≫ Amazon 年末の贈り物セール【12/11~】クリスマスの準備はOK?

投稿一覧ページの表示を見やすくする|WordPress・ブログ

WordPress_投稿一覧ページの表示を見やすくするWordPress
この記事は約3分で読めます。

WordPressの投稿一覧ページは初期状態だとけっこう見づらいです。(私だけですかね?)




いろいろな項目の情報が表示されているので仕方がありませんが、特にタイトル部分を表示するためのスペースが狭くなり、改行されすぎてそのままではとても認識しにくい状態です。
(表示幅も変更できない…)

ただ、投稿一覧の表示項目にはよく見るとあまり必要のない項目もあることがわかります。

これらの必要ない項目を非表示にすることで、投稿一覧の表示スペースに余裕ができますので手順をご紹介します。

 

スポンサーリンク

WordPress:投稿一覧の表示オプション設定




(1)投稿一覧の右上あたりにある「表示オプション」をクリックしてください。




(2)投稿一覧に関する設定画面が表示されます。




① カラム
② ページ送り
③ 表示モード

 

WordPress投稿一覧設定①:カラム

①「カラム」の項目は初期設定では全部にチェックマークが入っています。

 

★カラムの項目
[1] 作成者
[2] カテゴリー
[3] タグ
[4] 統計情報
[5] コメント
[6] 日付
[7] ID
[8] 文字数
[9] アイキャッチ
[10] SEOタイトル
[11] SEOディスクリプション
 
 

この中で、自分には必要ない項目はチェックを外しましょう。

私の場合は、[2]、[5]、[6]、[8]、[9]、以外はチェックを外しました。

スペースに余裕ができてタイトルもわかりやすくなり、投稿一覧がかなり見やすくなりました。




WordPress投稿一覧設定②:ページ送り

②「ページ送り」の項目は、1ページに表示する件数を変更することができます。

100件以上の表示にすることも可能ですので、一度に多くの投稿タイトルを確認したい人はお好みで設定してみてください。

 

WordPress投稿一覧設定③:表示モード

③「表示モード」の項目は、初期状態では「リストビュー」ですが、「抜粋表示」に変更すると、記事タイトルの下に、「記事文章の書き出し」も表示されます。

 



この設定は、賛否両論かと思いますのでお好みですね。

まとめ:WordPressの投稿一覧を見やすく設定

今回は、WordPressの投稿一覧ページの表示設定を変更して見やすくする手順をご紹介しました。

初期設定のままだと、必ずしも必要ではない項目も中にはありますので、無駄は省いて快適に利用できるようにカスタマイズしていきましょう。

投稿一覧の表示オプションはいつでもすぐに変更できますので、いろいろお試しください。

コメント