6/16(日)は『父の日』Amazon ギフト特集で感謝の贈り物
スポンサーリンク

ページにプロモーションが含まれる場合があります。

キーボードのバックスペース・デリート・エンターが効かない?対処方法

スポンサーリンク

Windows10で突然、キーボードのバックスペース・デリート・エンターが効かなくなったときの対処方法をご紹介します。

  • 外付けキーボード
  • キーボード自体は故障していない
  • Chrome・Excelなど、ブラウザのときだけ発生する
  • メモ帳などのアプリでは正常動作する

こんな状況でした。

バックスペース・デリート・エンターが効かない

バックスペース・デリート・エンターが効かない

 

とりあえず、

  • キーボードのUSBを抜き差しする
  • パソコンを再起動

を行ってみましたが改善されませんでした。

結論としてはキーボードのデバイスを削除することで解決したので、具体的な手順を解説していきます。

 

デバイスマネージャーでキーボードのデバイスを削除する

(1)不具合のあるキーボードのUSBを取り外し、Windows10左下のスターメニューを右クリック>「デバイスマネージャー」を選択します。

キーボードのUSBを外す

キーボードのUSBを外す

デバイスマネージャーの起動

デバイスマネージャーの起動

 

(2)デバイスマネージャーが表示されるので「キーボード」先頭の矢印「」をクリックしてデバイスを展開します。

キーボードのデバイスを展開

キーボードのデバイスを展開

キーボードのデバイス

キーボードのデバイス

 

(3)該当キーボードのデバイスを右クリック>「デバイスのアンインストール」を選択します。

デバイスのアンインストール

デバイスのアンインストール

HINT

もしかしたら、デバイスのアンインストールに抵抗がある人がいるかもしれませんが、後で機器から自動で読み込まれます。

もし間違えて違う機器のデバイスをアンインストールしても、再起動で自然回復するので大丈夫ですい。

 

(4)このとき「警告:システムからこのデバイスをアンインストールしようとしています」というメッセージが出ますが「アンインストール」をクリックします。

警告メッセージ

警告メッセージ

 

(5)一覧からデバイスが削除されます。

デバイスの削除完了

デバイスの削除完了

 

(6)そのままだと反映されないので、パソコンを再起動します。

PCの再起動
スタートメニュー >「電源」>「再起動」
PCの再起動

PCの再起動

 

 

(7)パソコンが再起動したら、最初に外しておいたキーボードのUSBを接続します。

キーボードをPCに接続

キーボードをPCに接続

クローム・Edgeなどのブラウザアプリを起動し、検索ボックスなどで「バックスペース・デリート・エンター」の動作が正常に戻っていればOKです。

お疲れ様でした。

 

まとめ:一部のキーが効かなくなった原因は? まずは再起動を

最初はキーボードの故障かと思いましたが、メモ帳など他のアプリだと普通に打てるのにブラウザのときだけ「Backspace・Delete・Enter」が打てない(効かない)状態でした。

私がよくお世話になっているキーボードチェッカーで確認しても動作に問題は無かったので、キーボードの機械的な故障では無いと確信できました。

参考 ちょっとしたキーボード故障チェック・テスト

不具合が発生する直前に行っていたことは、

  • 外付けHDDを接続した
  • キーボードの掃除をした

です。

ただ、HDDに関しては他のPCから取り外したHDDに変換ケーブルでの接続。

そのとき、何度もHDDを認識しようとするちょっとおかしな挙動をしたので、それが怪しいですがピンポイントの原因特定はできません。

ちなみにキーボードはLogicoolのG610(茶軸)です。

Logicoolキーボードだから不具合が出た、というわけではないと思いますが参考までに。

 

今回のようなWindowsのバグみたいな不具合はPCを再起動するとたいてい改善されます。

あれこれ悩んだり余計な設定をイジる前に、まずは「とりあず再起動」で様子を見て、ダメなら次の策を考えてみて下さい。

以上です、最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました