▶Amazon【SDカード】売れ筋ランキング

EaseUS Key Finderの使い方|プロダクトキー確認ソフト

EaseUS Key Finderの使い方パソコン関連
この記事は約12分で読めます。

今回はパソコン初心者でも簡単にWindowsやアプリのプロダクトキーの復元・確認ができるソフト、EaseUS Key Finder(イーザス・ キーファインダー)の特徴や使い方をご紹介します。

EaseUSは中国四川省に本社があるEaseUS Software(イーザスソフトウェア)が開発したユーティリティツールのひとつです。
EaseUS_logo

EaseUS_ロゴ


▶EaseUS公式サイト・会社案内
▶EaseUS Japan(イーザスジャパン)公式Twitter

 

「データ復元」などで検索するとよく見かけるソフトウェアメーカーです。

 
 
EaseUS Key Finderのメリット
  • Windowsのプロダクトキーを調べられる
  • Office・Adobeアプリなどのキーが調べられる
  • Wi-Fiのパスワードが確認できる
  • Windows資格情報を確認できる
  • ウェブブラウザで保存したパスワードの確認(Chrome, Edge, Firefox, IE)
  • パソコン初心者でもわかりやすい画面と簡単操作

 

デメリット
  • 無料版だとプロダクトキーは表示できない
  • 個別アプリを対象にした操作ができない(自動取得のみ)
  • 対応しているアプリが少ない

 

システム要件
Windows 11/10/8.1/8/7/Server(バージョン3.0.0現在)

 

スポンサーリンク

EaseUS Key Finderのダウンロードとインストール

EKF_ダウンロードとインストール

(1)EaseUSのホームページページにアクセスします。

▶EaseUS Key Finderダウンロードページ

 

(2)無料体験をクリック。

EaseUS Key Finder無料体験をクリック

無料体験をクリック

 

(3)ダウンロードやドキュメントなどの自分でわかりやすいフォルダにインストーラーを保存したあと、起動してください。

EKF_インストーラー保存

インストーラー保存

 

HINT
ブラウザ左下のダウンロード済アイコンが見えているなら、そこからでも起動できます。
EKF_ブラウザ下から起動

ブラウザ下から起動

 

(5)インストーラーが起動したら今すぐインストールするをクリック。

EKF_今すぐインストール

今すぐインストール

 

インストールが終わるまでしばらく待ちます。

EKF_インストール中

インストール中

 

(6)インストールが完了したら今すぐ始めるをクリックします。

EKF_今すぐ始める

今すぐ始める

 

HINT
このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」のメッセージが出た場合は「はい」をクリックします。
デバイスに変更を加える許可

デバイスに変更を加える許可

このメッセージはアプリを起動するたびに出るので毎回「はい」をクリック。

 

 

起動には少し時間がかかります。(PC内のキーを取得している)

EKF_起動中

起動中

 

下記の画面になったら、EaseUS Key Finderの起動は完了です。

EKF_起動画面

起動画面

 

起動後にキーを取得するための操作は必要なく、あとは各キーやパスワードを種類別に確認するだけです。

冒頭でも触れましたが、無料版だとプロダクトキーは表示されません。画面やメニューの雰囲気を確認するだけとなります。

取得したWindowsプロダクトキーや、Officeライセンスなどを確認するにはEaseUSでライセンスの購入が必要です。

 

アップグレード:ライセンスの購入手順

EKF_アップグレードとライセンス購入

 

(1)EaseUS Key Finderの画面で上部にあるアップグレードをクリックします。

アップグレード

アップグレード

 

(2)プランを選んで「今すぐ購入」から支払いなどを済ませライセンスコードを入手して下さい。

EKF_プランの選択

プランの選択

 

支払い方法は、クレジットカード・PayPal(ペイパル)・コンビニ決済があります。

EKF_ライセンス購入画面・支払い方法

ライセンス購入画面・支払い方法

 

(3)右上の「ライセンス入力」をクリックすると上部に入力ボックスが出るので、取得したライセンスコードを入力すれば登録完了です。

EKF_ライセンスコードの登録

ライセンスコードの登録

EKF_アクティベート完了

アクティベート完了

 

ライセンス版へアップグレードするとフル機能を使えるようになり、取得したプロダクトキーやパスワードが表示されます。

 

 

Key Finderの使い方

Key Finderの使い方

Key Finderは起動すると同時にWindowsやPC内アプリのプロダクトキー・パスワードを自動的に読み取ります。

起動後には各キーの取得が完了しているので、主にやることはキーを確認するだけです。

 

取得したプロダクトキー&パスワードの確認

EaseUS Key Finderで取得できるプロダクトキー&パスワードは5種類です。

  1. Windowsのプロダクトキー
  2. アプリのプロダクトキー
  3. インターネット&ネットワークのパスワード
  4. WLAN(ワイヤレスラン)のパスワード
  5. Windows資格情報のユーザー名とパスワード

 

❶Windowsのプロダクトキー
EKF_Windowsプロダクトキー

Windowsプロダクトキー

 

 

❷アプリのプロダクトキー
EKF_アプリのプロダクトキー

アプリのプロダクトキー:出典 EaseUS Key Finder

 

❸インターネット&ネットワークのパスワード
EKF_ネットワークのパスワード

ネットワークのパスワード

 

❹WLAN(ワイヤレスラン)のパスワード
EKF_WLANのパスワード

WLANのパスワード

 

❺Windows資格情報のユーザー名とパスワード
EKF_Windows資格情報のパスワード

Windows資格情報のパスワード

 
 
 

プロダクトキー&パスワードの出力

取得済のプロダクトキーやパスワードの出力方式は、テキストでコピー・プリンターで印刷・PDFで保存のどれかが可能です。

テキストでコピー

右側のコピーをクリックでコピー完了⇒他の場所に貼り付けできます。

EKF_テキストでコピー

テキストでコピー

 

プリンターで印刷

下のプリントをクリック⇒プリンターで印刷できます。

EKF_プリンターで印刷

プリンターで印刷

 

PDFで保存

下の保存をクリック⇒PDFで保存できます。

EKF_PDFで保存

PDFで保存

 
HINT
出力する印刷物やPDFは下記のような様式になり、見やすくリスト化されます。
出力PDFサンプル

出力PDFサンプル

 

その他:外付けハードドライブからプロダクトキーを取得

WindowsOSがインストールされた内臓HDDやSSDを外付けハードディスクとして接続することで、Windowsのプロダクトキーを取得することもできます。

EKF_外付けハードドライブからキーを取得

外付けハードドライブからキーを取得:出典 EaseUS Key Finder

未検証ですが、クラッシュしたドライブでも大丈夫とのこと。

 

その他:APPのリクエスト

アプリが対応していない場合はリクエストを送信できます。

希望のアプリを一覧から選んで送信をクリック⇒「提出済み」に変わればリクエスト完了です。

EKF_アプリのリクエスト

アプリのリクエスト

 

その他の提案

その他にも提案があれば「その他の提案」をクリック。

EKF_その他の提案

その他の提案

 

具体的な要望をメッセージで送信できます。

EKF_提案の送信

提案の送信

 

 

EaseUS Key Finder:有料版の価格

EKF_有料版の価格

Key Finderのライセンスプランは基本的に、Pro版と法人版合わせて5種類です。

 

Pro(個人)
  • 1ヶ月間:2,629円 (税込)
  • 1年間 :3,949円 (税込)
  • 永久版 :6,589円 (税込)
法人向け
  • PC  99台(永続版):26,268円 (税込) [265円/台]
  • PC 199台(永続版):52,668円 (税込) [265円/台]

※カスタムライセンスの要望も可能。

EKF_プラン別の価格

プラン別の価格

▶価格の最新情報を公式ページで確認

プランの適正は自分の使用用途に合わせて選びましょう。

 

 

改善してほしい点

EKF_改善してほしい点

冒頭にデメリットとして挙げた3項目についてです。

 

✔ 無料版だとプロダクトキーは表示できない

回数や期間を制限してでも実際のキーを表示してくれればと思いました。(ソフトの性質上、難しいのかもしれませんが)

 

✔ 個別アプリを対象にした操作ができない(自動取得のみ)

ソフト起動時に、PC内部の全ての対象物に対して自動的にアクセスしてしまうので起動に時間がかかります。

キー取得のアクションは起動後にマニュアルで操作できる設定を設けたり「このアプリだけを調べる」といったことができると使い勝手の幅が広がるのではと感じました。

 

✔ 対応しているアプリが少ない

私の場合ですが、実際にソフトを起動してもインストールしているアプリには対応していなかったようでキー取得はゼロでした…。

アプリをリクエストする機能があるので送信してみましたがすぐには実装されず、実際に反映されるのか?されるとしてもどのくらいの期間がかかるか、などはまだ検証中です。

自分のPCにインストールしているアプリが対応しているかは、無料版でも確認できます。

個人的ですが「改善されるといいかな」と感じた項目でした

 

まとめ:初心者でも扱えるプロダクトキー確認ソフト

今回はパソコン初心者でも簡単にWindowsやアプリのプロダクトキーが確認できるソフト、EaseUS Key Finderの特徴や使い方をご紹介しました。

PDFやプリンターの紙媒体で印刷したものを保管しておけば、パソコンがクラッシュで起動できなくなってもプロダクトキーの損失が回避できます。

データを一括で洗い出すことで時短にもなるし、自分でも忘れていたアプリのプロダクトキーやパスワードを再認識できるかもしれません。

会社なら、例えばPCの台数が何十台とある場合、99台・199台の法人版を購入して全てのPCにインストールしておけば、一括で出力保存できるので管理する側としてのメリットも高いです。

PCのプロダクトキーやパスワードの確認は、やろうと思えば一台一台、手動でもできますが時間・労力・確実性を重視するかどうかになります。

以上、最後まで閲覧ありがとうございました。

▶EaseUS Key Finderを無料ダウンロードする

コメント

タイトルとURLをコピーしました