2019年 Web版 Chromeリモートデスクトップの始め方

Google

よしてっく
よしてっく

こんにちは、よしてっく です。

今回は、2019年6月に新しくWeb版になった、Google Chrome 「リモートデスクトップ」の始め方と、納入後、便利に使いやすくする為に、「ショートカット」の作成方法もご紹介します。




スポンサーリンク

Web版 Chrome リモートデスクトップの始め方





※今回は、既に旧式のアプリ版リモートデスクトップを利用していた場合の操作手順になります。



手順① Chromeブラウザを起動し、下記のWeb版 Chrome リモートデスクトップのURLを検索バーに入力し、サイトを開きます。

URL : https://remotedesktop.google.com/




手順② Web版リモートデスクトップの画面が表示されますので、画面の下にある「使ってみる」ボタンをクリックします。




Web版 Chromeリモートデスクトップの管理画面が開きます。

従来のアプリ版を使用していた場合は設定が引き継がれ、アクセス可能なパソコンが表示されます。



この画面の表示がやたらと大きいのですが、上に表示調節のスライドバーがありますので、そこで表示を小さくすることができます。



手順③ 画面の一番下に移動すると、「リモートアクセスの設定」というメニューがあるので、その右下にあるダウンロードボタンをクリックします。







手順④ Chrome拡張機能のウェブストア画面が開きますので、「Chromeに追加」をクリックします。







手順⑤ 「Chrome  Remote Desktop を追加しますか?」 と聞いてくるので、「拡張機能を追加」をクリックします。







手順⑥ Chromeブラウザの右上バーに「Chrome  Remote Desktop」アイコンが追加されたことを確認します。これで基本的な設定は完了です。

今後はこのアイコンからアクセスできます。







従来のアプリ版との違いを比較



Web版とアプリ版の違いを比較してみると、アプリ版はメニューアイコンが画面左上のメニューアイコンからのドロップダウン式だったのに対し、新しいWeb版のメニューは右側にポップアップ式で表示されます。




アプリ版(旧タイプ)のメニュー




Web版(新タイプ)のメニュー







さらに、Web版のメニュー一覧は、上にあるピンマークをクリックすると、固定して常に表示することもできますので、こういうところは使い勝手が良くなった気がします。







ショートカットアイコンを作成し使いやすくする




★おまけ的なご紹介になりますが、アプリ版と同じ使い勝手で起動できるように、Web版リモートデスクトップのショートカットアイコンを作成する手順を紹介します。




手順① Web版リモートデスクトップのURLをコピーしておきます。

URL : https://remotedesktop.google.com/access







手順② パソコンのデスクトップ画面で、「右クリック」→ 「新規作成」→ 「ショートカット」を選択します。




手順③ 「項目の場所を入力してください」の下のボックスに先ほどコピーしておいたURLを貼り付け、「次へ」をクリックします。







手順④ ショートカットの名前を入力し「完了」をクリックします。ここでは「リモートデスクトップ」と入力しましたが、好きな名前でOKです。







手順⑤ これでパソコンのデスクトップ画面上に、リモートデスクトップのショートカットアイコンが作成できました。







これでこのアイコンをクリックするだけで、ダイレクトにWeb版リモートデスクトップにアクセスできるようになりましたので、少し時短になると思います。




まとめ

今回は、新しくなったWeb版Google Chromeリモートデスクトップの始め方と、起動しやすくする為に、ショートカットの作成方法についてご紹介しました。

リモートデスクトップはインターネットに接続されているパソコンであれば外出先のどこからでも遠隔操作ができるとても便利なサービスです。

しかも、設定さえしておけばスマートフォンからでも操作可能です。

Chromeブラウザとリモートデスクトップの拡張機能を導入するだけですので、とても簡単に利用することができます。

リモートデスクトップの活用の一例としては、

遠く離れた場所にいる知り合いのパソコントラブルに遠隔操作で対応してあることも可能です。

(※相手と自分のパソコンのGoogleアカウントを同期させる必要があります)

その他にもいろいろな活用方法があり、時短対策にもなります。

パソコンとスマートフォンを活用する人には、特におすすめのサービスです。


なお、従来のChrome アプリは2019年6月30日でサポート終了となり、

起動すると、新しいWeb版への移行をおすすめする通知が表示されます。


以上、最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました