【初心者可】Windows10でフォトビューアーを使う方法

Windows10

「 Windowsフォトビューアー」のインストールと設定の手順



★「Windowsフォトビューアー」を配布しているサイトからダウンロードします。


手順① 下記のダウンロードサイト、「Restore Windows Photo Viewer to Windows 10」にアクセスしてください。

http://www.authorsoft.com/restore-windows-photo-viewer.html

手順② サイトに移動したらページ内の「Download Now」をクリック。


手順③ ダウンロード先を確認して保存してください。


手順④ ダウンロードした「RestoreWindowsPhotoViewerSetup」というファイルをダブルクリックして下さい。



「この不明な発行元からのアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」というウィンドウが出た場合は、「はい」をクリックしてください。



手順⑤ インストール作業が実行されますので、「Next」をクリックして進めてください。




※ここで、デスクトップにショートカットアイコンを作成したくない場合はチェックマークを解除してから「Next」をクリックしてください。

(作成してもあとから削除できます)


手順⑥ 「Install」をクリックしてください。


手順⑦ 数秒後、インストールが完了し完了画面になりますので「Finish」をクリックしてください。



手順⑧ 「Restore Windows Photo Viewer」の初期設定画面が自動的に開きますので、左下にある「 Restore Windows Photo Viewer 」というボタンをクリックしてください。


手順⑨ 画面に英文で「デフォルトのアプリで(Windows Photo Viewer)を指定してください」というような内容の英文メッセージウィンドウが表示されますので、「OK」をクリックしてください、次からWindows10の設定画面の操作に移行します。


手順⑩ Windows10の設定画面が表示されますが、「アプリと機能」以外の「ディスプレイ」などのカテゴリーページが開いてしまった場合は「ホーム」をクリックして、ひとつ前の設定画面に戻ってください。

「アプリと機能」のページが表示されている場合は、手順⑫からご覧ください。


手順⑪ Windows設定のホーム画面で「アプリ」のカテゴリーをクリックしてください。


手順⑫ 「アプリと機能」の設定画面が開きますので、「既定のアプリ」をクリックしてください。


手順⑬ 「既定のアプリ」設定画面が開きますので、「フォトビューアー」の下のアイコンをクリックしてください。

※通常は「未設定」か「フォト」のアイコンになっています。


手順⑭ 「アプリを選ぶ」のウィンドウが表示されますので先ほどインストールした「Windowsフォトビューアー」を選択してください。


手順⑮ 「既定のアプリ」の画面に戻りますので、フォトビューアーの項目が「Windowsフォトビューアー」に変更されていることを確認できたら設定画面は閉じてください。


手順⑯ 再び「 Restore Windows Photo Viewer 」の設定画面に戻り「Exit」をクリックしてください。このときおそらく別のアプリを勧めてくるウィンドウが出ます「いいえ」をクリックして閉じて下さい。


これで、既定のフォトビューアーを変更しましたので、今後は画像ファイルを「Windowsフォトビューアー」で開けるようになりました。

「既定のアプリ」設定で同じ操作をすれば「フォト」に戻すこともできます。

コメント