6/16(日)は『父の日』Amazon ギフト特集で感謝の贈り物
スポンサーリンク

ページにプロモーションが含まれる場合があります。

【PDF】Acrobat Reader が強制終了するときの対策|Adobe アクロバットが突然終了しました

スポンサーリンク

PDFを閲覧するアプリ、Adobe Acrobat Reader(アドビ アクロバット リーダー)。

PDFイメージ

PDFイメージ

使い勝手が良いので個人的には導入をおすすめしてます。

関連 Adobe(アドビ)Acrobat Reader DCのインストール手順|PDFビューア

 

しかしあるとき、PDFファイルを開くとすぐに強制終了してしまう現象が発生しました。

直後に、「アクロバットが突然終了しました」というメッセージが出ます。

Acrobat Readerが強制終了してしまう

アクロバットが突然終了しました

 

全てのPDFではなく、ある特定のPDFを開くと数秒で強制終了してしまいます。

ブラウザ上でそのPDFを開く分には大丈夫なので、Acrobat Readerの設定などに関係がありそうでした。

解決するために実施したことは、

  • Adobe Acrobat 保護モードの無効化
  • adobeを最新版にアップデート(更新)
  • パソコンの再起動

です。

参考 Acrobatが突然終了しました。と頻繁に表示される場合の対処法

全て行わなくても解消するかもしれませんが、私の場合は上記3点を実施してAcrobatが強制終了する現象は出なくなりました。

 

Adobe Acrobat Reader:PDFが強制終了するときの対策

(1)Acrobat Readerアプリを起動します。アプリ一覧の「A」グループにあるので起動してください。

Acrobat Readerアプリの起動

Acrobat Readerアプリの起動

 

(2)Acrobat Readerが起動したら、左上の「メニュー」>「環境設定」を開きます。

Acrobat Readerの環境設定へ

Acrobat Readerの環境設定へ

 

(3)環境設定のウィンドウが開いたら、左メニューを「セキュリティ(拡張)」にして「起動時に保護モードを有効にする」のチェックを解除します。

「起動時に保護モードを有効にする」を無効化

「起動時に保護モードを有効にする」を無効化

 

(4)このとき、確認メッセージが出るので「はい」をクリックします。

続行の確認メッセージ

続行の確認メッセージ

 

(5)右下の「OK」をクリックします。(環境設定のウィンドウが閉じます)

OKをクリック

OKをクリック

 

(6)再度、左上の「メニュー」から今度は「ヘルプ」>「アップデートの有無をチェック」を開きます。

アップデートのチェック

アップデートのチェック

 

(7)利用可能なアップデートがあったら「ダウンロードしてインストール」を進め更新を完了させます。

Acrobat Readerをアップデートする

Acrobat Readerをアップデートする

 ↓ 

アップデート完了

アップデート完了

 

(8)最後にパソコンを再起動してください。

PCの再起動

 

再起動後に開けなかったPDFファイルを開いても、強制終了しなければ成功です。

 

それでも Acrobat Reader が強制終了するときの応急処置:別アプリで代替して開く

紹介した対策を実施しても、Acrobat Reader が強制終了する症状が改善されない場合は、とりあえずの応急処置として別アプリで開くのもアリです。

PDFはWebブラウザでも閲覧できるので、

対称の PDFを右クリック >プログラムから開く」から、

  • Google Chrome(クローム)
  • Microsoft Edge(エッジ)
  • FireFox(ファイアフォックス)

などを指定すればOKです。

PDFをブラウザで開く操作

PDFをブラウザで開く操作

 

また、私の場合は PDFelement というアプリも導入していて、そっちなら強制終了の症状は出ないので Acrobat Reader と使い分けています。

PDFelement は、無料版でもPDFを閲覧する分には充分使えるので、保険でインストールしておいても損はないですよ。

関連 PDFelement【ver.9】のレビューと使い方|PDF編集ソフト

以上です、最後までお読みいただきありがとうございました。

↑目次へ戻る

>>その他、PDF関連の記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました