≫ Amazonの聴く読書~Audible~ 30日無料体験

【解決】送信されたURLにnoindexタグが追加されています|カバレッジの問題|WordPress

WordPress_カバレッジの問題を解決する方法_sitemap編WordPress
初心者
初心者

Google Search Consoleからメールが来た。「サイトでカバレッジの問題が新たに検出されました」って言われても何のことだかサッパリわかりませんけど…。どうすればいいの?

そんなお悩みを解決します。

 

今回は「サイトでカバレッジの問題が新たに検出されました」という内容のメールがGoogle Search Console(グーグルサーチコンソール)から届き、その原因が「sitemap.html」だった場合の対処方法をご紹介します。

 

スポンサーリンク

[サイトでカバレッジの問題が新たに検出されました]の内容を確認

虫眼鏡

 

(1)Google Search Consoleから届いたメールのメッセージにカバレッジの問題を解決するのリンクボタンがありますのでクリックします。

Google_カバレッジの問題が検出されましたのメール内容

 

(2)Google Search Consoleのページに移動します。

「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」という記載がありステータスはエラーとなっています。

該当ページは「1」件。

Google_送信されたURLにnoindexタグが追加されていますのページ

 

 

(3)ページの下に該当ページのURLが記載されています。

「https://yoshitechblog.com/sitemap.html」となっており、どうやら「sitemap.html」というページが今回のエラーの原因となっているようです。

Google_noindexページのURL

 

 

[sitemap.html]はGoogle XML Sitemapsが生成している

コントロールパネル

 

調べてみると「sitemap.html」というのは「Google XML Sitemaps」が自動生成しているページ(データ?)とのこと。

ちなみに「Google XML Sitemaps」はGoogle検索エンジン向けのサイトマップ作製用プラグインで、おそらくほとんどのWordPress使用者はインストールしているはずです。

関連記事 XMLサイトマップの必要性と導入方法|WordPress

 

これは「Google XML Sitemaps」からGoogleに自動送信される「sitemap.html」というデータに「noindex」を指示するタグが含まれている為にGoogle側がエラー扱いにしている状態ということが解りました。

 

noindex(ノーインデックス)とは?Googleの検索エンジンのデータベースに登録(index)しないことを言います。例えば内容が無い「お問い合わせフォーム」のページは登録(index)すると逆にSEO評価が下がると言われているので登録しない(noindex)としたほうが良いとされています。
参考記事 noindexでSEO対策!効果的な使い方や設定方法をご紹介|デジmag.

 

XML Sitemapsから送信される[sitemap.html]はnoindexで良いのか?

お手上げの人

 

結論から言うと[sitemap.html]はnoindexのままで良いです。

つまり「別にこのまま何も対策しなくても良い」という事になります。

 

この現象でGoogleから来たメールの内容を解りやすく言いかえると、

Google氏
Google氏

あなたのサイトから送信されてくる情報の中でnoindex扱いになっているページがあるけどホントにそれでいい?
indexしなくてもいいんですか~?

といった「確認のメール」と考えて良いです。

 

不具合は無いようですが、サーチコンソール上でエラーが存在する状態は気分的にもモヤモヤしますし、もしかしたら後々重大な不具合に発展するかもという不安があるので解除したいですよね。

 

この状態は[sitemap.html]をGoogleのindexの判断対象から除外することで解決します。

 

対処方法:Google XML Sitemapsの設定を変更

サイト管理者

 

(1)WordPress管理画面(ダッシュボード)の設定XML-Sitemapをクリックします。

WP_設定のxmlsitemapをクリック

 

(2)「XML Sitemap」の設定画面で基本的な設定HTML形式でのサイトマップを含めるチェックを外して無効にします。

WP_xmlsitemaのHTML形式でのサイトマップを含めるを無効にする

 

(3)一番下にスクロールし設定を更新をクリックします。

WP_xmlsitemaの設定を更新

 

これで設定変更は完了です。

 

対策作業はとても簡単ですが設定の変更はGoogleが検証するまでは反映されません。

サーチコンソール上のエラー状態はそのまましばらく続きます。

 

 

XML Sitemapsの修正がGoogleに反映するまで1週間

カレンダーと時間のイメージ画像

 

「XML Sitemap」でHTML形式でのサイトマップを含めるを無効に設定してもすぐにはGoogleサーチコンソールに反映されません。

私の場合は約1週間かかりましたのでそれくらいの日数はかかると思って気長に待ちましょう。

 

カバレッジ問題が修正されるとGoogleからメールが来ます

メール受信のイメージ画像

 

(1)XML Sitemapsの設定がGoogleで確認されるとカバレッジの問題が修正された内容のメールが届きます。

Google_カバレッジの問題が修正されたメール

 

(2)メール内のリンクをクリックしてGoogleサーチコンソールの管理画面を確認しましょう。

Google_カバレッジの問題が修正されたメール本文

 

(3)検証が合格になって、エラーの該当ページも0になりました。

Google_カバレッジの問題が修正された画面

 

拡大↓

Google_カバレッジの問題が修正された画面拡大

 

よしてっく
よしてっく

これで対策作業と修正の確認は完了です。
気分的にもスッキリします!

 

まとめ:知識ゼロでもGoogle検索(ググる)で解決できる

今回は「サイトでカバレッジの問題が新たに検出されました」というメールがGoogleから届き、その原因が「sitemap.html」だった場合の対処方法をご紹介しました。

今回の件は、

  • カバレッジ
  • noindex
  • sitemap.html

などの、普段聞き慣れないキーワードが多すぎてGoogleから何を言われているのかも良く解らない状況からのスタートでした。

もちろん自分の知識だけでは解決まで辿りつけないので、Google検索でいろいろな先人の知恵を借りて内容を理解し、解決することができました。

Google検索(ググる)という行動の習慣があれば知識ゼロでも問題解決できます。

やはりGoogle検索は便利ですね。

コメント