感染しない・広げないために|新型コロナウイルスまとめ情報サイトへ

ドライブのアルファベットを変更する|ドライブレター設定|Windows10

Windows10_ドライブレターを変更するWindows10

今回は、Windows10で外付けのドライブを区別するアルファベット記号「ドライブレター」を変更する方法をご紹介します。

パソコンのドライブレターとは?

手紙を渡すアイキャッチ

★パソコンに外付けのHDD(ハードディスク)やUSBメモリ、SDカードなどを接続した場合ドライブとしてのアルファベットが末尾に自動で割り当てられます。

例:末尾に(D)や(E)など。

ドライブレター_DやEなど

この各ドライブに振り分けられるアルファベットのことを「ドライブレター(ドライブ文字)」と呼びます。

基本的にパソコンで表示されるドライブレターはドライブ(C)から必ず始まり、その他のドライブにはアルファベット順に「D ⇒ E ⇒ F…」と割り当てられるようになっています。

Pointドライブ(C)はWindowsを動かすための基本となるシステムが入ったメインドライブです。
パソコンによっては最初からドライブ(D)も存在する機種もあります。

ドライブレターは、基本的に若いアルファベットから自動的に割り当てられることになっていて、外付けのドライブの場合は早く接続した順に、Dが埋まっていればE…、Eが埋まっていればF…といった割り当てルールとなります。

その為ドライブレターは、いろいろなパソコン間で接続するたびに違うアルファベットに変わる場合があり、例えばパソコン①ではドライブ(D)なのに、パソコン②ではドライブ(E)になるというのはよくある事です。

そしてドライブレターは、最後に接続したドライブレターがドライブ側に上書き保存されます。

例えば、USBメモリをパソコン③に接続してドライブ(G)となればそれがUSBメモリに記憶され、その後パソコン①に接続したときに(G)というドライブレターが埋まっていなければドライブ(G)のままで認識されます。

 

ドライブレターはどんな場合に変更する?

悩む女性

★外付けドライブのドライブレターは通常であればそれほど気にすることはありませんが、そのドライブ内でショートカットを作成した場合はこのドライブレターが影響してきます。

ショートカットはフォルダの階層を順番に移動しなくても目的のフォルダへ瞬時に移動できる便利な機能ですが、ショートカットはドライブレターを含めたフォルダの名称を順番に辿っていますので、記録されたドライブレターが一致しなければ機能してくれません。

ショートカット例

 

例えば、東京都の足立区○○~という住所が、埼玉県の足立区○○~になったら、その場所に郵便物が届かないのと同じで、アドレスを変更されるとコンピューターはどの場所に行けば良いのか解らなくなりショートカットが機能しなくなります。

そのようなショートカットの不具合を避ける対策として、あらかじめ外付けドライブのドライブレターを影響を受けにくいアルファベットに変更しておくのがおすすめです。

 

Windows10:ドライブレターを変更する手順

アルファベットのアイキャッチ

 

(1)「スタートメニュー」⇒「Windows管理ツール」⇒「コンピューターの管理」をクリックして下さい。

スタートメニュー_コンピューターの管理

 

(2)「コンピューターの管理」の画面が表示されますので、左側メニューの「ディスクの管理」をクリックして下さい。

コンピューターの管理_ディスクの管理

 

(3)現在コンピューターに認識されているドライブの一覧が表示されますので変更したいドライブで右クリックし、メニューの「ドライブ文字とパスの変更」をクリックして下さい。

注意ドライブ(C)は変更しないで下さいね。パソコンが正常に動かなくなります。

ドライブ文字とパスの変更

 

(4)「ドライブ文字とパスの変更」のダイヤログが表示されますので「変更」をクリックして下さい。

ドライブ文字とパスの変更

 

(5)「ドライブ文字またはパスの変更」のダイヤログが表示されますので「次のドライブ文字を割り当てる」の項目の右側にあるアルファベットの部分をクリックして下さい。

ドライブ文字とパスの変更

 

(6)ドロップダウンリストが出ますのでリストの中から好きなアルファベットを選択して下さい。

Pointおすすめは上書きの影響を受けにくい下のほうのアルファベット(K~Zなど)です
ドライブ文字とパスの変更
(7)「ドライブ文字に依存する一部のプログラムが正しく動作しなくなる場合があります。続行しますか?」というダイヤログが出ますので「はい」をクリックして下さい。
ドライブ文字とパスの変更
(8)今回はドライブレターをDからQに変更してみました。変更されたことが確認できたら「コンピューターの管理」のウィンドウは閉じて下さい。
ドライブ文字とパスの変更
ドライブレターの変更後

まとめ:ドライブレター管理でショートカットの不具合を回避

今回は、Windows10でドライブレターを変更する手順をご紹介しました。
外付けハードディスクやUSBメモリの中でショートカット機能を不具合なく使いたい場合は、ドライブレターを最初に変更しておけば、後々面倒な事にならなくて済みますので良かったらお試しください。
その場合は、手持ちの外付けアクセサリー同士で同じドライブレターにならないように管理する必要がありますのでご注意下さい。

コメント