≫ Amazon プライム会員ならXマスプレゼントも即日発送

[この種類のファイルを開く前に必ず警告する]を解除する方法|Outlook

Outlook_[この種類のファイルを開く前に必ず警告する]を解除する方法Microsoft Office
この記事は約5分で読めます。

Microsoft officeのメールアプリ、Outlookで受信メールの添付ファイルを開こうとすると「この種類のファイルを開く前に必ず警告する」の警告メッセージが表示されることがあります。

この警告メッセージを再び表示したくなければ、メッセージウィンドウの下部にある「この種類のファイルを開く前に必ず警告する」の前にあるチェックマークを解除すれば表示されなくなります。

しかし、チェックマークがグレーアウトしていて、解除できない場合がありますので対処方法を解説します。
Outlook_警告するのチェックを解除できない

 

スポンサーリンク

Outlook:[この種類のファイルを開く前に必ず警告する]の解除手順

手のひらのチェックマーク

★Microsoft Outlookを管理者として起動する必要がありますのでOutlookを起動している場合は、一度アプリを閉じてください。

 

(1)スタートメニュー⇒アプリの一覧から「Outlook」を見つけてください。
アプリ一覧のOutlook

 

(2)Outlookアプリのアイコンで右クリック⇒「その他」⇒「管理者として実行」をクリックして下さい。
Outlookを管理者として実行

 

(3)「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」のメッセージが出ますので「はい」をクリックして下さい。
見た目は変わりませんが、Outlookが管理者として起動します。
Outlook_このアプリがデバイスに変更を加えることを許可

 

(4)「この種類のファイルを開く前に必ず警告する」のチェックマークを解除できる状態になりました。
チェックを解除して下さい。
Outlook_警告するのチェックを解除できる

以上で設定は完了です。

確認の為に管理者として起動しているOutlookを閉じて、再び通常の手順で起動し添付ファイルを開いても警告メッセージが出ないか確認してみて下さい。

 

↓Outlookの時短&レベルアップに役立つガイドブック‼

コメント