Windows10 タスクバーに「デスクトップの表示」アイコンを作成する方法

Windows10

こんにちは、 よしてっくです。

今回は、Windows10のタスクバー内に、「デスクトップの表示」のショートカットアイコンを作成する方法をご紹介します。

あとおまけですが、ショートカットアイコンを他の新しいデザインに変更する方法とショートカットキーでの操作方法も最後のほうでご紹介します。

スポンサーリンク

デスクトップ上に「デスクトップの表示」ショートカットを作成する


まず先に、デスクトップ上に、「デスクトップの表示」のショートカットアイコンを作成する必要があります。


手順① デスクトップの画面上で、マウスの「右クリック」→ 「新規作成」 → 「ショートカット」 を選択します。


手順② ショートカット作成のウィンドウが開きますので、「項目の場所を入力してください」のボックスに、下記のテキストをコピーして貼り付けし、次へ。

↓このテキストをコピー

explorer.exe shell:::{3080F90D-D7AD-11D9-BD98-0000947B0257}



手順③ ショートカットの名前をつけます。「デスクトップの表示」と入力して、完了してください。


デスクトップ上にショートカットを作成できました。




手順④ 先ほど作成したアイコンのままですと、いまいちわかりにくいので、アイコンの見た目を変更するために、マウスの「右クリック」→「プロパティ」を選択します。

手順⑤ プロパティ画面が開きますので、「アイコンの変更」をクリック。

手順⑥ 「デスクトップの表示」のアイコンを選択し、OKをクリック。


アイコンがそれらしく変更でました。

作成したショートカットアイコンをタスクバー内に設置する

先ほどの手順でデスクトップ上に作成したショートカットを、タスクバーの中に設置します。

手順① ショートカットアイコンの上でマウスの「右クリック」→「タスクバーにピン留めする」、をクリック。

手順② タスクバーの中に「デスクトップの表示」のアイコンが追加されます。

これで、設置は完了です。

ただ、このアイコンはWindowsXP時代のアイコンになっていますので、もっと新しいWindows10風にする手順も、下記でご紹介します。


アイコンを他の新しいデザインに変更する方法(おまけ)

※上記で設置したアイコンのデザインを変更しなくても良いという人は、下記の手順は必要ありません。

おまけ的な紹介ですので、無理に実行しなくても大丈夫です。



手順① アイコンの上でマウス「右クリック」→「プロパティ」を選択。


手順② プロパティ画面が開きますので、「アイコンの変更」をクリック。

手順③ 「参照」をクリック。

手順④ エクスプローラー画面になりますので、「ローカルディスク(C)」→「windows」フォルダをダブルクリック。


手順⑤ 「System32」をダブルクリック。


手順⑥  「System32」フオルダ内の「imageres.dll」をダブルクリック。

手順⑦ 最初とは違ったデザインのアイコンが選択できますので、好きなアイコンを選んでOKをクリックしてください。

アイコンがWindows10らしくなりました。

タスクバーに設置した状態

これで見た目も違和感が無くなりました。




まとめ

今回は、Windows10のタスクバー内に、「デスクトップの表示」のショートカットアイコンを作成する方法をご紹介しました。

デスクトップの表示」のボタンは、複数のウィンドウを開いているとき、一気にタスクバーに格納してデスクトップを見たい時は大活躍します。

このボタンはもともと画面の右下隅に細~いのがありますが、幅が狭すぎるためクリックがしにくいです。

もしかしたら、このボタンの存在に気が付いていない人もいるかもしれません。


今回の「ショートカットアイコン」をタスクバーに設置しておけば、とても作業がやりやすくなると思いますので、是非お試しください。

また、余裕ができたらキーボードを使った、「ショートカットキー」での操作にもチャレンジしてみてください。


以上、最後までご覧いただきありがとうございました。



【関連記事】

デスクトップ画面をショートカットキーで最速表示させる方法【Windows10】

Windows10 漢字、英語切替え時の「あ」や「A」を表示させない方法

Windows10 タスクトレイに隠れているアプリ(インジケーター)を表示させる方法

読めない漢字の調べ方-手書きIMEパッドの活用方法【Windows10】

 




コメント

タイトルとURLをコピーしました