≫ Amazon 5日間のBigSale ▶ブラックフライデ-&サイバーマンデ-

【SEO】メタディスクリプションの書き方【Cocoon設定】

メタディスクリプションの書き方とCocoon設定WordPress
この記事は約10分で読めます。
初心者
初心者

WordPressのメタディスクリプションって何?
どうやって設定すればいい?

そんな疑問にお答えします。

よしてっく
よしてっく

メタディスクリプションを上手く活用すれば、検索エンジンからのアクセスアップと回遊率アップが期待できます。

ここでは、メタディスクリプションの解説と書き方のコツ、WordPress・Cocoonテーマでの設定方法をご紹介します。

 

スポンサーリンク

メタディスクリプションとは⇒記事の要約文の情報

メタディスクリプションとは

メタディスクリプションとは、記事の要約文(概略文)の情報です。

もっと簡単に言うと、記事の内容を解りやすくまとめた短い説明文のこと。

ディスクリプションとは、記述、描写、説明、表現などの意味を持つ英単語。HTMLでWebページを作成する際、検索エンジンなどが適切にページの内容を把握できるようmetaタグ(メタタグ)でそのページの説明を記述したものをメタディスクリプションと呼び、これをディスクリプションと略すことが多い。

IT用語辞典 e-Words】 -より引用

 

具体的には、検索エンジンの検索結果で表示される各記事のタイトル下の説明の部分になります。

メタディスクリプションの例

メタディスクリプションの例

 

ちなみに、メタディスクリプションのことをスニペットとも言います。(単にディスクリプションとも)

スニペット(英語: snippet)とは、「断片」という意味で、再利用可能なソースコード、マシンコード、またはテキストの小さな領域を表すプログラミング用語である。

ウィキペディア(Wikipedia)】 -より引用

 

メタディスクリプションの語源

メタディスクリプションの語源

メタディスクリプションの語源も知っておくと理解が深まります。

メタディスクリプションの言葉はメタ(meta)ディスクリプション(description)に分けることができます。

メタ(meta)=META-information(メタ・インフォメーション)の省略語
 意味⇒ ブラウザや検索ロボットにページの情報を知らせるためのタグ。
ディスクリプション(description)
 意味⇒ 説明、解説

つなげると「ブラウザや検索ロボットにページの情報を知らせるための説明文」ですね。

よしてっく
よしてっく

語源は真面目に覚えなくてもいいです。

誰かに詳しく説明を求められたとき用に、IT用語のうんちくとして紹介しました。

 

メタディスクリプションの重要性⇒SEO効果なし?

メタディスクリプションの重要性

Googleはメタディスクリプションを検索順位を決める要素にするという公言はしていません

初心者
初心者

じゃあ、メタディスクリプションは別に設定しなくてもいいのでは?

Googleが検索順位にメタディスクリプションの情報を使っていないなら「設定するのは無駄」と考えるのは間違いです。

よしてっく
よしてっく

メタディスクリプションは対GoogleのSEO対策ではなく、対ユーザーへのSEO対策です。

 

ディスクリプションが対ユーザーSEOとは?

メタディスクリプションは対ユーザーSEO

冒頭で紹介したようにディスクリプションは、検索エンジンの検索結果で表示される記事の説明文です。

よしてっく
よしてっく

ユーザーは検索エンジンの結果から、タイトルや説明文を見てどの記事を見る(クリックする)かを決めることが多いはず!

ユーザーが求めている答えが書いてそうかを判断するのは、記事タイトルや説明文(ディスクリプション)なので、より魅力的な文章ほどクリック率(CTR)が上がります。
キャリアウーマン
キャリアウーマン

つまり、魅力的なディスクリプションにすることはユーザー向けのSEO対策ね!

検索エンジンからのアクセスを伸ばす手段として重要性は高いと言えます。

 

 

メタディスクリプションの書き方のコツ:4つのポイント

メタディスクリプションの書き方

メタディスクリプションの書き方のコツを4つのポイントで解説します。

  1. 文字数を120文字前後にまとめる
  2. キーワードを入れる
  3. メリット・デメリットを書く
  4. 答えを出しきらない

 

❶文字数を120文字前後にまとめる

これは、検索エンジンで表示されるディスクリプションが120文字前後までしか出ないから。

よしてっく
よしてっく

長文を書いても表示されなければ意味がありません。

この表示される文字数は、流動的なので目安が120文字ととらえてください。

さらに、スマホだとその約半分の50~70文字となります。(これも流動的)

 

 

❷キーワードを入れる

狙っているキーワードを入れましょう。

ユーザーが目的としているキーワードが目に付くことでクリック率(CTR)が上がります。

 

さらに、

例えばワードプレスの●●の設定方法について…なら、

ワードプレス(WordPress)の●●の設定方法について…

といったように英語も入れることで英語での検索にもヒットするようになります。

 

 

❸メリット・デメリットを書く

ディスクリプションにメリットやデメリットを書くことで、ユーザーの読みたくなる(読まないと損をする)意欲を高めます。

  • この記事内容を実践すれば●●ができる(解決する)。
  • この記事内容を実行しないと●●な不具合が起きて損をする。

など、心理的なライティングテクニックを使います。

 

 

❹答えを出しきらない

これも、少しライティングのテクニックが必要かも。

悪い例:●●の不具合が発生しましたが、▲▲の操作をしたら直りました。

と書いたら、ディスクリプションを見ただけでユーザーの問題が解決してしまい、記事をクリックして訪問してもらえません…。

良い例:●●の不具合を解決できたのは驚きの方法でしたので紹介します。

のほうが、記事を見ないと解決できないのでクリックされやすい。

 

メタディスクリプションの簡単な書き方

メタディスクリプションの簡単な書き方

ディスクリプションは本文の抜粋なので、その為の新たな文章を1から考える必要はありません。

本文内の「導入文」や「まとめ」の文章の一部をまさに「抜粋」して120文字前後になるように調整するだけで完成。

「書く」というよりは文字数を削るだけ。

よしてっく
よしてっく

メタディスクリプションを先に書く人はいないと思うので、ネタはすでに完成した本文や頭の中にあるはず。

私の場合、メタディスクリプションは導入文を文字数120文字前後に調整するパターンですが、けっこう無駄な言葉があることもここで気が付いたりします…。

 

Cocoon:メタディスクリプションの設定方法

メタディスクリプションのCocoon設定

WordPressでは通常、メタディスクリプションを設定するためにはプラグインが必要ですが、テーマによっては機能が備わっています。

Cocoonはメタディスクリプションを設定する機能があるのでプラグインは不要。

メタディスクリプション機能が無いテーマでも「All in One SEO Pack」が入っていればOK。※ちなみにCocoonにはAll in One SEO Pack自体が不要です。

 

(1)投稿画面の下にあるSEOというメニューの中のメタディスクリプションの項目に説明文を書き込みます。

Cocoonのメタディスクリプション

 

SEOメニューが無い場合は画面上部の表示オプションで展開した中のSEOにチェックを入れます。
WordPressの表示オプションからSEOを有効にする

使っていないメニューがあったらついでにチェックを外しても良いですね。

 

 

(2)上のカウンターで文字数が解かるので120文字前後になるように書きます。

メタディスクリプションの記入例

 

(3)ついでに上部のSEOタイトルには記事タイトルをコピペします。

CocoonのSEOタイトル

 

(4)それ以外の項目は何も設定しなくてOKです。

CocoonのSEO設定完了

 

(5)メタディスクリプションが設定できたら記事を下書き保存又は更新して下さい。

記事の下書き保存または更新

 

SEOメニューが邪魔な場合はメニュー右上のクリックで小さく格納できます。(他のメニューも格納可)
CocoonのSEOメニューを格納

 

以上で、Cocoonのメタディスクリプション設定は完了です。

 

WEBツールでディスクリプションを確認する

メタディスクリプションをWEBツールで確認

設定したメタディスクリプションがWEB上で反映しているか確認するにはSEOチェキ!(セオチェキ)を使うと簡単です。(無料ツール)

 

(1)SEOチェキ!にアクセスします。

SEOチェキホームページ

 

(2)URLボックスに確認したい記事のURLを入力し チェックをクリックします。

SEOチェキURLを入力

 

(3)ページ情報の欄で現状のディスクリプションを確認できます。

SEOチェキのページ情報ディスクリプション

 

SEOチェキ!(セオチェキ)は記事の順位チェックができる便利サービスですので、使ったことがない人はブックマーク推奨。

 

 

設定したディスクリプションが表示されない⇒気にしない

メタディスクリプションが表示されない

設定したはずのディスクリプションがWEBの検索結果に表示されないことがあります。

よしてっく
よしてっく

これは、メタディスクリプションが反映されてないわけではなくGoogleの判断でやっていることです。

Googleは検索されたキーワードによって表示するディスクリプション(スニペット)の内容を使い分けています。

Google氏
Google氏

キーワードに対してより適した文章を抜粋しよう!

 

キーワードによるディスクリプションの違いの例を3パターン下記に紹介。どれも同じ記事です。

Outlook , 検索ボックス , 消えた
でのキーワード検索結果

キーワード別のディスクリプション表示例_1

キーワード【Outlook , 検索ボックス , 消えた 】

 

Outlook , 検索ボックス , 変更
でのキーワード検索結果キーワード別のディスクリプション表示例_2

キーワード【Outlook , 検索ボックス , 変更】

 

Outlook , 検索ボックス , 表示
でのキーワード検索結果

キーワード別のディスクリプション表示例_3

キーワード【Outlook , 検索ボックス , 表示】

 

検索キーワードの3語目が「消えた」「変更」「表示」の違いでディスクリプションもキーワード(または表現が近い言葉)が入った文の周辺が抜粋されています。

 

ディスクリプションはコントロールできない

メタディスクリプションはコントロールできない

検索結果で表示されるディスクリプションは我々にはコントロールできません。

あくまでGoogle次第で、設定したメタディスクリプションが反映されなくてもどうすることもできないので深く考えなくて大丈夫です。

初心者
初心者

せっかく設定してもGoogle次第だったら、なおさらメタディスクリプションって設定する必要ないんじゃない?

確かにそれも一理あります。

メタディスクリプション設定で検索流入にどれほどの効果があるかは未知数ですが、Googleのアルゴリズムは日々進化・仕様変更します。

Google氏
Google氏

やっぱメタディスクリプションを検索順位の要素に入れようっと!

可能性は低いですがある日突然そうなった場合、過去記事に全てのメタディスクリプションを設定するのは膨大な作業に…。

繰り返しますがディスクリプションは対ユーザー向けのSEO対策なので、設定したディスクリプションが表示されれば、設定していない記事よりクリック率(CTR)は高いはずです。

よしてっく
よしてっく

可能性が少しでもあるなら、できることはやりましょう!

 

ディスクリプション:その他の役割⇒回遊率アップ

メタディスクリプションのその他の役割

ディスクリプションはサイト内のエントリーカードのスニペット(説明文)にも使われます。

Cocoon_ブログのスニペット

サイト内のエントリーカードや関連記事の説明文には、Googleのさじ加減は介入しないので、設定したメタディスクリプションの文章がちゃんと反映されます。

よしてっく
よしてっく

ユーザーの興味を惹く説明文なら、サイト内の回遊率アップが期待できます。

メタディスクリプションが未設定だと「こんにちは!●●です!」などの内容に関係ない無駄なテキストが表示されてしまいます。

 

 

まとめ:メタディスクリプションでPV向上

今回は、メタディスクリプションの解説と書き方、WordPress・Cocoonテーマでの設定方法をご紹介しました。

よしてっく
よしてっく

ブログをやっていると聞きなれない横文字が出てきて拒絶反応を起こしがちですが、食わず嫌いせずにググって自分のモノにしましょう。

知らないでいると過ぎた時間の分だけ損をする場合もあります。

関連記事 【Cocoon】エントリーカードのスニペット(説明文)を非表示にする

コメント