Windows10 コントロールパネルの開きかた

Windows10

こんにちは、よしてっくです。

今回は、Windows10のコントロールパネルの開き方をご紹介します。

Windowsのさまざまな設定を変更するために使用するコントロールパネルですが、Windows10では直感的にたどり着くことが難しくなりました。

Windows10になってからは他のアプローチで設定変更などができるようになりましたが、まだコントロールパネルの需要は高いと思います。

そこで今回は、Windows10でのコントロールパネルの基本的な開き方と、簡単に開けるように工夫する方法をご紹介します。


スポンサーリンク

Windows10 コントロールパネルの基本的な開き方

手順① パソコン画面左下にある、「Windowsのロゴマークアイコン」をクリックします。






手順② メニューパネルが表示され、アプリケーションがアルファベット順に表示されますので、「W」の項目まで下にスクロールし、「Windowsシステムツール」を選択します。


手順③ 「コントロールパネル」をクリック。コントロールパネル画面が表示されます。


以上で、基本的な開き方は完了です。

次の手順では、これを簡単に早く開けるようにする手順をご紹介します。








Windows10 コントロールパネルを簡単に開くように設定する

ここでは、コントロールパネルのショートカットアイコンをタスクバーに作成する方法でご紹介します。



タスクバーにピン留めする手順(その1)

手順①  「Windowsシステムツール」の中の「コントロールパネル」で右クリック → 「その他」 → 「タスクバーにピン留めする」をクリック。




手順② タスクバーに「コントロールパネル」のショートカットアイコンアイコンが追加されました。




タスクバーにピン留めする手順(その2)

手順① 通常の手順でコントロールパネル画面を開いた状態にします。タスクバーに「コントロールパネル」のタブが表示されますので、その上で右クリックします。


手順② メニューが開きますので、「タスクバーにピン留めする」をクリックしたら、 コントロールパネルのウィンドウを閉じて下さい。

手順③ タスクバーに「コントロールパネル」のショートカットアイコンが追加されました。




以上で設定は完了です。

次からはタスクバーのアイコンをクリックするだけでコントロールパネルを開くことができますので、起動が簡単になります。


コントロールパネルの表示レイアウトを見やすく変更する

・コントロールパネルの表示は3種類あり、自分が見やすいパターンに変更することができます。右上にある「表示方法」の横の「カテゴリ」をクリックしてみます。


・「カテゴリ」は初期設定の表示レイアウトです。これを含めて、「大きいアイコン」、「小さいアイコン」の3種類で変更できます。

■「大きいアイコン」の表示レイアウト

■「小さいアイコン」の表示レイアウト


私は主に「大きいアイコン」、か「小さいアイコン」のどちらかを使用しています。

この方が、目的の項目をダイレクトに探せるからです。

自分の好みでどれかの表示レイアウトをお試しください。

まとめ

今回は、Windows10のコントロールパネルの基本的な開き方と、簡単に開けるようにする方法をご紹介しました。

コントロールパネルはWindowsを利用する中で、いろいろな設定を変更したり確認するために、必ず開かなければいけない場面に遭遇すると思います。

Windows7以前のバージョンからパソコンに触れている人であれば、Windows10のコントロールパネルの開き方にはあまりしっくりこない人もいるのではないでしょうか。

私はWindows10の使い初めの時は、「設定」からコントロールパネルにたどり着くことができませんでした・・・

頻繁に開く画面ではないので、たまにだと余計に忘れてしまいがちです。

一度苦労して開いた画面は、今回のようにショートカットアイコンを作成することをおすすめします。




以上、最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました