≫ Amazon プライム会員ならXマスプレゼントも即日発送

【拡張機能】Webページを部分的に印刷する方法|Chrome

Chrome_webページの部分印刷Google
この記事は約5分で読めます。

閲覧しているWebページを印刷したときに余計な部分印刷範囲に入っていまい、印刷されたものが見づらかったり、いまいちイメージと違ったりということがよくあります。

例えばWebページを印刷する場合、サイドバーのエリアや無駄に大きいヘッダー画像などは省いて印刷したいと思うとこが多いですよね。

必要のないスペースも印刷されることでページ数が多くなって、用紙が無駄に消費するようなことは極力したくないものです。

今回そんな悩みを解消できる内容となっています。

ここではGoogle Chormeに「  Print What You Like 」という拡張機能をインストールして Webページの 必要な部分だけを印刷する方法をご紹介します。

 

スポンサーリンク

Print What You Like:インストール手順

プリンターのアイキャッチ

手順① 下記のリンクから、「  Print What You Like 」をインストールします。

Print What You Likeダウンロードページ




または、Google Chormeの拡張機能の画面で「 PrintWhatYouLike 」と検索してもインストールできます。

参考:拡張機能ページの表示「右上メニューボタン」⇒「その他のツール」⇒「拡張機能」


手順② インストールが完了すると、Google Chromeの右上に「 PrintWhatYouLike 」のアイコンが追加されます。




以上でインストールは完了です。続いて使い方をご紹介していきます。

 

PrintWhatYouLike:Webページを部分印刷する

ノートパソコンを操作する女性

手順① 印刷したいWebページで、「 PrintWhatYouLike 」のアイコンをクリックします。




手順②  画面が切り替わり「 PrintWhatYouLike 」の操作メニューが左側に表示されます。




手順③ ページ内のそれぞれの箇所にマウスポインターを合わせると赤枠で印刷範囲が指定できますので、選んだらクリックします。




手順④ 範囲指定された部分が黄色地になりますので、新たに表示されたボタン一覧のIsolateをクリック。




手順⑤ 画面に範囲指定した部分だけが残りますので、左側メニューのPrintをクリック。




手順⑥
 印刷設定の画面になりますので、設定はPDFに保存のままで保存ボタンをクリックし、保存場所を指定してPDFファイルとして保存します。



手順⑦ 保存が完了すると、前の画面に戻り「 Your page has been sent to the printer, resendという表示が出ますので、バツで閉じます。

「F5」キーをクリックすると元の表示に戻ります。

 



手順⑧ 先ほど保存したPDFファイルを開き、中身を確認します。

指定した部分だけが表示されているはずですので、内容が問題なければプリンターで紙の印刷をします。

これで、無駄な部分を除外して必要な部分のみ印刷することができます。

PrintWhatYouLike:もうひとつのメリット

人差し指を上げる女性

PrintWhatYouLike 」はWebページの必要な部分だけを印刷できるのが最大の魅力ですが、単にページ全体をPDFで保存したい場合でもこのツールは役に立ちます。

他の仮想プリンターでPDFに出力する場合にファイル名が適当な名前になってしまったり自分でファイル名を入力する必要があります。

PrintWhatYouLike 」の場合は、PDF出力する際にページのタイトル等が自動で挿入されますので、そのまま出力しても内容が解るようなファイル名で保存することができます。

ファイル名の入力は意外と悩む事が多くタイムロスになりがちです。

その作業が不要になるだけでもなかなかの時短&ストレスフリーに貢献してくれると思いますので、そういう意味でもおすすめな拡張機能です。

 

まとめ:必要な部分だけ印刷したい時の便利ツール

今回は、Google ChormeでWebページの必要な部分だけを印刷できる 「 PrintWhatYouLike 」 という拡張機能をご紹介しました。

Webページの余計な部分を除外できれば、印刷する資料も見やすくなって少しでも仕事がはかどると思いますので、是非お試しください。

コメント