感染しない・広げないために|新型コロナウイルスまとめ情報サイトへ

セル内で改行して2行以上の文字を入力する方法|Excel

Excel_セル内で改行して2行以上の文字を入力するMicrosoft Office

Excelで資料などを作成する中で1つのセルの中にある文章を改行して上下2段に分けて表示したいというケースも出てくるかと思います。

そこで今回は、Microsoft Excel1か所のセルの中で文章の改行を行う操作方法をご紹介します。

文章を2段に分けてセル幅を縮めたいけどセルの行を増やしたくないといった状況で役に立つ基本テクニックです。

Excelのバージョンに関係なく使える方法となりますので応用してみてください。

 

Excel:セル内で文章を改行する操作方法



★例として、「パソコンの基礎知識」という文章が1つのセルに入力されていて、「パソコンの」で改行し、下段に「基礎知識」と2段に分けたいとします。



手順① 文章を入力済の場合は、文章を編集できる状態で上下に分けたい(改行したい)境界部分にカーソルを合わせます。



手順② キーボードの「Alt」(オルトキー)を押しながら「Enter」キーを押します。



手順③ セル内での改行ができました。



Point文章を入力しながら改行したい場合は、改行したい所で「Alt」+「Enter」キーを押せば「セル内の改行」ができて、続けてそのまま入力できます。

ちなみに、改行は2段以上でもできますので状況によってお試しください。




セルの高さを広げれば、3段でも4段でも入力して表示できます。

 

まとめ:セル内の改行でレイアウトの幅が広がる

今回は、Excelで、1か所のセルの中で改行を行う方法をご紹介しました。

パソコンでメールなどの文章入力では、「Enter」キーで改行が普通ですが、Excelの場合はセル内で「Enter」キーを押すと入力が確定されてアクティブセルが下段に移動するだけで、「改行」とはなりません。

文章を2段にするためにセルの行を1段増やすという選択肢もありますが、それでは行全部が2段になってしまい、隣のセル等との関係上「構成を崩したくない」といった場合もあります。

こういった小技的なテクニックも、知っているといないとでは、資料のクオリティや作業効率に地味に影響してきますので、いつでも使えるようにしておきましょう。

【関連記事】

Excel, Word, PowerPoint の基本フォントを変更する方法

クイックアクセスツールバー活用で作業効率化【Excel 2016 】

印刷プレビューを最速で表示させる方法【Excel2016】

コメント