Amazon【ポイント2倍還元キャンペーン】~12/8まで

【文字&コード】一括置換ツール|Search Regexの使い方

Search Regexの使い方WordPress
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク
初心者
初心者

勘違いで過去に書いた記事にずっと間違えた単語を使ってました。
記事が多くてどこにその単語を使ってるか調べるのも大変…。
1個ずつ見つけて修正しないとダメ?

よしてっく
よしてっく
 

それなら一括で置換できる便利なプラグインがあります

HINT
置換(ちかん):あるものを他のものに置き換えること。

今回は、WordPressの一括置換プラグインSearch Regex(サーチレゲックス)の使い方をご紹介します。

Search Regexの特徴
  • サイト全体のテキストを一括で置換できる
  • HTML要素のレベルでも置換できる

 

置換機能はExcelや多くのテキスト系エディタにも実装されていて使っている人は多いかもしれませんが、Search Regexの強みはHTML要素にも有効な事です。

※HTML要素は下記のような<>で囲まれたページを構成するソースコードのことです。

HTML表示の例

HTML表示の例

Search Regexが必要になる事例
  • 間違えた単語を不特定多数の場所で使っていたので一括修正したい。
  • 漢字・ひらがなのバラバラな表現を全部統一したい。
  • 特定の装飾を一括で変更したい。

 

WordPressにはサイト内検索(記事のテキストをサーチする)機能は元々ありますが、それを一括で置換する機能は無いのでSearch Regexが活躍します。

サイト内検索

サイト内検索は文字サーチのみ

 

スポンサーリンク

Search Regex(サーチレゲックス)のインストール

Search Regexインストール

(1)WordPress管理画面(ダッシュボード)のプラグイン新規追加をクリック。

WP_プラグイン_新規追加

 

(2)検索ボックスにSearch Regexと入力して今すぐインストール有効化します。

Search Regexインストール

 

(3)インストール済みプラグイン一覧にSearch Regexが追加されました。

プラグイン一覧のSearch Regex

インストールはこれで完了です。

 

 

スポンサーリンク

Search Regexの使い方:一括置換の手順

Search Regex使い方

今回は、例として太字にする装飾コードの、

<strong></strong><b></b>に置換します。

※<strong>と<b>はどちらも太字タグで見た目の効果は同じ。

装飾タグは基本的に【開始タグ】と【終了タグ】でワンセット(※1)になるので、別々で置換処理を実行(※2)する必要があります。

装飾タグのルール

HTML表示

(※1)終了タグは【 / 】スラッシュ付。

(※2)<strong>テキスト</strong>のように必ず間にテキストがあり
<strong></strong>の連続状態は実際には無い。

 

(1)WordPress管理画面(ダッシュボード)のツールSearch Regexをクリック。

ツールのSearch Regex

 

(2)Search Regexの管理画面が表示されます。

Search Regex管理画面

 

(3)検索ボックス置換したい現状のワード(タグ)を入力します。

ここでは開始タグ<strong>を入力。

検索ボックスに入力

 

(4)置換ボックス置換した後のワード(タグ)を入力します。

ここでは<b>を入力。

置換ボックスに入力

 

(5)検索をクリックします。

Search Regex検索

 

(6)画面の下に置換対象のページがリストアップされ、置換予定の箇所がハイライト表示されます。

Search Regex検索結果

 

 

(7)置換内容が問題ない事を確認したらすべて置換をクリック。

すべて置換をクリック

 

(8)置換の進行状況バーが100%まで行ったら置換完了です。下の完了をクリックします。

置換完了

 

(9)続けて終了タグを置換します。検索ボックス</strong>置換ボックス</b>と入力し、手順(3)~(8)と同じ操作で置換を行います。

終了タグで置換

開始タグ終了タグの置換ができたら作業は完了です。

 

 

スポンサーリンク

目的が済んだらアンインストールしてもいい

Search Regexアンインストール

Search Regexは便利なプラグインですが、一括置換は日常的に行う作業ではないので使いたいときだけインストールして終わったらアンインストールするのもあり。

よしてっく
よしてっく

WordPressの負荷やセキュリティ上の懸念でプラグインを増やしたくないという人はそれもありです。

 
■Search Regexのアンインストール手順

・プラグイン一覧でSearch Regex無効化削除です。

SearchRegexのアンインストール

必要になったらまたインストールしましょう。

ちなみに私の場合は、使いたい時になったらすぐに使いたい派なのでアンインストールはしません。

 

スポンサーリンク

まとめ:便利すぎる一括置換プラグイン

今回は、サイト全体のテキストやHTMLコード(タグ)を一括で置換できるプラグインSearch Regexをご紹介しました。

記事数が少ないうちは手作業でも何とかなりますが、数十記事、数百記事あると人間には途方もない作業です。
よしてっく
よしてっく

Search Regexの便利さは使ったら実感します!

いつかお世話になるときが来るかもしれないので、すぐにインストールしなくてもこの便利なプラグインの存在を認識しておいて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました