複数ページのPDFファイルを分割する方法【Windows10】

Windows10

PDFファイルは複数ページある場合、特別なツールを使わないと分割することができません。


しかし、誰かとの資料のやり取りなどで必要な部分のページだけにしたい場合もあるかと思います。


そこで今回は特別なツールを使わずに、Windows10の標準機能でPDFを分割する方法をご紹介します。



スポンサーリンク

仮想プリンター「Microsoft Print to PDF」でPDFを分割する



Microsoft Print to PDF」は、Windows10で標準装備された「仮想プリンター」です。

仮想プリンター」って何?

仮想プリンターというのは、紙に印刷せずにパソコン内に「データ」として出力する機能のことです。

Microsoft Print to PDF」は、名前の通り「PDFファイル」として出力してくれます。


★つまり、「PDFをPDFで出力する」というちょっとややこしい考え方ですが、操作は簡単です。




手順① 分割したいPDFファイルを、「 Adobe Acrobat Reader DC 」などの無料ソフトで開き、「印刷」を実行します。



手順② 印刷設定の画面で、

(1) プリンターを「 Microsoft Print to PDF 」に変更。

(2) 印刷するページを「ページ指定」に変更。

(3) ページ指定の右のボックスに抽出したいページ数を入力します。

 ◎ページ指定の例

 2~5ページなら、:「2-5」(間にマイナス記号)

 2ページ目、4ページ目 , 7ページ目 ページなら、:「2,4,7」(間にコンマ)

(4) 設定ができたら「印刷」をクリックします。



手順③ PDFファイルが作成されますので、名前を付けて保存して下さい。



以上で操作は完了です。

新たに、指定したページだけのPDFファイルが作成できました。




まとめ

今回は、 Windows10の標準機能 「Microsoft Print to PDF」 を活用してPDFファイルを分割する方法をご紹介しました。


”なんだそんなことかい”と思う人もいるかもしれませんが、「灯台下暗し」的にけっこう気が付かない人もいたかもしれません。

PDFファイルを分割したくなった時は、余計なソフトをダウンロードせずに今回の方法を使ってみてください。


以上、最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました