画面内の文字をサーチ(検索)して見つける方法【Windows10】

Windows10

こんにちは、よしてっくです。

パソコンで閲覧しているWebページエクセルワードPDF文書などの中から、特定の文字を探したくなることはありませんか?

今回は、画面の中にある目的の文字サーチ(検索)機能を活用して、パソコンに自動で見つけてもらう方法をご紹介します。

画面内に目的の文字があるかないかも、この機能を使えばすぐに判断できます。


手順はWindows10の場合でご紹介しますが、Windowsであれば他のバージョンでも同じ操作手順になりますので、参考にしてみてください。




スポンサーリンク

ショートカットキー「Ctrl」 +「 F」で文字検索を行う  




手順① 画面(ページ)を開いている状態で、ショートカットキー「Ctrl」+「F」を押すと、画面の上部に「検索用ボックス」が表示されます。

例えば、Google ChromeでWebサイトを閲覧しているときは、下記のようなボックスが出てきます。




手順② 検索したい文字を「ボックス内」に入力するとサーチ(検索)が行われます。

今回は例として「マルチ」と入力してみると、下記のように表示が変化しました。

ページ内の「マルチ」の文字がマーカー表示されて、ボックス内の表示で合計6個あることがわかります。

さらに右側にサイドバーが表示され、それを見ることで「マルチ」の文字がどの辺にあるのかもわかります。




手順③  ここでさらに「下向き三角」のアイコンをクリックすると、上から下に順番にそれぞれの「マルチ」の文字に移動してくれます。

一番下まで行くと、また一番最初に戻ります。 上向き三角」のアイコンは逆に下から上に移動します。




手順④ 検索を終了したい場合は、バツマークをクリックするか、キーボードの「Esc」キーを押せば、ボックスを閉じることができます。




以上で、操作手順は終了です。


この文字検索は、エクセルワードPDF、その他いろいろなページでの使用が可能です。

ちなみに、エクセルの場合ですと下記のようなボックスが表示されます。


Chromeの場合とは見た目がかなり違いますが、要領はほぼ同じですのでとにかく使ってみてください。

エクセルの場合は「すべて検索」ボタンのほうが検索モレがなくておすすめです。



まとめ

今回は、画面の中にある目的の文字サーチ(検索)機能を活用して、パソコンに自動で見つけてもらう方法をご紹介しました。

この機能を活用すれば、ページ全体を目視でいちいちスクロールしながら文字を探さなくても、とても楽に見つけることができます。

うまくいろいろな場面で使って、作業の時短、効率化につなげて下さい。


以上、最後までご覧いただきありがとうございました。


コメント

タイトルとURLをコピーしました