▶【3/1~】Amazon新生活セールの対象品をチェック
スポンサーリンク

ページにプロモーションが含まれる場合があります。

PowerPoint ビューアー廃止|代替ソフト【PPTX Viewer】のインストール方法と使い方

スポンサーリンク

PowerPointがPCにインストールされていなくてもパワーポイントのファイルを閲覧できるビューアーソフト「PowerPoint Viewer」 は、2018年 4月 30日に廃止されました。

参考 PowerPoint を使用せずにプレゼンテーションを表示する – Microsoft サポート

いまだにPowerPoint Viewerを提供しているサイトも見られますが『Microsoftに管理されていないアプリはちょっと不安』という人もいると思います。

マイクロソフト以外のPowerPointビューワーは危険かも

マイクロソフト以外のPowerPointビューアーは危険かも

無料Officeを導入している人はそちらのPowerPointで開くことができますが、何らかの理由で導入していない人もいるかと思います。

参考 無料の Microsoft 365 オンライン | Word、Excel、PowerPoint

そこで今回は、「PowerPoint Viewer」の代わりとして比較的簡単に導入できる無料ビューアーソフト「PPTX Viewer」の導入方法と使い方をご紹介します。

ちなみに「PPTX」は、パワーポイントのファイル拡張子です。

 

powerpoint viewer の代わり『PPTX Viewer』インストール手順と使い方

PPTX Viewerは無料で入手できます。

  • PPTX Viewerのインストール手順
  • PPTX Viewerの使い方

それぞれ解説します。

 

PPTX Viewerのインストール手順

(1)プログラム一覧から、Microsoft Storeアプリを起動します。

Microsoft Storeを起動

Microsoft Storeを起動

 

(2)Microsoft Storeの検索で「PPTX Viewer」と入力すると出てくるので選択します。

PPTXビューワーアプリの検索

PPTXビューアーアプリの検索

 

(3)「入手」ボタンをクリック。インストール完了までしばらく待ちます。

PPTX Viewerを入手する

PPTX Viewerを入手する

 

(4)「入手」ボタンが「開く」になったらインストール完了です。

PPTX Viewerインストール完了

PPTX Viewerインストール完了

HINT

PPTX Viewerはプログラム一覧の「P」のカテゴリーにあります。

PPTXVアプリの場所

PPTXVアプリの場所

スタートメニューにピン留め、などしておくと素早く起動できるようになります。

 

PPTX Viewerの使い方

(1)PPTX Viewerを起動すると下記のようなウィンドウが表示されます。

PPTX Viewerの基本画面

PPTX Viewerの基本画面

 

(2)左メニューの「」クリックで展開し「オープンファイル」を選択します。

パワーポイントのファイルを開く

パワーポイントのファイルを開く

 

(3)エクスプローラーが起動するので開きたいパワーポイントファイルを選択して「開く」をクリック。

パワーポイントのファイルを開く

パワーポイントのファイルを開く

 

(4)パワーポイントのファイルが閲覧できます。

PPTX Viewerでパワーポイントを閲覧

PPTX Viewerでパワーポイントを閲覧

 

パワーポイントのファイルを直接ダブルクリックでも開けるので、使用状況に合わせた使い方を選んでみてください。

ダブルクリックで開く

ダブルクリックで開く

 

注意点として、PPTX Viewerは印刷ができません。

他の形式ファイル(画像やPDF)に変換するメニューは有料アップグレードが必要になります。

形式変換は有料アップグレードが必要

形式変換は有料アップグレードが必要

どうしても印刷したいなら、画面スクリーンショット機能などを駆使するしかないようです。

関連 進化版スクリーンショット|画像の指定範囲を切取る|Windows10

 

無料のまま使うなら、あくまで閲覧(ビューアー)機能だけになるのでご注意ください。

例えば、PowerPointファイルを受け取ったけどPCに開けるアプリがインストールされてなくて「とりあえず閲覧だけでもすぐにしたい」という人にはマッチするアプリです。

以上です、最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました