6/16(日)は『父の日』Amazon ギフト特集で感謝の贈り物

ページにプロモーションが含まれる場合があります。

Outlookで添付ファイルのプレビューをオフ(無効)にする方法

Outlookでメールに添付されているエクセルやPDFなどのファイルは、プレビューエリアで内容の確認ができます。

しかし、添付ファイルをワンクリックするだけでプレビューが表示されるので、意図しないときに表示されるのはうっとうしいと感じる人もいると思います。

Outlook添付ファイルのプレビュー機能

Outlook添付ファイルのプレビュー機能

 

特別にOutlookでのプレビューが必要ないという人のために、機能をオフにする手順をご紹介します。

 

Outlook:添付ファイルのプレビュー機能をオフにする設定

(1)Outlook上部メニューの「ファイル」をクリックします。

Outlook_タブメニューのファイル

Outlook_タブメニューのファイル

 

(2)左メニューの「オプション」をクリックします。

Outlook_設定のオプション

Outlook_設定のオプション

 

(3)Outlookオプションのウィンドウが出るので左メニューの「トラストセンター」を選択します。

Outlookオプションのトラストセンター

Outlookオプションのトラストセンター

 

(4)画面が変わるので「トラストセンターの設定」をクリックします。

トラストセンターの設定へ

トラストセンターの設定へ

HINT
Outlookのバージョンによって「トラストセンター」は「セキュリティセンター」と表記されている場合があります。

 

(5)トラストセンターのウィンドウが出るので、左メニューの「添付ファイルの取り扱い」を選択します。

添付ファイルの取り扱い設定へ

添付ファイルの取り扱い設定へ

 

(6)「添付ファイルとドキュメントのプレビュー」項目の「添付ファイルのプレビューをオフにする」にチェックを入れ右下の「OK」をクリック。

プレビューをオフにするにチェックを入れる

プレビューをオフにするにチェックを入れる

 

(7)トラストセンターのウィンドウがまだ表示されていると思うので、もう一度「OK」をクリックすると閉じます。

Outlookオプションを閉じる

Outlookオプションを閉じる

 

(8)設定を反映させるために、Outlookを閉じてもう一度アプリを起動してください。

Outlookアプリを再起動

Outlookアプリを再起動

これで、添付ファイルのプレビュー機能がオフになりました。

 

再度プレビュー機能を戻したい場合は、同様の手順でチェックを解除してください。

以上です、最後までお読みいただきありがとうございました。

▶Outlook関連その他の記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました