≫ Amazon 5日間のBigSale ▶ブラックフライデ-&サイバーマンデ-

【効率UP】テキスト選択の便利なキーボード操作8+2選|Windows

PCのテキスト選択便利なキーボード操作8+2選_2Windows10
この記事は約4分で読めます。
初心者
初心者

パソコンで文字を選択するときにマウスでドラッグするのが苦手…。
何か良いやり方ない?

よしてっく
よしてっく

テキストをマウスドラッグで選択するのが苦手な人はキーボード操作も活用すると便利です!

PCの様々な場面で文字をコピーしたい時など、マウスドラッグによるテキストの選択は頻繁に行う操作です。

テキスト選択例

テキスト選択の例

しかし、ドラッグ操作が苦手で思ったように上手くテキスト選択ができない人もいると思います。

よしてっく
よしてっく

こういうテキストの選択操作はキーボードでも出来ます。

今回は、パソコンでテキスト(文字)をキーボード操作で選択する8つのパターンカーソル移動が素早くできる2つの操作をご紹介します。

 

スポンサーリンク

テキストを選択する便利な8つの操作

テキスト選択のキーボード操作

テキストをキーボード操作で行うための解説用に、ワードパッドで下記の3行の文章を入力したサンプルで実践します。

ワードパッドサンプル

 

 

①ページ内を全選択:[Ctrl]+[A]

Ctrl+ Aでページ内のテキストを全て選択

テキスト選択操作1

 

②1行を全選択:[Shift]+[↓]

カーソルを行の先頭に置いてShift+1行を全選択

テキスト選択操作2-1

さらに、もう1回Shift+その下の行も選択
※押すごとに選択行が増える。

テキスト選択操作2-2

 
元々ページ全体に1行しかテキストが無い場合の1行選択は Ctrl+ AでOK。
カーソル操作ヒント3
 
 
 

③カーソルから前を選択:[Shift]+[Home]

行の途中にカーソルがある状態でShift+Homeで、そこから前を選択。

テキスト選択操作3-1

 

④カーソルから後を選択:[Shift]+[End]

行の途中にカーソルがある状態でShift+ Endで、そこから後ろを選択。

テキスト選択操作3-2

 

⑤カーソルから前を全選択:[Ctrl]+[Shift]+[Home]

行の途中にカーソルがある状態でCtrl+Shift+Homeで、そこから前を全て選択。

テキスト選択操作4-1

 

⑥カーソルから後を全選択:[Ctrl]+[Shift]+[End]

行の途中にカーソルがある状態でCtrl+Shift+Endで、そこから後ろを全て選択。

テキスト選択操作4-2

 

⑦カーソルから前の指定文字まで選択:[Shift]+[←]

行の途中にカーソルがある状態でShift+。押した回数分の前の文字を選択。
テキスト選択操作5-1

↓5回押した場合
テキスト選択操作5-2

 

⑧カーソルから後の指定文字まで選択:[Shift]+[→]

行の途中にカーソルがある状態でShift+。押した回数分の後ろの文字を選択。
テキスト選択操作6-1

 

 

カーソルを素早く移動する2つの操作

カーソル移動のキーボード操作

マウスを使わずにキーボードでカーソルを素早く移動する操作方法も使うと便利です。

 

①カーソルを[行の先頭や最後]に素早く移動する操作

◆カーソルが行の途中にある状態で、
Home行の先頭
End行の最後
にカーソル移動できます。

カーソル操作ヒント1

 

②カーソルを[全体の先頭や最後]に素早く移動する操作

◆カーソルが行の途中にある状態で、
Ctrl+Home全体の先頭
Ctrl+End全体の最後
にカーソル移動できます。

カーソル操作ヒント2

 

まとめ:マウス+キーボード操作で効率アップ

今回は、テキストをキーボード操作で選択する8つのパターンとカーソル移動が素早くできる2つの操作をご紹介しました。

この他にもキーボード操作でできることはありますが、紹介する操作が多すぎても混乱&使いこなせないので初心者向けに厳選しました。

マウスのドラッグ操作は苦手な人がけっこういると思うので、こういったキーボード操作も臨機応変に使うと作業のスピードアップ&操作ミスの低減になります。

コメント