クイックアクセスツールバー活用で作業効率化【Excel 2016 】

Microsoft Office

こんにちは、よしてっくです。

今回は、Excel 2016 の「クイックアクセスツールバー」を活用して、作業の効率化を図る方法をご紹介します。




スポンサーリンク

「Excel」初期状態ツールバーの確認




確認① Excelの作業画面は、上部にタブメニューやリボンと呼ばれる、ツールアイコンが総合的に表示されているスペースがあります。




確認② これらのツールアイコンは、作業する上で必要不可欠ですが、特にリボンのスペースが広く、作業エリアを圧迫してしまいがちです。

ちなみに、「リボン」は「表示」タブをダブルクリックで出し入れ可能です。

「リボン」右下隅の矢印のようなアイコンがでも格納できます。

ノートパソコンなどであれば特に、できるだけ作業エリアも広く取りたいと思いますので、リボンのスペースは普段は格納しておきたいところですが、格納すると作業効率が悪くなってしまいます。




確認③ 初期状態の「クイックアクセスツールバー」は下記のようになっています。



あまり、実用性がありません。

そこで今回は、この「 クイックアクセスツールバー 」をカスタマイズして、作業効率を向上し、「リボン」も格納して省スペース化もできるような設定方法をご紹介します。




クイックアクセスツールバーをカスタマイズする



クイックアクセスツールバー」は、初期状態ではExcel画面の最上部にありますが、クリックしにくいので、まずこの場所から移動させます。


手順①  「クイックアクセスツールバー」 の上で「マウス右クリック」→「クイックアクセスツールバーをリボンの下に表示」をクリックします。




手順② 「クイックアクセスツールバー」がリボンの下側に移動します。




手順③ 「クイックアクセスツールバー」の上で「右クリック」→「クイックアクセスツールバーのユーザー設定」をクリックします。




手順④ 「カスタマイズのウィンドウ」が開きますので、左側の一覧から追加したいアイコンを選び、中央の「追加」で、右側の一覧に追加していきます。

※追加したアイコンは、上下ボタンで順番の入れ替えも可能です。

終わったら「OK」で閉じます。




これで、自分だけの「クイックアクセスツールバー」が完成しました。

横幅いっぱいにアイコンを並べることができますので、かなりのアイコンを追加できます。

自分でよく使うアイコンをここに並べてしまえば、普段はリボンも格納することができて、作業エリアも広く確保できます。



さらに、「Altキー」+「数字キー」で、「クイックアクセスツールバー」のコマンドをショートカットキー操作も出来ますので、よく使うアイコンは左側に配置するのがおすすめです。

※対応しないアイコンもありますので、ご確認下さい。




以上で、設定は完了です。お疲れ様でした。

まとめ

今回は、Excel の「クイックアクセスツールバー」を活用して、作業の効率化を図り、省スペース化も行う方法をご紹介しました。


パソコンでの繰り返しが多い作業は、小さな操作の無駄を省くだけでも、トータルの作業効率に大きな差が出ます。

少しでも仕事の時短につながれば幸いです。



以上、最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました