画像ファイルはWindowsフォトビューアーで開くのがおすすめ【Windows10】

Windows10

JPEGなどの画像ファイルを開くためのアプリケーションは、無料・有料を含めて何種類もあります。

元々Windowsには画像を開くアプリが標準装備されていて、画像が開けないといったケースは無いかと思いますが、そのアプリが何となく「使いにくいな」と思いながら仕方なく使い続けていることはありませんか?


そこで今回は、Windows10で画像ファイルを表示する場合に、「Windowsフォトビューアー」というアプリケーションが比較的に使いやすくおすすめしたいので、導入する方法をご紹介します。


よしてっく
よしてっく

「Windowsフォトビューアー」は、Windows8/8.1まで標準搭載されていた

 

アプリケーションです。




スポンサーリンク

Windows10標準の画像ビューアーソフト「フォト」はどうなの?


Windows10では、「フォト」というアプリケーションに切り替わりましたが、操作勝手などがいまいち使いにくく、特にWindows8/8.1までの「Windowsフォトビューアー」に慣れ親しんでいた人にとってはストレスのひとつだったりします。


何がストレスなのかというと、閲覧するだけであれば不具合は感じませんが「使いにくさ」を感じるのは「印刷」するときの設定画面です。


慣れの問題かもしれませんが、「フォト」ですと自分のイメージどおりの印刷がなかなかできず、何度も印刷しなおすような事が多々あります。

今思えば使いやすかった「Windowsフォトビューアー」がふたたび使えれば、慣れ親しんだ操作勝手で迷いなく確実な印刷ができるかと思います。

ちなみに、「Windowsフォトビューアー」は、Windows7や8などからアップグレードしたWindows10ではそのまま使えますが、新規インストールされているWindows10では、後でMicrosoft からダウンロードできるアプリケーションではないようです。






「 Windowsフォトビューアー」のインストールと設定の手順





★Microsoftのサイトではありませんが、「Windowsフォトビューアー」をインストールできるサイトがありますのでそちらをご紹介します。



手順① 下記のダウンロードサイト、「Restore Windows Photo Viewer to Windows 10」にアクセスしてください。

⇒ 

Restore Windows Photo Viewer to Windows 10
Restore Windows Photo Viewer to Windows 10




手順② サイトに移動したらページ内の「Download Now」をクリック。




手順③ ダウンロード先を確認して保存してください。




手順④ ダウンロードした「RestoreWindowsPhotoViewerSetup」というファイルをダブルクリックして下さい。




※「この不明な発行元からのアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」というウィンドウが出た場合は、「はい」をクリックしてください。




手順⑤ インストール作業が実行されますので、「Next」をクリックして進めてください。




※ここで、デスクトップにショートカットアイコンを作成したくない場合はチェックマークを解除してから「Next」をクリックしてください。

(作成してもあとから削除できます)


手順⑥ 「Install」をクリックしてください。


手順⑦ 数秒後、インストールが完了し完了画面になりますので「Finish」をクリックしてください。



手順⑧ 「Restore Windows Photo Viewer」の初期設定画面が自動的に開きますので、左下にある「 Restore Windows Photo Viewer 」というボタンをクリックしてください。




手順⑨ 画面に英文で「デフォルトのアプリで(Windows Photo Viewer)を指定してください」というような内容のメッセージウィンドウが表示されますので、「OK」をクリックしてください、Windows10の設定画面の操作に移行します。




手順⑩ Windows10の設定画面が表示されますが、「アプリと機能」以外の「ディスプレイ」などのカテゴリーページが開いてしまった場合は「ホーム」をクリックして、ひとつ前の設定画面に戻ってください。

「アプリと機能」のページが表示されている場合は、手順⑫からご覧ください。




手順⑪ Windows設定のホーム画面で「アプリ」をクリックしてください。




手順⑫ 「アプリと機能」の設定画面が開きますので、「既定のアプリ」をクリックしてください。




手順⑬ 「既定のアプリ」設定画面が開きますので、「フォトビューアー」の下のアイコンをクリックしてください。

※通常は「フォト」のアイコンになっています。




手順⑭ 「アプリを選ぶ」のウィンドウが表示されますので先ほどインストールした「Windowsフォトビューアー」を選択してください。




手順⑮ 「既定のアプリ」の画面に戻りますので、フォトビューアーの項目が「Windowsフォトビューアー」に変更されていれば完了ですので設定画面を閉じてください。





手順⑯ 最後に「 Restore Windows Photo Viewer 」の設定画面は「Exit」をクリックしてください。このときおそらく、別のアプリを勧めてきますが「いいえ」をクリックして閉じて下さい。




これで、既定のフォトビューアーを変更しましたので、以降は画像ファイルを「Windowsフォトビューアー」で開けるようになりました。

※「既定のアプリ」設定で同じ操作をすれば「フォト」に戻すこともできます。



以上で完了です。お疲れ様でした。




まとめ

今回は、Windows10で画像ファイルを表示するアプリケーション「Windowsフォトビューアー」をご紹介しました。


やはり使い慣れたアプリのほうが手っ取り早く操作ができてメリットが高いですし、初めての人でも「Windowsフォトビューアー」の方が使いやすいと思います。


【Windowsフォトビューアーで開いた画像ファイル】




【Windowsフォトビューアーの印刷設定画面】





以上、最後までご覧いただきありがとうございました。



【関連記事】

単語登録の活用で文字入力を効率化する方法【Windows10】

読めない漢字の調べ方-手書きIMEパッドの活用方法【Windows10】

全てのプログラムを簡単表示するツール「Spencer」【Windows10】



コメント

タイトルとURLをコピーしました