Webページの必要な部分だけを印刷する方法【Google Chrome】

Google

こんにちは、よしてっくです。

今回は、Google Chormeで Webページの 必要な部分だけを印刷する方法をご紹介します。

閲覧しているページを印刷したとき、余計な部分も印刷範囲に入っていまい、印刷されたものが見づらかったり、いまいちイメージと違ったり、ということがよくあると思います。

そんな悩みを解消できます。

この方法は、「  Print What You Like 」という拡張機能をインストールします。




スポンサーリンク

「  Print What You Like 」のインストール




手順① 下記のリンクから、「  Print What You Like 」をインストールします。

PrintWhatYouLike
PrintWhatYouLike lets you print the good parts of any web page while skipping ads and other junk.



または、Google Chormeの拡張機能の画面で「 PrintWhatYouLike 」と検索してもインストールできます。




手順② インストールが完了すると、Google Chromeの右上に「 PrintWhatYouLike 」のアイコンが追加されます。




以上でインストールは完了です。




「 PrintWhatYouLike 」の使い方




手順① 印刷したいWebページで、「 PrintWhatYouLike 」のアイコンをクリックします。




手順②  画面が切り替わり「 PrintWhatYouLike 」の操作メニューが左側に表示されます。




手順③ ページ内のそれぞれの箇所にマウスポインターを合わせると赤枠で印刷範囲が指定できますので、選んだらクリックします。




手順④ 範囲指定された部分が黄色地になりますので、新たに表示されたボタン一覧の「Isolate」をクリック。




手順⑤ 画面に範囲指定した部分だけが残りますので、左側メニューの「Print」をクリック。




手順⑥ 印刷設定の画面になりますので、設定は「PDFに保存」のままで「保存」ボタンをクリックし、保存場所を指定してPDFファイルとして保存します。




手順⑦ 保存が完了すると、前の画面に戻り「 Your page has been sent to the printer, resend 」という表示が出ますので、バツで閉じます。

※このあと、「F5」キーをクリックすると元の表示に戻ります。




手順⑧ 先ほど保存したPDFファイルを開き、中身を確認します。指定した部分だけが表示されているはずですので、内容が問題なければ紙で印刷します。

これで、無駄な部分を除外して必要な部分のみ印刷することができます。


以上で、一連の操作方法の説明は完了です。




ちなみに、ページ全体をPDFで保存するような場合でもこの機能にはメリットがあります。


通常、仮想プリンターでPDFに出力する場合に、ファイル名が適当な名前になってしまったり、自分で入力する必要がありますが、 「 PrintWhatYouLike 」 でPDF出力する際にはページのタイトル等が自動で挿入されますので、そのまま出力しても内容が解るタイトル名になって保存してくれます。


ファイル名の入力は意外と悩みますので、それが無いだけでもなかなかの時短&ストレスフリーに貢献してくれると思いますので、そういう使い方でもおすすめな拡張機能です。




まとめ

今回は、Google ChormeでWebページの必要な部分だけを印刷できる、 「 PrintWhatYouLike 」 という拡張機能をご紹介しました。


Webページの余計な部分を除外できれば、印刷する資料も見やすくなって少しでも仕事がはかどると思いますので、是非お試しください。



Google Chromeには今回のような便利な拡張機能がまだまだありますので、特に有益と思ったものを今後もご紹介していきます。




以上、最後までご覧いただきありがとうございました。





コメント

タイトルとURLをコピーしました