≫ Amazon プライム会員ならXマスプレゼントも即日発送

ブログにサムネイル画像付のリンクを貼る方法|WordPress

WordPress_サムネイル画像付きのリンクを貼るWordPress
この記事は約3分で読めます。

ブログを構築しているうちに、お勧めしたいサイトやページを「内部リンク」や「外部リンク」を貼って紹介することが多くなってくると思います。

リンクは文字だけの「テキストリンク」がありますが、文章の途中にただ挿入した場合、あまり目立たずに読者に見過ごされてしまうこともあるかもしれません。

枠で囲ったりと装飾する手段もありますが、もっと簡単に目立つリンクを貼ることができます。

たまにサイトで「サムネイル画像」が付いたリンクを見かけることがあると思いますが、WordPressではそういったリンクを簡単に作成することができます。

下記のようなサムネイル画像付きのリンクが貼れます。

【USBメモリ・SDカード】知っておきたい3つの基本知識
パソコンアクセサリー定番アイテムであるUSBメモリやSDカードですが見た目の形は同じでも規格やグレードがあり性能に違いがあります。今回はUSBメモリとSDカードの基本知識について簡単にまとめました。おすすめの関連グッズも紹介します。

今回は、WordPressブログの記事内にサムネイル画像付きのリンクを貼る方法をご紹介します。

 

スポンサーリンク

WordPress:サムネイル画像付きのリンクを貼る

 

★現在のWordPressでは、特別なプラグインをインストールしなくても画像付きのリンクを貼ることができます。

※WordPressのバージョンやプラグインによって表現が違う場合がありますがご了承ください。

 

 

手順① ブログの記事投稿画面上で、「クラシックの追加」ボタンをクリックしてください。

 



 

手順② 「リンクの挿入」アイコンをクリックしてください。

 



 

手順③ 「歯車マーク」をクリックしてください。

 



 

 

手順④ URLのボックス内にリンクしたいURLを貼り付けて、「リンク追加」をクリックしてください。

(リンクを新しいタブで開くのチェックはお好みで。)

※ここで重要なのは、「リンク文字列」のボックスには何も入力しないことです。

 





 

 

 

手順⑤ 編集画面内では、文字列のみで表示されますが、これでOKです。

記事の編集を保存して、実際のブログページで確認してみてください。

 

↑パーマリンクの設定前だったのでゴチャゴチャしたURLですいません…。

 

手順⑥ 下記のようなサムネイル画像付きのリンクを設置できたと思います。

 

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 2b18993fb7d56de7153c9251f1754682.png です

まとめ:リンクの種類はバランスを考えて使い分ける

今回はWordPressブログの記事内に、サムネイル画像付きのリンクを貼る方法をご紹介しました。

テキストのリンクよりもアピール度が高いですので、見過ごされることも少なくなると思います。

文字が多い記事の場合にはアクセントにもなってサイト全体のバランスを考える時にも役立ちますので、良かったらお試しください。

コメント

  1. Serverless Framework 学習リンク集 | ToToLeLe World より: