複数ウィンドウを最速で切替えるショートカットキー【Windows10】

Windows10

Windowsで複数のアプリケーションを開いて作業しているとき、それぞれのアプリケーションの表示を切り替える動作は少し面倒です。

通常は、マウスカーソルの操作でクリックして目的のウィンドウを前面に表示したり、ウィンドウの最小化や最大化を行ったりして表示を切り替えるという操作になると思いますが、マウスの移動量も多くなりパソコンで行う作業の中では結構頻繁に行われる動作ですので、積み重なるとなかなかのタイムロスになると思います。

そこで今回は、Windows10で複数のウィンドウを最速で切替え表示することができる、便利なショートカットキー操作をご紹介します。





スポンサーリンク

複数のウィンドウ表示を切り替えする ショートカットキー


★複数のアプリケーションを立ち上げている状況として、仮に

① Google Chrome

② Microsoft Excel

③ Microsoft Word

④ Microsoft PowerPoint

の4種類のアプリケーションを使用しているとします。


※上の画像では、アプリケーションは全て最小化されてタスクトレイに格納されていますが、画面上に表示していても関係ありません。


【操作方法】 

手順①  パソコンキーボードの「Alt」(オルト)キーを押したまま「Tab」キーを押します。

※「Tab」キーを押したあとも、「Alt」キーは押したままにして下さい


手順② パソコン画面の中央に、使用中のアプリケーションのプレビュー画面が並んで表示されます。

そして、いずれかのプレビュー画面が四角い枠で囲われているはずです。


手順③ 「Alt」キーは押したままで、さらに「Tab」キーをクリックするごとに、四角い枠がプレビュー画面を順番に移動します。

左から右へ移動し、一番右に行った後は、また左端に戻ります。

この操作で、表示したいアプリケーションを選びます。


手順④ 表示したいアプリケーションに枠を合わせたら、「Alt」キーから指を離すと、そのアプリケーションが表示できます。




この切替え時には、プレビュー画面の上部にアプリケーション名やアイコンも表示されますので、直感的に切替え作業を行うことができます。


ちなみに、「Alt」+「Tab」のショートカットキー操作は、左手だけで行うと、より無駄がないので慣れるようにしましょう。




まとめ

今回は、Windows10で複数のウィンドウを切替えることができる、ショートカットキー操作をご紹介しました。


細かい動作も積み重なれば、作業効率化に大きく貢献できますのでショートカットキーを是非活用しましょう。


以上、最後までご覧いただきありがとうございました。



コメント

タイトルとURLをコピーしました