▶おすすめモバイルノート Lenovo ThinkPad X1 Carbon SSD カメラ付
Win10ガイドブックおすすめ【3選】【USBメモリ・SDカード】の基本知識

左下の検索ボックスを非表示にする|タスクバーの設定

タクスバーの検索ボックスを非表示にするWindows10
この記事は約2分で読めます。

Windows10のタスクバー左側には初期設定だと検索ボックスが設置されています。

Windows10の検索ボックス

検索ボックスは主にファイルやアプリを検索するのに使いますが、ボックスのサイズを小さくできないのでタスクバーで多くのスペースを占領していてあまり使わない人にとっては邪魔な存在だと思います。

そこで今回はWindows10タスクバーの検索ボックスを非表示にする手順の解説をします。

 

スポンサーリンク

Windows10:検索ボックスを非表示にする

(1)タスクバーの上で右クリックします。

タクスバーで右クリック

 

(2)タスクバー設定用のメニューが出るので検索検索アイコンを表示または表示しないをクリック。

タスクバーの検索メニュー

 

これで検索ボックスが非表示になります。

 

「検索アイコンを表示」にするのがオススメ

検索ボックスを非表示にしてスペースは確保したいけど、検索機能は使いたいという場合は検索アイコンを表示に設定しましょう。

タスクバーの検索アイコンを表示

タスクバーの検索アイコン

 

横長だった検索ボックスの替わりに虫眼鏡型のアイコンになるのでそれをクリックすれば検索ボックスメニューがすぐに開きます。

検索アイコンをクリック

検索するためにワンクリック増えますが、たまにしか使わない検索ボックスをタスクバーに常に表示するよりはこちらのほうがメリットが大きいです。

 

メニューに「検索ボックスを表示」が無い場合

逆に、検索ボックスを表示したいのにメニュー項目に検索ボックスを表示が無い場合があります。

検索ボックスを表示が無い

この場合タスクバーの設定で「小さいタスクバーボタンを使う」が有効になっているのでこれを解除する必要があります。

 

(1)タスクバーの上で右クリック⇒タスクバーの設定をクリック。

タスクバーの設定を開く

 

(2)タスクバーの管理画面で「小さいタスクバーボタンを使う」のスイッチをクリックして無効にします。

小さいタスクバーボタンを使うをオフにする

これで、タクスバー検索の表示メニュー項目に検索ボックスを表示が復活します。

検索ボックスを表示が復活

 

「検索ボックスを表示」と「小さいタスクバーボタンを使う」の両方は使えない

再度小さいタスクバーボタンを使うを有効にすると自動的に検索ボックスは消えて再び検索ボックスを表示の項目は消えるので注意して下さい。

今回出てきたこの2種類の設定どちらかだけしか有効にできないので自分で選ぶしかありません。

より自分の使用条件に合うと思ったほうで設定してみて下さい。

 

以上です、最後まで閲覧ありがとうございました。

コメント