsアイコンのファイル名を指定して実行

 

(2)ファイル名を指定して実行のダイアログが出るの名前のところに「gpedit.msc」と入力して「OK」をクリックします。

gpedit_mscを起動

gpedit_mscを起動

 

(3)ローカルグループポリシーエディターが表示されるので、左側のフォルダ階層を

コンピュータの構成 管理用テンプレート WindowsコンポーネントWindows Update

の順番で開き、最後の「Windows Update」フォルダを選択した状態にします。

Windows Updateフォルダへ移動

Windows Updateフォルダへ移動

 

(4)Windows Updateフォルダを選択すると右側に実行プロプラムの一覧が表示されます。

Windows Updateフォルダの中身

Windows Updateフォルダの中身

この中の、

  • 自動更新を構成する
  • 推奨される更新の自動更新を有効にする

の、2項目を無効化します。

無効化する2つのプログラム

無効化する2つのプログラム

 

(5)変更する項目をマウスでダブルクリックします。

ダブルクリック

ダブルクリック

 

(6)設定ウィンドウが開くので、左上にある「無効」にチェックを入れて「OK」をクリックします。

プロプラムの無効化

プロプラムの無効化

 

(7)一覧のほうの状態が、未構成から「無効」に変わればOKです。

無効化が完了

無効化が完了

 

この手順で「自動更新を構成する」と「推奨される更新の自動更新を有効にする」の2項目を無効化したら設定ウィンドウを閉じてOKです。

2項目を無効化

2項目を無効化

 

これでWindows Updateの自動更新を無期限で停止させることができました。

今回の設定を実行後にWindows Updateの管理画面を見ると、赤文字で

一部の設定は組織によって管理されています

のメッセージが記載されます。

一部の設定は組織によって管理されています

一部の設定は組織によって管理されています

 

無効化を解除して元に戻したいときは同様の手順で設定ウィンドウを開き「未構成」に設定してください。

無効化を解除する場合

無効化を解除する場合

 

もし無効化の設定が解除されてしまったときは同様の手順を再度行って下さい。

以上です、最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました