Google Chrome 起動画面や新しいタブを閲覧履歴なしで開く方法(その1)

Google

こんにちは、よしてっく です。

今回は、Google Chromeの起動時の画面や、新しいタブページの画面に閲覧履歴を表示させない方法をご紹介します。

具体的な方法としては、「 Empty New Tab Page 」という拡張機能を利用します。

この拡張機能の特徴は、起動ページ新規タブページを強制的に空白ページに変更するというものです。




スポンサーリンク

現象の確認

確認① 通常、Chromeを起動したり新しいタブを開いた場合、その画面にはGoogleの検索用BOXとその下に過去の閲覧履歴が表示されます。

この閲覧履歴は最大で10サイト分が表示されますが、使用する環境によっては便利な場合と、そうでない場合があると思います。

Chromeの設定でこの表示を解除する方法がありませんので、次で具体的な拡張機能のインストール手順をご紹介します。





拡張機能「 Empty New Tab Page 」をインストールする


手順① Google検索で、「Empty New Tab Page」と検索します。検索結果の候補で、Chromeウェブストアへのリンクが表示されますので、そこにアクセスして下さい。


手順② 「Empty New Tab Page」 の ウェブストア画面が表示されたら、 「Chromeに追加」ボタンをクリックします。

「Empty New Tab Page」を追加しますか?と聞いてくるので「拡張機能を追加」をクリックしてください。



手順③ Chrome画面の右上あたりに、「Empty New Tab Page が Chrome に追加されました。」というメッセージが出て、 アイコンが追加されたらインストールは完了です。


手順④ 再度Chromeを起動してみて起動ページや、新規タブページが空白ページになっていることを確認してください。


以上で、拡張機能のインストールは完了です。


まとめ

今回は、Google Chromeの起動ページや新規タブページに閲覧履歴が表示されないようにする方法をご紹介しました。


Chrome内の設定で解除する機能があれば、今回のような拡張機能を使用する必要はないのですが、Chromeの設定に実装されるまではこの方法で回避しましょう。

拡張機能は、設定画面でオン・オフすることができますので、状況にあわせて活用してみてください。


また、別の拡張機能で「閲覧履歴が表示されないGoogleホーム画面」を表示する方法も他の記事で紹介しています。

よろしければそちらも参考にご覧になってみてください。



【関連記事】

Google Chrome 起動画面や新しいタブを閲覧履歴なしで開く方法(その2)




以上、最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました