仮想デスクトップで新たな作業空間を増やす【Windows10】

Windows10

例えば会社などで調べものをしながらある仕事を進めていると、どうしても机の上に色々な資料があちこちに並んでしまうことがあるかと思います。

そんな最中に何らかの理由で突然、全く別の作業をしなければならなくなった時には、それまで進めていた作業の資料を片付けるのと、アタマの中の切替えもしなければならないのとで、精神的にもダメージが大きいです。

そんな場面では、できればそれまで作業していた自分の机の上の状態はそのままにして、別の作業は別の机に移って作業したいという気持ちになりませんか?

自分が使える机が複数あれば…、そんな場面の作業ストレスも軽減されるかもしれません。

よしてっく
よしてっく

この状況は、パソコンの中の作業でも同じ様なことが言えます。

パソコンの画面上に色々なアプリケーションを展開してタスクバーも満員状態で作業している時に、同じように新たなパソコンでの作業が発生してしまったら、元々のアプリと新たに展開したアプリが混在してしまい、作業効率も落ちてしまいます。

全く同じ仕様のパソコンがもう一台あれば、乱入してきた作業をそっちで行うことも可能ですが、現実はそうはいきません。

そこで今回は、Windows10で新たに導入された「仮想デスクトップ」の機能を利用して、一台のパソコン内で別の作業空間を作り出す方法をご紹介します。




スポンサーリンク

「仮想デスクトップ」の起動方法

★「仮想デスクトップ」はショートカットキー操作で起動します。

・「Ctrl」+「Windowsキー」を押しながら「D」キーを押すと、一瞬でパソコン起動時のような新たなデスクトップ画面が表示されます。この画面が「仮想デスクトップ」の画面になります。

あまりに一瞬で切り替わるので、作業中のアプリが全て閉じられたような感覚になりますが、オリジナルのデスクトップ画面はちゃんと存在しています。




「仮想デスクトップ」の状態を確認する

★「仮想デスクトップ」が作成されても、見た目では違いがわかりません。「仮想デスクトップ」の状態を確認する方法があります。

・ショートカットキー操作の「Windowsキー」+「Tab」を押すことで、「仮想デスクトップ」の切替え画面が表示されます。


この画面の上部では、現在作成されている「仮想デスクトップ」を確認することができ、クリックすることで各デスクトップの切替えを行なったり、その右側にある「+」ボタンクリックで新たな仮想デスクトップを追加したり、バツで仮想デスクトップを閉じることができます。

また、各デスクトップでの作業履歴のサムネイルも同時に表示されますので、そのサムネイルをクリックすることで過去に作業したファイルを再実行することもできます。




まとめ

今回は、Windows10の新機能「仮想デスクトップ」の使い方をご紹介しました。

この機能を活用して、1台しかないパソコンでも最大限のパフォーマンスを引き出して仕事を効率化してみてはいかがでしょうか。

以上、最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました