≫Amazon日替わりタイムセールをチェック

【Chrome】右クリックメニューが出ないサイトの対策|JavaScript設定

Chrome_右クリックメニューが出ないサイトの対処法Google
この記事は約5分で読めます。
初心者
初心者

訪問したサイトで右クリックメニューが出ない…
これってChromeの不具合なの?

よしてっく
よしてっく
 

その状態は不具合ではありません

Webサイトは通常であれば、ページ上でマウスの右クリック操作を行うと何らかのメニューが表示されます。

通常なら右クリックメニューが出る

通常なら右クリックメニューが出る

Webページの画像などをコピーしたいときによく行う操作ですが、たまに右クリックしてもメニューが出ないサイトがあります。

これはブラウザやマウスの不具合ではなく、サイトの管理者の意図でメニューを出ないようにしている可能性が高いです。

今回は、Google Chromeで訪問したサイトで右クリックメニューが出ない(禁止状態になっている)場合の対処方法のひとつをご紹介します。

 

スポンサーリンク

Chrome:右クリックメニュー禁止サイトの対策

マウスの右クリック

 

(1)Chromeの右上設定をクリックします。

Chrome_メニューの設定

Chrome_メニューの設定

 

 

(2)設定画面下のほうにある詳細設定をクリックします。

Chrome_詳細設定をクリック

詳細設定をクリック

 

(3)プライバシーとセキュリティのカテゴリーのサイトの設定をクリックします。

Chrome_サイト設定をクリック

サイト設定をクリック

 

(4)コンテンツのカテゴリーのJavascriptをクリックします。

Chrome_設定のJavascriptをクリック

設定のJavascriptをクリック

 

(5)許可(推奨)の項目の右側にあるスイッチをクリックしてオフ状態にします。これで設定は完了です。

Chrome_Javascriptをオフにする

Javascriptをオフにする

 

 

目的のサイトのページで右クリックメニューが出るはずです。

Chrome_サイトで右クリックメニューが出た

右クリックメニューが出た

 

 

スポンサーリンク

目的を達成した後はJavascript設定をオンに戻すこと

JavaScriptのイメージ

JavascriptをオフにするとChrome上で何らかの表示不具合(?)が出る可能性が高いです。

いつも開いているページのレイアウトが変わったり、あるべきアイコンが表示されなかったりするのでそのままの状態で使用し続けるのはおすすめしません。

目的を達成したあとは再び同じ手順でJavascriptをオンにしましょう。

 

 

スポンサーリンク

右クリックメニュー禁止はサイト管理者の防衛策

サイト管理者

そのサイトの右クリック機能が禁止されているのは、サイトを管理する人の意図的な行為と予想します。

おそらくは、画像コピーやソースの閲覧などを防止する理由で設定してると思うので、Chromeブラウザの不具合というわけではありません。

コンテンツコピーなどの予防策として施しているのだと思います。

 

スポンサーリンク

スマホの長押しメニューが出ない場合の対策案

スマホのChromeで長押しメニューが出ないというお悩みで訪問されるユーザーさんも多いようなのでそちらの対策案もご紹介します。

infoスマートフォン(スマホ)の場合は、Android・iPhone、さらに機種やバージョンの違いによって操作メニューなどが統一されていないのであくまで参考として下さい。
※Chrome以外のブラウザでも有効かもしれません。
  • アプリの権限許可を確認する
  • 再起動してみる
  • ブラウザのキャッシュを削除してみる
  • アプリやスマホのバージョン更新を確認してみる

上記の具体的な操作手順は、ご自分のスマホの機種にそれぞれのキーワードと合わせてWeb検索していただければと思います。

ちなみに画像のコピーしたいなら、とりあえずスクリーンショットで対処するのが手っ取り早いと思います。

Androidヘルプ Android で画面の画像(スクリーンショット)を撮影する
Appleサポート iPhone でスクリーンショットを撮る

 

 

スポンサーリンク

まとめ:不正な目的で使用しないこと

今回は、Google Chromeで訪問したサイトで右クリックメニューが出ない(禁止状態になっている)場合の対処方法をご紹介しました。

サイトで右クリックメニューを開きたい理由はその人それぞれですが、そのサイトの画像やテキストをコピーして、不正な目的のために利用するのはやめましょうね。

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました