USBメモリ・SDカードの種類や基本知識を解説【パソコン周辺機器】

パソコン

 どうも、よしてっくです。(@yoshi_tech_01)

パソコン周辺機器の中で、 「USBメモリ」や「SDカード」などの【記憶媒体は、データ保存や移動のサポートに大きく役立つ代表的なアイテムです。

パソコン同士や、スマートフォンとパソコン間などでデータ移動する際にはとても重宝します。

すぐ使う用途がなくても、それぞれひとつは持っておくのがベストです。

そんな普段なにげなく使用している「USBメモリ」や「SDカード」ですが、見た目の形は同じでも規格やグレードがあり、性能に違いがあります。

よしてっく
よしてっく

自動車でもグレードで走行性能は違いますよね!

家電量販店などで販売されている「USBメモリ」や「SDカード」ですが様々な種類があり、どれを購入するべきか迷うことが多いですよね。

そこで今回は、パソコン周辺機器の基礎知識として、「USBメモリ」と「SDカード」の種類についてまとめてみました。

★「USBメモリ」や「SDカード」それぞれの基本的な違いを表現するにあたって今回は、下記の「3つの違い」についてご紹介していきます。

①形状の違い
②データ容量の違い
③転送スピードの違い





コメント