Google Chrome 起動画面や新しいタブを閲覧履歴なしで開く方法(その2)

Google

こんにちは、 よしてっく です。

今回は、Google Chrome の「起動時のホーム画面」や、「新しいタブ」を開いたときに、閲覧履歴が表示されないGoogleホーム画面で開く方法をご紹介します。

Google Chrome は初期設定ですと検索用のホーム画面が開きますが、下に閲覧履歴のサムネイル(アイコン)が表示されますので、それを回避したいという場合に有効な手段です。

具体的な方法としては、「New Tab Redirect」という拡張機能を利用します。


スポンサーリンク

Chrome初期状態での「起動画面」や「新規タブ」表示の確認

確認① 通常、Chromeを起動したり新しいタブを開いた場合、その画面にはGoogleの検索用BOXとその下に過去の閲覧履歴が表示されます。




拡張機能 「New Tab Redirect」をインストールして、この現象を回避する方法を次でご紹介します。



拡張機能「 New Tab Redirect 」をインストールする




手順① Google検索で、「New Tab Redirect」と検索します。検索結果の候補で、Chromeウェブストアへのリンクが表示されますので、そこにアクセスして下さい。




手順② 「 New Tab Redirect 」 の ウェブストア画面が表示されたら、 「Chromeに追加」ボタンをクリックします。

「 New Tab Redirect 」を追加しますか?と聞いてくるので「拡張機能を追加」をクリックしてください。





手順③ Chrome画面の右上あたりに、「 New Tab Redirect が Chrome に追加されました。」というメッセージが出て、 アイコンが追加されたらインストールは完了です。




手順④ 次にChromeの「起動画面」や「新しいタブ」を開いたときに表示したいサイトを設定していきます。インストールされた 「 New Tab Redirect 」のアイコンをクリック → オプションを選択。




手順⑤ オプション画面が開きますので、URLの入力ボックスに、

「  https://www.google.co.jp  」

「  https://www.google.com  」

のどちらかを入力し、「Save」をクリック。画面の右のほうに「Options saved!」と表示されて設定が反映されます。




手順⑥ 再度Chromeを起動してみて起動ホームページや、新規タブページが閲覧履歴のないGoogleページになっていることを確認してください。 以上で基本的な設定は完了です。


ヤフーや楽天なども、設定でURLをコピーペーストすれば表示できます。

自分が表示したいサイトのURLを設定すれば、そのサイトが表示されますので、そこはお好みで試してみてください。


まとめ

今回は、Google Chrome の「起動時のホーム画面」や、「新しいタブ」を開いたときに、閲覧履歴が表示されないGoogleホーム画面で開く方法 をご紹介しました。


これで安心して(?)Google Chromeを利用することができますね。


また、別の拡張機能で「空白ページ」を表示する方法も他の記事で紹介しています。

よろしければそちらも参考にご覧になってみてください。



【関連記事】

Google Chrome 起動画面や新しいタブを閲覧履歴なしで開く方法(その1)



以上、最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました