≫ Amazon 5日間のBigSale ▶ブラックフライデ-&サイバーマンデ-

【Cocoon】設定のバックアップ保存と復元の手順|WordPress

Cocoon設定の保存と復元手順WordPress
この記事は約3分で読めます。
初心者
初心者

Cocoonテーマは多機能で凄く便利!でもイロイロ自分仕様に設定したけど不具合で消えちゃうこともある?ちょっと心配…

よしてっく
よしてっく

そんな心配を解消するには、Cocoon設定のバックアップをとっておけばOKです!

もし何らかの不具合が原因でサイトの設定がおかしくなってしまったら、WordPressの膨大な設定の項目を1つずつ確認して修正するのは大変な作業量です。

そんな時の為に事前に設定のバックアップをとっておけば、それを使って正常な状態に簡単に復元できます。

今回は、WordPressのCocoonテーマで、Cocoon設定のバックアップ保存と復元の手順をご紹介します。

 

スポンサーリンク

Cocoon設定の保存(バックアップ)

Cocoon設定の保存

 

(1)WordPress管理画面(ダッシュボード)でCocoon設定バックアップをクリックします。

Cocoon設定_バックアップ

 

 

(2)バックアップの管理画面になるのでバックアップファイルの取得をクリックします。

Cocoon設定_バックアップ管理画面

 

 

(3)保存先を指定します。ドキュメントなどの場所を選んで保存をクリックします。

cocoon_settings.txt」というファイルが保存されます。

Cocoon設定_バックアップをドキュメントに保存

 

以上でCocoon設定のバックアップファイルの保存は完了です。

 

よしてっく
よしてっく

バックアップファイルは日付などを記載したフォルダを作成し、そこに入れておくと管理しやすいです!

 

注意点:バックアップ対象外の5つの項目

注意のイメージ画像

以下の5つの設定はバックアップの対象外となっているので注意して下さい。

  • 吹き出し
  • テンプレート
  • アフィリエイトタグ
  • ランキング作成
  • アクセス集計

 

 

Cocoon設定の復元(リストア)

Cocoon設定の復元

 

(1)WordPress管理画面(ダッシュボード)でCocoon設定バックアップをクリックします。

Cocoon設定_バックアップ

 

 

(2)バックアップの管理画面になるのでリストアファイルを選択をクリックします。

Cocoon設定_リストアのファイルを選択

 

 

(3)バックアップに使うファイルを指定して開くをクリックします。

Cocoon設定_リストアのファイルを指定

 

 

(4)「cocoon_settings.txt」が適用されていることを確認して設定の復元をクリックします。

Cocoon設定_設定の復元

 

これでCocoon設定の復元が実行されます。

 

まとめ:設定のバックアップ保存で不具合の予防

今回は、WordPressのCocoonテーマで、Cocoon設定のバックアップを行う手順をご紹介しました。

Cocoonテーマは無料ですが、多機能なため設定が人によって千差万別になります。

よしてっく
よしてっく

バックアップファイルを保存しておけば不具合が発生しても安心です!

さらにCocoon設定のバックアップファイルは、他のCocoonブログで復元すれば同じ仕様になるので、複数のサイトを運用してCocoon設定を共有したいときにも活用できます。

コメント