▶ Amazon 4/19 からの スマイルセール をチェックしよう
スポンサーリンク

ページにプロモーションが含まれる場合があります。

Windows11タスクバーの隠れているインジケーターアプリを常に表示する方法

スポンサーリンク

Windows11で、タスクバー右側のタスクトレイ(通知領域)の隠れているインジケーターアプリを常に表示させる手順をご紹介します。

隠れているインジケーターのアプリ

隠れているインジケーターのアプリ

関連 タスクトレイの隠れているインジケーターを常に表示する|通知領域のアイコン|Win10

 

Win11:タスクバーの隠れているインジケーターアプリを常に表示する手順

(1)タスクバーの何もないところで右クリック>「タスクバーの設定」を選択します。

Win11_タスクバーの設定を開く

Win11_タスクバーの設定を開く

 

(2)「個人設定>タスクバー」の管理画面が表示されるので「その他のシステムトレイアイコン」をクリクしてサブメニューを展開します。

その他のシステムトレイアイコンを選択

その他のシステムトレイアイコンを選択

 

(3)システムトレイに表示できるアイコンの一覧が出るので、常に表示させたいものをオンに、表示させたくないものをオフにしてください。

システムトレイアイコンのアプリ一覧

システムトレイアイコンのアプリ一覧

 

(4)オン・オフの選択が終わったらそのまま設定ウィンドウを閉じてOKです。

設定ウィンドウを閉じる

設定ウィンドウを閉じる

 

これでポップアップの中に隠れていたアプリは、タスクトレイで常に表示されるようになります。(※そのアプリやシステムが非稼働だと表示されないことがあります

隠れていたアプリが表示された

隠れていたアプリが表示された

逆に隠したいアプリがある場合は、同じ流れでオフに設定変更してください。

 

以上です、最後までお読みいただきありがとうございました。

>> Windows11の使い方、その他の記事へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました