【簡単】劣化を抑えて画像を圧縮「TinyPNG」の使い方【WordPress・便利ツール】

WordPress
困ったサラリーマン
  ブログ初心者
WordPressブログに投稿する画像を圧縮したいんだけど、画質の劣化も心配。何か良いツールがあったら教えてほしい…」

そんな悩みにお勧めのツールをご紹介します。

本記事の内容
●無料でインストール不要、Web上で使える画像圧縮ツールを紹介

画像圧縮ツール「TinyPNG」の特徴

「TinyPNG」はWeb上 JPGPNGファイルを圧縮 することができる無料ツールです。

最大で70%まで圧縮してくれるのに、見た目上の画質劣化はほとんどないというまさにブロガーにおすすめの便利ツールです。

使い方も簡単、ドラッグ&ドロップにも対応しています。



画像圧縮ツール「TinyPNG」の使い方

「TinyPNG」の操作の流れは、大きく分けて2つの手順があります。

(1)画像アップロードをエクスプローラーで行う
(2)画像アップロードをドラッグ&ドロップで行う

画像アップロードをエクスプローラーで行う

「TinyPNG」のサイトにアクセスします。

②「TinyPNG」の画面が表示されたら、中央のアップロード用アイコンをクリックしてください。

③エクスプローラー画面が表示されますので、圧縮したい画像ファイルを選択してください。

④画像ファイルがアップロードされると同時に自動的に圧縮が始まり、圧縮が完了すると「ファイル名」、「圧縮前のサイズ」、「圧縮後のサイズ」、「圧縮率(%)」が表示されます。

「download」をクリックして、好きな場所に保存してください。圧縮前の画像が不要ならそこに上書きしても良いです。


画像アップロードをドラッグ&ドロップで行う

「TinyPNG」のサイトにアクセスします。

②圧縮したい画像ファイルを、画面中央のアップロード用枠内にドラッグ&ドロップします。

③画像ファイルをアップロードすると自動的に圧縮が始まり、「ファイル名」、「圧縮前のサイズ」、「圧縮後のサイズ」、「圧縮率(%)」が表示されます。

「download」をクリックして、好きな場所に保存してください。



圧縮前と圧縮後の画質の違いは?(実際の画像を比較)

下記に、圧縮前圧縮後の画像を並べて比較してみました。

圧縮前の画像サイズは52.6kbでしたが、圧縮後は17.1kbと、68%も圧縮されました。

上が圧縮前で下が圧縮後の画像です。画質の差はほとんど解らないと思います。

compression_test_Before
【↑圧縮前の画像】

compression_test_after
【↑圧縮後の画像】



「TinyPNG」で画像を圧縮するメリット

「TinyPNG」で画像を圧縮することで、サイズを半分以下に縮小できる画像もあり、特に画像を大量に使うブログでは、サイトの表示速度に大きく影響してきます。

サイトの表示速度はSEO的な評価が上がる重要な要素にもなっています。



「TinyPNG」で画像を圧縮するデメリット

圧縮前と圧縮後の比較例を見てもわかるように、「TinyPNG」で画像を圧縮するデメリットはほとんどありません

あえてデメリットを挙げるとしたら、ブログで画像をアップロードする際に「TinyPNG」の行程が増えますが、それを補うほどメリットが充分にあります。



「TinyPNG」の機能制限は?

「TinyPNG」の機能制限は下記の2点です

・利用できる画像ファイルの容量は5MBまで
・一度に圧縮できる画像ファイルは20個まで

通常使用する上で、極端に困るような制限ではありませんね。



まとめ: 「TinyPNG」はサイトの表示速度に貢献してくれる便利ツール

今回は、画像圧縮ツール「TinyPNG」をご紹介しました。

・無料で使える
・インストール不要、Web上で作業OK
・最大70%画像サイズを圧縮
・圧縮後でも画質の劣化はほとんど無し

ブログ運用にはメリットしかないほどの、超便利ツールです。

是非「TinyPNG」を活用して、サイトの品質向上に努めましょう。

既にブログに大量の画像をアップロードしてしまった、という人は下記の記事を参考にしてみてください。

>>>アップロード済の画像も圧縮可能なWordPressプラグイン「EWWW Image Optimizer」

>>>その他のWordPress関連記事はコチラ

コメント