HDMI フルHD モニター が タイムセール
スポンサーリンク

ページにプロモーションが含まれる場合があります。

【Cocoon・アナリティクス】自分のアクセスをカウントしない(除外する)設定方法|WordPress

スポンサーリンク

Cocoonテーマにはアクセス解析の機能があり、アクセス数をカウントしてサイト上に表示してくれます。

参考 アクセス集計機能の説明 | Cocoon

しかし、自分の閲覧がアクセスカウントされると正確な数字にならず、ちゃんとした自己評価ができませんよね。

特にブログ開設初期はアクセス流入が無く、除外しないとほとんどのアクセス数が自分の閲覧になるので「ぬか喜び」になることがよくあります。

Cocoonの設定とGoogleアナリティクスの設定を実施するので、アナリティクス登録が済んでいる前提で解説していきます。

※スマホのアクセスには非対応です。対象はPCのみとなります。

 

WordPress:自分のアクセスを除外する方法

自分のアクセスを除外する設定は、Cocoon設定とアナリティクス設定を両方実施します。

  • Cocoon:アクセス解析設定
  • アナリティクス設定:内部トラフィックの定義

それぞれ解説します。

 

Cocoon:アクセス解析設定

(1)WordPressダッシュボードでCocoon設定を開き「アクセス解析・認証」タブをクリックして表示を切り替えます。

(2)最上部の「アクセス解析設定」の「サイト管理者も含めてアクセス解析する」のチェックを解除します。

Cocoonのアクセス解析設定

Cocoonのアクセス解析設定

(3)「変更をまとめて保存」します。

Cocoon設定は以上です。つづいてアナリティクスの設定に進んでください。

 

アナリティクス設定:内部トラフィックの定義

(1)除外したいアクセスのIPアドレスを調べるため、除外したい端末で「CMAN」にアクセスします。

(2)「CMAN」のWEBページが表示されます。「あなたの利用しているIPアドレス」の下にあるのが自分のアクセスしているIPアドレスなのでコピーしてメモ帳アプリなどに一旦貼り付けておきます。

CMANでIPアドレスを確認

CMANでIPアドレスを確認

 

(3)「Googleアナリティクス(GA4)」にログインし、画面左下の「管理」(歯車アイコン)をクリックします。

アナリティクスの管理へ

アナリティクスの管理へ

 

(4)「データの収集と修正」>「データストリーム」を選択します。

データストリームへ

データストリームへ

 

(5)設定したいサイトを選択します。

設定したいサイトを選ぶ

設定したいサイトを選ぶ

 

(6)サイトの詳細画面が出るのでGoogleタグの「タグ設定を行う」をクリック。

Googleタグ設定へ

Googleタグ設定へ

 

(7)タグ設定の画面になるので、「もっと見る」でメニューを展開します。

もっと見るをクリック

もっと見るをクリック

 

(8)展開したメニューの「内部トラフィックの定義」を選択します。

内部トラフィックの定義へ

内部トラフィックの定義へ

 

(9)内部トラフィックルールの管理画面が出るので右上の「作成」をクリックします。

内部トラフィックルールの作成へ

内部トラフィックルールの作成へ

 

(10)「内部トラフィックルールの作成」画面になるので、

❶、ルール名:会社、自宅、など自分がわかりやすい名称を入力。

❷、マッチタイプ:「IPアドレスが次と等しい」にする。

❸、IPアドレスの値:「CMAN」で取得したIPアドレスを入力。

❹、入力できたら右上の「作成」ボタンをクリックします。

トラフィックルール作成項目の入力

トラフィックルール作成項目の入力

HINT
入力状態が閉じてしまった場合は、右上の「🖊」ペンマークをクリックで編集モードになります。
編集モードに

編集モードに

 

(11)これで、新たな内部トラフィックルール(IPアドレス除外)が作成できました。ルール一覧に追加されます。

内部トラフィックルールの完成

内部トラフィックルールの完成

いろいろな場所でアクセスするなら、それぞれIPアドレスを確認してトラフィックルールを追加作成しましょう。

以上です、最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました