6/16(日)は『父の日』Amazon ギフト特集で感謝の贈り物
スポンサーリンク

ページにプロモーションが含まれる場合があります。

Outlook を「今すぐ更新」または「自動更新を無効にする」方法|バージョン情報の確認も

スポンサーリンク

Microsoft のメールアプリ、Outlook(アウトルック)のバージョンを「今すぐ更新」または「自動更新を無効にする」といった、更新を管理・制御する手順をご紹介します。

  • Outlook のバージョン情報を確認したい
  • Outlook の更新を今すぐ実行(最新バージョンに)したい
  • Outlook の自動更新を停止させたい

といった人向けの内容です。

Windows10、Outlook 2019 での説明になりますが、他のパソコン環境でもほぼ共通の手順になると思います。

参考 Office の更新プログラムをインストールする – Microsoft サポート

 

Outlook:バージョンを「今すぐ更新」または「自動更新を無効にする」方法

(1)Outlook 左上の「ファイル」を開きます。

Outlook_ファイルをクリック

 

(2)左メニューで「Office アカウント」を選択します。

Officeアカウントへ

Officeアカウントへ

 

(3)アカウントの管理画面になるので「更新オプション」のボタンをクリックします。

更新オプションを開く

更新オプションを開く

 

(4)更新オプションのサブメニューが展開するので、

  • 今すぐ更新
  • 更新を無効にする
  • 更新プログラムの表示
  • 更新プログラムの詳細

の中から希望するコマンドを選択してください。

更新オプションのサブメニュー

更新オプションのサブメニュー

今すぐ更新」は案内に従って進めていき、最後にアプリの再起動を行えば最新バージョンに更新できます。(PCの再起動は不要です)

 

更新を無効にした場合はボタンの見た目が下記のようになります。(黄色い背景色)

更新を無効にした場合の見た目

更新を無効にした場合の見た目

 

ふたたび自動更新を有効にするなら、「更新オプション」>「更新を有効にする」でOKです。

更新を有効にする

更新を有効にする

 

Microsoft 公式ページで チャネル の リリースノート を確認

更新オプションボタンから「更新プログラムの表示」を選択すると、Microsoft 公式ページでチャネルのリリースノートが確認できます。(ブラウザが起動します)

更新プログラムの表示を選択

更新プログラムの表示を選択

 ↓ 

現在のチャネルのリリースノート

現在のチャネルのリリースノート

更新プログラムの経緯もわかるので、こちらの情報も何かの参考になるかもしれません。

 

Outlook のバージョン確認

(1)「ファイル」>「Office アカウント」で、アカウント管理画面を表示し「Outlook のバージョン情報」ボタンをクリックします。

Outlookのバージョン情報を開く

Outlookのバージョン情報を開く

 ↓ 

Outlookのバージョン情報

Outlookのバージョン情報

 

表示された、バージョン情報・プロダクトID・セッションID などは、テキスト形式でコピーもできます。

テキスト形式でコピーできる

テキスト形式でコピーできる

Outlook の更新やバージョン情報の確認方法でした。

この情報がアプリ管理の効率化に役立ちましたら幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

▶Outlook関連その他の記事

↑目次へ戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました