Excelでセルのサイズを変更する方法【Excel 2016】

Microsoft Office

こんにちは、よしてっくです。

今回は、Microsoft Excel 2016 で、 「セル」のサイズを変更する方法をご紹介します。


エクセルであれば、他のバージョンでも同じ操作になりますので、参考にしてみてください。

入力した文字がセルからはみ出してしまった場合などの対処法です。




スポンサーリンク

文字が「セル」からはみ出す状況の確認




確認① エクセルで文字を入力した際に、文字数が多いとセルから文字がはみ出してしますことがあります。

下記の例ですと、「C5セル」に「おはようございます」と入力してみました。この場合、見た目では「D5セル」まで文字がはみ出して表示されてるように見えます。



確認② さらに「D5セル」にも「ありがとうございます」と文字を入力した場合、「C5セル」の後ろの文字が消えてしまいます。

※わかりやすいように「ありがとうございます」は赤文字で書いています。




確認③ 「C5セル」にカーソルを戻してみると、上の「数式バー」で「C5セル」の中身が確認できますが、「おはようございます」のままですので、内容はそのままですが、後ろ半分くらいが表示がされていないだけ、ということになります。




確認④ こういう状況で「C5セル」の幅を広げて、ちゃんと全体を表示できるようにしていきます。




「セル」の幅を広げる

マウス操作で「セル」の幅を変更する




手順① マウスポインターを、「列C」と「列D」のタブの「境界線の上」に合わせます。




手順② すると、マウスポインターが下記のような「十字左右矢印」の形状に変わります。

※十字に左右矢印が合体したような形状です。(正式名称がよくわからないので「十字左右矢印」と表現します。)



手順③ 「十字左右矢印」の状態で、マウスの「左クリックを押したまま」の状態にすると、右上に「幅の数値」が表示されます。




手順④ この状態でマウスを右に動かすと、「列C」の「全体の幅」が広くなりす。逆に左に動かせば、狭くなります。

※エクセルの性質上、「1個のセル」だけの幅を変更することはできません。あくまで「全体の幅」を変更するしかありません。




手順⑤ ちょうどよい幅と思った位置で、マウスの左クリックを離すとセルの幅が決定します。




これで、マウス操作によるセルの幅の変更は完了です。




数値入力で「セル」の幅を変更する

手順① マウスポインターを、「列C」のタブの上に合わせ、右クリックします。




手順② メニューが表示されますので、「列の幅」をクリック。




手順③ 現在の幅が表示されますので、現在の数値を確認して、そこに変更したい幅を替わりに入力し、「OK」をクリックします。

※単純に、現在の数値が「8」くらいなら「16」と入力すれば、2倍ほどの幅に広くなります。




これで、数値入力によるセルの幅の変更は完了です。

今回の例ではこれで目的達成ですが、状況としては高さ方向も広げたいということもありますので、次はセルの高さを変更する手順もご紹介します。




「セル」の高さを広げる




★基本操作は「幅」の変更のときと同じですので、省略した形でご説明させていただきます。

マウス操作で「セル」の高さを変更する

手順① 幅のときとおなじ要領で、行タブの「5」と「6」の境界線を左クリックしたまま上下に動かして、高さを変更します。




数値入力で「セル」の高さを変更する


手順① マウスポインターを、「5行目」のタブの上に合わせて右クリックし、「行の高さ」を選択、ボックス内の数値を任意の数値に変更して、「OK」をクリックします。




以上で、セルの高さの変更も完了です。


基本的にはこの2種類の方法でセルの「幅」や「高さ」の変更が可能です。

まとめ

今回は、Microsoft Excel 2016 で、 「セル」のサイズを変更する方法をご紹介しました。

今回の操作は、エクセルでのかなり初歩的な操作になります。


今回の操作の他にも方法はありますが、まずは基本的な操作で慣れたほうが応用に移りやすいです。



以上、最後までご覧いただきありがとうございました。


コメント

タイトルとURLをコピーしました