JPEG、TIFF、GIF、PNG、BMP等の画像ファイル形式を変換する方法【Windows10】

Windows10

画像ファイルには、JPEG(ジェイペグ)、TIFF(ティフ)、GIF(ジフ)、PNG(ピング)、BMP(ビットマップ)、等の様々な形式があります。

基本的にはどのファイル形式でもパソコンに入っているビューアー等で見ることはできますが、例えば他の誰かに画像ファイルを渡すことになったときに、相手がファイル形式を指定してきた場合に変換する必要があります。


そこで今回は、各画像ファイルの形式を変換する方法をご紹介します。

この方法はパソコンの標準ソフトで変換することができます。


スポンサーリンク

画像編集ソフト「ペイント」でファイル形式を変換する


★Windows10に標準で入っている、画像編集ソフト「ペイント」を使用します。


手順① 「ペイント」の起動手順は、「スタートメニュー」→「Windowsアクセサリ」→「ペイント」です。


手順② 「ペイント」を起動したら、メニューの「ファイル」→「開く」→ 変換したい画像ファイルを選択して開きます。


手順③ メニューの「ファイル」→「名前を付けて保存」にカーソルを合わせると形式を選ぶことができますので、目的のファイル形式を選択して保存して下さい。

※変換後の画像に不具合が出る可能性があるので念のため、名前を変えて保存することをお勧めします。



※保存する際に、注意事項などのメッセージが出ることもありますので、内容を確認して「OK」をクリックして下さい。


変換した画像は、解像度や鮮明度が落ちる場合がありますので、実際に開いて確認して下さい。

↑画質が落ちてこんな感じになる場合も…




以上、ご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました